大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

バンドやりたい。

   

若者の頃に出会ったメンバーと、
生涯バンドを続けて行く。

これって、初恋の恋人と結婚して、
末永く幸せに暮らしましたとさ…くらい、希有なことです。

思い立ってググってみれば、
初恋の人と結婚する人は100人にひとりだそうで、
全体の離婚率が35% というのを考慮に入れても、
・・・あれ?思ったより多い。

そう考えると、
「若者の頃に出会ったメンバーと生涯バンドを・・・」
の確率の方がずっと低そうです。

「生涯」とはいかないまでも、
そのバンドでメジャーデビューして、ツアーして、
商業的な成功をおさめる、となると、
いやはや、どんな確率か。

こればかりは、
自分ひとりでどんなにがんばっても、
絶対に叶えられない夢です。

メンバー全員が同じくらい
音楽に対する情熱と覚悟があって、
なかまを大切に思っていて。

「カリスマと声」を持ち合わせたヴォーカリスト、
作詞、作曲に才能を発揮するメンバー、
さらには、ビジネスセンスのいいリーダーがいて、
全員のベクトルが同じ方向を向いていて。

この全てに、さらに時の運と、
猛烈な忍耐と努力があって、はじめて、実現する夢。

叶えている一握りの人たちを見るほどに、
尊敬の念があふれるし、
そんな運命の下に生まれた彼らを、
心から羨ましいと思います。

私自身、高校2年でバンドをはじめて以来、
数え切れないほどのバンドをつくっては壊し、
招かれては脱退し・・・。

ソロでやった方が圧倒的に効率はいいんでしょうが、
それでもね。
やっぱりバンド志向です。

今も一緒にやれる音楽仲間は、
私にとっては、砂漠の中で見つけたダイヤモンドくらい、
大切な人たち。

「若者の頃」出会えたわけじゃないけど、
100才まで一緒にやってれば、
そこそこ面白いことはできるでしょ?

でもって、
「若者の頃に出会ったメンバーと、生涯バンドを・・・」は、
来世ですな。

あー、バンドやりたい。

◆一生に一度、集中的に学ぶだけで、”自分で自分に教えること”を可能にするMTL 12。毎週日曜日10時〜Youtubeにて公開中。
毎週月曜発行中!声に関するマニアックな情報やインサイドストーリーをお届けする無料メルマガ『声出していこうっ』。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, Life, バンド! , ,

  関連記事

「憧れのあの人は持っているのに、私は持っていないものリスト」

音楽に目覚め、 「いつかビートルズになる!」と頭の悪いことを真剣に夢見ていた中学 …

キレたら負け

好戦的な人というのは、どこにいってもいるものです。 まず、仕掛けてくる。 自分の …

みんな勝手なこといいやがる。

今でこそ、プロアマ、セミプロ問わず、 「アーティスト」なんて、 定義のふわっとし …

「オケ」じゃなくて、プレイヤーの顔のついた「音」を聞くんですよ。音楽って。

年寄り自慢をするつもりは毛頭ありませんが、 (あたりまえ) 一昔前は歌を歌いたか …

人間関係はいつもちょっぴりだけ片想い💔

唯一無二の音楽仲間であり、大親友。 悩み事も、相談ごとも、とにかくなんでもきめ細 …

誰もが自由に発信できる世の中では、 「プロフェッショナルな送り手」は不要なのか?

インターネットのおかげで、 個人が自身のコンテンツを自由自在に 広められる時代が …

「初めて」の恐怖を克服する

初めて出かける場所。 初めて会う人。 初めて挑戦すること。 人間は「初めて」にワ …

とりあえず飛び込め~Singer’s Tips #32~

うまくなったら、バンドやりたい。 いい曲書けたら、音源つくりたい。 自信がついた …

当たり前に続けることが、「特別な力」になる。

中学、高校と、 6年間も練習をしまくったにも関わらず、 ピアノもギターも「残念」 …

情報か?経験か?

生まれて初めて弾いたギターは、 姉が持っていたクラシックギターでした。 中学入学 …