大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

バンドやりたい。

   

若者の頃に出会ったメンバーと、
生涯バンドを続けて行く。

これって、初恋の恋人と結婚して、
末永く幸せに暮らしましたとさ…くらい、希有なことです。

思い立ってググってみれば、
初恋の人と結婚する人は100人にひとりだそうで、
全体の離婚率が35% というのを考慮に入れても、
・・・あれ?思ったより多い。

そう考えると、
「若者の頃に出会ったメンバーと生涯バンドを・・・」
の確率の方がずっと低そうです。

「生涯」とはいかないまでも、
そのバンドでメジャーデビューして、ツアーして、
商業的な成功をおさめる、となると、
いやはや、どんな確率か。

こればかりは、
自分ひとりでどんなにがんばっても、
絶対に叶えられない夢です。

メンバー全員が同じくらい
音楽に対する情熱と覚悟があって、
なかまを大切に思っていて。

「カリスマと声」を持ち合わせたヴォーカリスト、
作詞、作曲に才能を発揮するメンバー、
さらには、ビジネスセンスのいいリーダーがいて、
全員のベクトルが同じ方向を向いていて。

この全てに、さらに時の運と、
猛烈な忍耐と努力があって、はじめて、実現する夢。

叶えている一握りの人たちを見るほどに、
尊敬の念があふれるし、
そんな運命の下に生まれた彼らを、
心から羨ましいと思います。

私自身、高校2年でバンドをはじめて以来、
数え切れないほどのバンドをつくっては壊し、
招かれては脱退し・・・。

ソロでやった方が圧倒的に効率はいいんでしょうが、
それでもね。
やっぱりバンド志向です。

今も一緒にやれる音楽仲間は、
私にとっては、砂漠の中で見つけたダイヤモンドくらい、
大切な人たち。

「若者の頃」出会えたわけじゃないけど、
100才まで一緒にやってれば、
そこそこ面白いことはできるでしょ?

でもって、
「若者の頃に出会ったメンバーと、生涯バンドを・・・」は、
来世ですな。

あー、バンドやりたい。

◆一生に一度、集中的に学ぶだけで、”自分で自分に教えること”を可能にするMTL 12。毎週日曜日10時〜Youtubeにて公開中。
毎週月曜発行中!声に関するマニアックな情報やインサイドストーリーをお届けする無料メルマガ『声出していこうっ』。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, Life, バンド! , ,

  関連記事

「自分ばかりがちっともうまくならない」~Singer’s Tips #2~

練習をやってもやっても、ちっともうまくない。 まわりのみんなは、どんどん上達する …

小さな選択の連続がやがて大きく流れを変える。

人生にはいわゆるターニングポイントというのがあります。 それがいつ訪れるのかはわ …

発信することは、ライブ・パフォーマンス。

「毎日、すごい勢いでブログをあげてるね」 最近、そんな風にいわれます。 しばらく …

歌詞が覚えられない?~Singer’s Tips #22~

「歌詞なんか、よく覚えられるね。」 と言う人がいます。 「そこまで真面目にやる必 …

「軸の弱さ」をなんとかする。~Singer’s Tips #13~

高い声を出すとき、どうしても上を向いてしまう。 大きな声を出す時は、なぜかクビが …

時間の密度を高める集中のコツとツボ

作品をつくりあげるとき、 制作現場で、 そして、トレーニング、練習、リハーサルで …

風邪に克つ方法

普段、どんなに目の前でゲホゲホやられても、 「そんな風邪は絶対にうつらない」、と …

「そうか、映像にもグルーヴがあるんだ。」

広告代理店の映像&音楽プロデューサーの下で、 音楽選曲のお仕事をさせてもらってい …

ルーティンワークで「微差」をつかまえる。

鰻屋を営んでいた母方の祖父は、 生前、お昼ごはんに、 毎日お店の鰻重を食べていた …

「対バン」の流儀

「対バン」。 学生時代からあまりに当たり前につかっていることばなので、 この言葉 …