大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

何を切り取るか。どう切り取るか。

   

家族や友人たちと、昔の思い出話をしていると、
記憶に蘇ることや、「こんなことがあった」と認識していることが、
まったく違って、驚くことが多々あります。

 

同じ旅行の話をしているはずなのに、
登場人物やエピソード、場所までもが、微妙に、
あるいはまったく違ったり。

同じ想い出を辿っているのに、
物事が起きたと認識している順番が違ったり。
こちらが起きたはずないと認識していることを、
明確に起きたと主張されたり。。。

黒澤明監督の映画『羅生門』さながら、

人の記憶や認識は、実に曖昧で個性的です。

 

逆に言えば、そうした記憶と認識の積み重ねが、
その人の味になっていくとも言えます。

 

同じ光景から、何を切り取るか。

どう切り取るか。

 

例えば、同じ富士山の絵を描くのでも、

荒波の向こうに小さく描くのか、
真っ赤に描くのか、
桜の木と共に描くのか、
はたまた機上から見下ろした絵を描くのか。

 

そこに、それぞれの、その時間の、
視点があり、興味があり、想いがあります。

 

この、自分の視点や興味、想いを、
鮮明に切り取り、表現することこそが、
クリエイトするということ。

クリエイター、アーティストたちの、
創作の「核」とも言えるものです。

なんとなく創る。
人に言われたままに創る。
誰かを適当に真似して創る。。。

 

「核」の感じられない作品に、
受け手は心を打たれるでしょうか?

 

音楽であれ、芸術であれ、文学であれ、
いやおそらく商品と呼ばれるものであれ、

何かを生み出し、世の中に送り出したいと願うなら、
造形テクニックや、宣伝ばかりを学んでも意味はありません。

 

心を動かされる作品と、じっくり向き合って、
アーティストたちが何を、どんな想いで切り取ったのか、
それらはどんな手法で表現されているのか、徹底的に感じ取ること。

日常的に、自分が切り取っている光景やできごとに意識を向けること。

他の人と比べ、自分の視点は何がどう違うのか。
なぜ違うのかを掘り下げてみること。

 

そんなことを積み重ねていくうちに、
次第に、自分の「核」が見えてくる。

本当のクリエイトはそこからはじまるのですね。

collageit
What you see is what you are.

 - Life, 音楽

Comment

  1. ちーちゃん より:

    核を感じ取る事、心に留めておきます。
    ありがとうございます!

  2. otsukimisumi より:

    >ちーちゃんさん
    こちらこそ、ありがとうございます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「うまくなる」の無限ループ

執筆を開始して、早半年あまり。 20万字くらい書いて、半分くらい直して・・・ な …

「苦手なことは、時間と共にますます苦手になる」悪循環を断つ3つの方法

人は、得意なこと、適性があることを、 好んでやる傾向があります。 また、自らは、 …

「人前で歌うのが怖い」?

人前で歌う事に恐れを感じる人が多いのは、なにも日本人だけの話ではありません。 & …

何ごとにも終わりはくる。絶対の絶対に、くる。

好きなことしかやりたくない。 こうと決めたら即断即決即行。 私自身は、いわゆる「 …

現実が自分にフィットしないときに、 なぜ、自分を合わせに行こうとするのか?

生涯を共にできるようなメンバーになかなか巡り会えず、 日々バンドの人間関係に悩ん …

死ぬほどしんどくなるくらい、やりたいこと。

音楽の道って、なんて苦しいんだろうって、 思っている人、たくさんいますよね? 歌 …

妄想、体験、疑似体験

「芸の肥やし」ということばもありますが、 さまざまな経験を積むほどに、その人の芸 …

no image
安心領域から出る

「自分の年収は親しい友達10人の年収の平均だ」という説があります。 親しい人とい …

「人前で歌うとき」の理想的な状態

人前で歌うとき、パフォーマンスするときに、 重要だと考えていることは3つあります …

直感に突き動かされて、崖から飛び降りる

行動のきっかけは、いつだって、 ちょっとした思いつき、衝動、閃き、出来心。 即断 …