大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「これでいいのだ」ってとこまで追い込んだら「それでいいのだ」。

   

ひとつのことにのめり込んで、
のめり込みすぎて出口が見えなくて、
苦しくて仕方がない時、
自分の領域とはかけ離れた世界をのぞき見ることで、
どひゃぁあとばかり、気分がすっきりして、
勇気やエネルギーが湧いてくることが往々にしてあります。

こんな話をし出すと必ず思い出すのは、
ニューヨーク時代、
「こんなところで何やってんだろう」と思い詰め、
心身共に追い詰められていた時に、
ふと訪れた自然史博物館で見た、大きなアメジストドームです。

自然史博物館には、「鉱石」というコーナーがあります。
特に目的もなく、ぼーっと歩き回っていたら、
展示室の真ん中に大きな、濃いグレーの岩が置いてあります。

大きいばかりで、見るからに地味な、
ごく普通の岩がありがたそうに置いてあることを不思議に思い、
正面に回ってみると、
なんと中には、見たこともないくらい美しいアメジストがびっちり。
ライトアップされて、実に見事に輝いていました。

一見地味な岩の中に内包された美しき、宝物。
めちゃくちゃ涙があふれました。
理由は今も不明です。
なんだ、これでいいんだ、と思えたんですね。
アメジストは私の誕生石でもありますから、
なにか、パワーをもらったのかもしれません。

アートから受けとることもたくさんあります。
初めてポップアートの展覧会を見たときもそうでした。

ポップアートの展覧会って、行ったことありますか?
ウォーホルのマリリンモンローや
リキテンシュタインのアメコミのような作品は、
まだちゃんとしている方で、
(ちゃんと、ってことばを使っていいのかわからないけど)

トイレの便器とか、
ゴミがいっぱい詰まったゴミ箱をアクリルで固めたものとか、
こどもがペンキ遊びしたとしか思えない絵画とか…

いや、立派なアート評論家が解説してくれたら、
たぶん、唸るような、ものすごい意味深い作品たちなのだろうけど、
正直、なんじゃこれ?みたいなものがたっくさんあるんですよ。

でね。そんな、「なんじゃこれ?」に、
見る人を煙に巻くようなタイトルをつけて、
「アートだっ!」って言い切っちゃうのって、

どっひゃあ、めちゃくちゃロックじゃん。
かっちょいい〜〜。。。。
って、もう、とんでもなく感動したんです。
その、「なんじゃこれ?」が、
MOMAだのTATEだのスミソニアンだのに所狭しと並んでいるわけです。
展示する方もかっちょいいじゃ、ありませんか。

あぁ、アートって、人がどう思うかじゃない、
「これがアートだ」と自分が確信するかどうかが重要なんだと、
キャンベルスープのラベルを見ながら、涙目になったものです。

一昨日は、ピエール・カルダンのドキュメンタリー『ライフ・イズ・カラフル』を見ました。
98才のカルダンは、美にこだわり、未来にこだわり、ビジネスにこだわり…
仕事が楽しくて仕方がない、
ヴァカンスは退屈で、すぐに仕事に戻りたくなる、と言っていて、

キレッキレのカルダンのデザインを、映画を行きつ戻りつ何度も見ながら、
ですよね。わかりました。いや、ほんと、すみませんと、
まだまだな自分に活を入れられた気持ちになりました。

「これでいいのだ」と言い切れるまで自分を追い込めるかどうか。
最後はそこですね。

 - Life, My History, クリエイト

  関連記事

人には、人の「道筋」がある。

学生時代、得意だった科目に『論理学』があります。 一般教養の範囲ですし、 正直、 …

ベストを尽くす。ベストを尊重する。

週末の久っびさのリアルセミナーの準備に追われています。 レジメやプロット、オケや …

当たり前に続けることが、「特別な力」になる。

中学、高校と、 6年間も練習をしまくったにも関わらず、 ピアノもギターも「残念」 …

ハードでもソフトでもなく、「ヒューマン」ですね。

現在、マジカルトレーニングラボのサイトのリニューアルで、 才能あふれるデザイナー …

カラダに染みこませたものは裏切らない。

若かりし頃から、使った「歌詞カード」を 大切に取っておく習慣があります。 「ネッ …

「誰かにまかせるなら100%その人を信頼すること」

愛犬の病気と死を通じて、さまざまなことを学びました。 昨年9月、悪性リンパ腫と診 …

「会いたい」というエネルギー

卒業式で「じゃ、またね」と別れて、 それきり一度も会っていない友達、何人くらいい …

今さら知りたい?「いたずら電話撃退法」

“Hello, Maria?”(ハロー、マリア?) ひと …

「自分らしさ」、一回置いておきません?

どんなヴォーカルスタイルが「自分らしい」んだろう? 「自分らしい声」って、どんな …

駆け出しの若い女は舐められる

まだまだ駆け出しで、 レコーディングのお仕事も、ぽつぽつと来はじめたばかりの頃。 …