大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ピッチが悪いの、気づいてます?

   

少し前のこと。

知人に誘われたとある会社のパーティー会場の片隅で、
いきなりジャムセッションがはじまりました。

聞けば、その会社の社長さん、ギターがご趣味。
ご自身でバンドもやられているとか。

しばらくすると、社長さんと、
バンド仲間と思われるヴォーカルの女性の演奏がはじまりました。

ヴォーカルの女性は、実にダイナミックなスタイルで、
ブルースナンバーを、思いきりアドリブしながら歌っています。

よく通るいい声です。
英語も達者なようです。

日本人には、そうしたダイナミックな、
思い切ったアドリブをできる人というのが少ないので、
日本のアマチュアにも、こんな風に歌う人がいるのだと、
関心しながら聞いていました。

まわりのお客さんの中にも彼女のファンがいるようで、
「いやぁ、彼女の歌はいつ聞いてもすごいなぁ」
と言っています。

社長の粋なギターも、いい感じで、
会場は大いに盛り上がりました。

 

やがて、しばらくして、歌い終えた彼女が近くにいる人たちに、
「私はプロだから」と言って歩いているのが耳に入り、
少しがっかりすることになります。

近くにいた、別のミュージシャンたちも、
おや?という顔をしています。

理由は簡単です。

彼女は、とにかくピッチが悪かったのです。

ストレートにメロディを歌っていても、
全般にわたり、なんとなく音が当たっていない。

アドリブは、ラインが全く見えません。

きっとこんな感じで歌いたいんだろうな・・・というのはわかる。

しかし、楽器に対して、
音が気持ちいいところにいないのです。

だから声の抜けも悪い。
ビートの輪郭も見えない。

 

アマチュアなら、すごいね、立派だね、となる歌ですが、
「プロ」を語ってしまったら、残念ながら、それではダメです。

もしかしたら、彼女の場合は、
日頃、全然違うスタイルの歌でお仕事をしているのかもしれません。

もしかしたら、たまたまその日、
PAが悪かったとか、泥酔していたとか、
そういうことかもしれません。

そして、もちろん、
ピッチがところどころ当たってなかったとか、
ミストーンがあったとか、ということは、
どんなプレイヤーにもあることです。

 

しかし、しかし、
それでも、

「ピッチが悪い」は、
やっぱり、ダメなんです。

チューニングの悪いギターで演奏するのとおなじ。

本来、ピッチが悪いとシロウトさんが聞いても、
「なんとなくぱっとしない歌ね」となりますが、
彼女の場合、主にアドリブだったので、
一般の方は気づかなかったのかもしれません。

 

「ピッチ」というのは、非常に微妙なものです。

日頃ピッチの正確な人でも、
体調や音響によって、どうも今日はピッチがよくない、
という日もあります。

ソロで歌っているときは気づかなかったけど、
デュエットしてみたら、お互いのピッチの微妙なブレに気づいた、
ということもあります。

 

そんな、数ヘルツの、微妙なピッチに敏感になること。

「当たっている」という感覚を、
カラダレベルで自分自身に覚え込ませること。

プロフェッショナルの「ピッチ」はそういうものです。

 

一聴して、「一個もちゃんと当たってない」という人、
人にはよく「ピッチが。。。」と言われるけど、
「自分自身で当たっていないことに気づけない」という人、

先ほどの女性に限りません。

残念ながらヴォーカリストには実に多いものです。

 

まずは、胸に手をあてて、
じっくり自分の歌を聴いてみましょう。

ピッチ問題だけは、
絶対に後回しにしないで、
今日から、今から、取り組みましょうね。

【メルマガ『声出していこうっ!me.』にて”ヴォイトレ365″ をスタート】
これまで私を、MTLを支えてくれたブログ読者さん、メルマガ読者さんたちへの感謝を込めて、2017年12月1日から365日間、声とヴォイトレを語り倒す”ヴォイトレ365″をお届けします。
私と一緒に365日、走りませんか?
メルマガ登録がまだの方で、「一緒に走るっ!」という方はこちらから。

 - The プロフェッショナル, イケてないシリーズ

  関連記事

「曲が降ってくる時」?

世の中にはたくさんの優れた作品を残しているアーティストがいます。   …

「同じに出す」が一番難しい。

同じ音を連続して弾くとき、 ピアノという楽器の完成度の高さを、 しみじみと感じて …

「面白くないな」と思ったら、まずは自分自身を見直す

「教える側が優秀な生徒や、可愛い生徒を贔屓(ひいき)するのは当然だ。 世の中不公 …

「作品」は、鮮度の高いうちに世に出す

食べるものに鮮度があるように、 人がクリエイトするものにも鮮度があります。 どれ …

こんな人は、ボーカリストに向いている!?

仕事の向き不向きは、その人の体格や、 持っているスキルだけで決まるものではありま …

プロ、セミプロ、セミアマ?ミュージシャンの働き方

高校時代、一緒にバンドをやっていた仲間のひとりに、 フリーターをしながら、あちこ …

口コミで仕事がくる人の秘密の習慣

音楽業界のような、入れ替わりの激しい、熾烈な場所で、 私のようなヴォーカリストが …

自分なりの「こだわり」を見つける

かつてよく演奏していた、あるギターリストは、 常にギターは一本だけしか持たない、 …

楽しくやるから、いい仕事ができる。

ニューヨーク時代、日々の生活で最も気になったのは、 巷で働く人たちのやる気のない …

すごいミュージシャンは、ここがすごい

セッション・ライブ。 プロ、アマチュア問わず、 ミュージシャンの交流の場として、 …