大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

立ち止まるな!学び続けろ!

   

インスタライブ、Facebookライブ、
リール投稿にストーリーにYouTube Shortにサブスク・・・。

ここ1ヶ月で、私が挑戦したことであります。

いろんなアプリやソフトの操作を覚えなくちゃいけないこともなんですが、
不特定多数の人に自分のしゃべっている姿を発信するというのは、
いやー、もんのすんごく負荷が高い。

こんなん無理。向いてないわ。
と言っちゃえば、楽になるのだろうけど、
とりあえずやってみないことには気がすまない性格で。

やってみると、まぁ、それなりに面白さもわかる。
ツボを外してる感のあるダサい自分が見えてきて悔しい。
くっそぉ、もう一回っ、と食い下がる。

心のどっかで、
「なに、若いもんのマネしてがんばっちゃってんのよ。」
と嘲笑する闇の声が聞こえてきて、
一方で、「怖いからって、逃げ道探すなよ」と脅す自分もいたりして。

実際、年を重ねれば、それだけ「生まれて初めて」は減っていくはずなのに、
年々、未知の領域が増え続けている感じがして、
いつまで経っても楽できません。やれやれ。

思えば、私にはいつも、
自分の不得意分野の手ほどきをしてくれる師匠がいました。

最初にオーディオ機器のことを図解しながら丁寧に教えてくれたのは叔父だったし、
簡易PA機器の操作を教えてくれたのは当時の彼氏だったし。

4トラックレコーディングの基礎を図解しながら教えてくれた人、
シーケンサーの手ほどきをしてくれた人、
DAWの基本を教えてくれた人、
ギターのコードの押さえ方を教えてくれた人。

英語圏放浪時代は、
文化やしきたりや文法の手ほどきをしてくれる人もいたし、

ブログの師匠も、Twitterの師匠も、
SNSや、そういう仕組みをたくさん教えてくれた人もいました。

今も身近に、
YouTubeのアドバイスをくれる人気YouTuberや
ビジネスやSNSのアドバイスをくれる友人がいてくれます。

そもそも鈍くさくて不器用なくせに、
特攻隊みたいになんにでも飛び込んで撃沈して、
ぎゃああああと、なって・・・

そんなダメなコイツを放っておけない、
優しくて才能あふれる人たちのおかげで、
なんとかがんばってこられたんだよな。
今も、がんばれるんだよな。
感謝しかない。

Stay Hungry, Stay Foolish.
スティーブ・ジョブズじゃないけれど、
ハングリーさと、お馬鹿度は自信があります。

学ぶべきことが尽きることはないのは、
きっと、1歩ずつでも前に進めているから。
学びたいと思い続けるのは、
まだまだやるべきことがあるのだという証拠。

後はどのくらい、
素直で柔軟な気持ちと頭を持っていられるか。
フットワークを軽くいられるか。

みなさん、まだまだお世話になります。

 

あなたが挑戦していることは、なんですか?

●初心者からプロフェッショナルまで、月刊誌のように手軽に楽しく歌がうまくなるサブスク“声出していこうっ!Monthly Video Program”、はじめました!

 - Life, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, 夢を叶える

  関連記事

なめたらあかんぜよ

ずいぶん昔。 広告代理店で、プロデューサーのアシスタントのアルバイトをしていたと …

緊張に打ち克つ。

多くの人に相談される悩みのひとつに、 「人前に出ると緊張してしまって、声が出なく …

歌を学ぶ人の3つのステージ

私は歌を学ぶ人には、 3つのステージがあると考えています。 ひとつめは楽器として …

「目障りなヤツ」で行こうっ!

「あいつ、なんか目障りなんだよな。 なにがってわけじゃないんだけど、なんか態度が …

成長痛を抱えて走れ。

今年前半は、 とにかくいろんなことが重なって、 頭の中がパツパツな状態が続いてい …

歌は、習っても、習わなくてもいいのだ。

歌だって、楽器だって、誰かに習う必要なんか、もちろんありません。 立派な学校に通 …

「いいおとながトラウマと向き合う」

思い出すのもぞっとする、 考えただけで嫌な気分になるようなことが、 人にはいくつ …

ゼロ地点に戻れる曲は あるか?

KIMICOKOライブ以来、不定期ながら朝練を続けています。 最近のお気に入りは …

正しい「シャウト声」の出し方!

高校時代の自分のバンドのライブ音源という、 恐ろしいものが存在しています。 少し …

「時間」を武器に変える!

「日本人は、残業するから、作業の生産性が上がらないんだ。 17時なら17時に確実 …