大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「なに聞いて歌ってんの?」

   

「なに聞いて歌ってんの?」

ワークショップや授業で生徒たちの歌を聞いた後、
よくこんな質問を投げかけます。

言われた方は、どうやら叱られたと勘違いするらしく、
一瞬顔をくもらせたり、困惑したり。

いやいや。誤解しないでください。
私はプロフェッショナルな興味で聞いてしまうだけなんです。

 

「だから、なにを聞きながら歌ってる?」

「え・・・、いや、オケですけど。」

カラオケで歌わせていて、
こういう答えが返ってくるならまだしも、
バンドでやっているのに、
同じように答える子が数多くいて、

そっか、そもそも、
誰かと一緒に演奏している、
歌っているという発想がないのだなと、
今度はこちらが驚くことしばしばです。

「伴奏」ということばがあります。

たとえば、主としてメロディを奏でる主役がいて、
その補助をする。
主声部を補ったり、引き立てたりする役どころ。

歌い手がどんなに自在に歌っても、
そこにぴたりと寄り添うようについてきてくれるのが伴奏者です。

極論を言えば、
歌い手はとんでもない音さえ出さなければ、
伴奏なんか聞かなくてもいい。

「あたしは勝手に歌うから、あなたついてきて。」ってな人も、
(本人が意識しているかどうかは別として)確実に存在します。

しかし、これでは誰かと一緒に演奏する意味はありません。
相手が誰でも、自分を引き立ててくれればいいわけです。
こんな発想で歌っていては、
コミュニケーションも、音楽の感動も生まれません。

一緒に演奏する人はなにを感じ、
なにを大切にし、どんな風に演奏しているのか?

演奏の中での自分の歌の役割はどこにあるのか?
なにを期待されているのか?

そんなことを感性を最大限に研ぎ澄まして、
よく聞いて、しっかり見て、思いきり感じて、

共有したり、ぶつかり合ったり、
高めあったり、感動しあったりしながら、
演奏するのが音楽ってもんじゃないのか。

ちゃんと聞く。

それこそが、
一緒に演奏する人に対する最大限のリスペクトであり、
音楽の意味ではないのか。

そんな風に意識を持って、はじめて、

オケを聞く余裕がない、
なにをどう聞いたらいいのかわからない、
聞いたところでどう反応すべきかわからない・・・
そんな自分に気づくわけです。

あたり前のことをあたり前にやるのが一番難しい。

今日も今日とて、修行です。

◆いよいよ本日!あの名プレイヤーたちの演奏でR&Bテイストを学ぶ!目からウロコのワークショップ。アンサンブル・ワークショップ in 東京 vol.3『R&Bクリスマス』開催!◆MISUMIからの無料ビデオレターのお申込はこちらから↓
最初の一歩を踏み出せないでいるあなたへ、5日間のメッセージ。

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, イケてないシリーズ, バンド!

  関連記事

残念な人

ずいぶん前にちょっとだけ一緒にやったことのある、 かなり腕のいいドラマーがいまし …

テンポが速い曲の練習方法~Singer’s Tips #26~

「ゆっくり目の曲はうまく歌えないんです。 テンポの速い曲の方が得意です。」 時々 …

「知ってる」だけで満足しないっ!

好奇心は学習のはじまりです。 「知りたい」という欲求こそが、 人を、勉強や練習や …

「同じに出す」が一番難しい。

同じ音を連続して弾くとき、 ピアノという楽器の完成度の高さを、 しみじみと感じて …

高い声はどうやって出したらいいのか?

「どのくらい高い声を出せるのか?」という議論は、 「どのくらい速く弾けるのか?」 …

未来を切り開くのは、ひらめき、学び、そして自信。

ひらめきは突然やってきます。 「あ!今、これ、やっといた方がいいわ。」 「おぉお …

誰かに「習う」前にやるべきこと、できること。

楽器や歌をはじめたいと思うと、 「とりあえず、スクールや個人の先生を探さなくちゃ …

迷う余地なく行動できるよう自分を追い込む

あれは中学生くらいのことだったでしょうか?   新しい学年がはじまると …

同じ音を、同じ音色、同じ音圧で、 100発100中で出す

人間のカラダは「まったく同じ音」を2回以上出すことはできない楽器。 そんなことを …

no image
人はアウトプットすることで成長する

「学ぶ」といえば、本を読んだり、音楽を聴いたり、人の話を聞いたりと、 インプット …