大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「こんな曲やるくらいなら、あたし、バンド辞める」

   

カバー曲ばかりやっていた学生時代、
すでに社会人バンドでがんばっていた高校時代のバンド仲間に、
「え〜?まだコピーとかやってんの?だっさい」と言われて、
はじめて、「コピーをやってるのって、だっさいんだ」、
という意識が芽ばえました。

まぁ、まだドへたくそで、コピーとは名ばかりのなんちゃって&劣化コピーでしたし、
とても自分たちのレパートリーに昇華した「カヴァー曲」と呼べるような出来でもありませんでしたから、言いたくなった彼の気持ちも、わからなくもない。

とはいえ、正直、「だっさいオリジナルやってるなぁ」と思ってた彼に(ごめん)、
「だっさい」呼ばわりされたことは本気でショックでした。

小学校時代、作曲コンクールで入選した曲を、
全校生徒の目の前で(音楽教員に)盗作呼ばわりされたことがトラウマになって以来、
どうしても曲を書く勇気が出なかった私。

バイト帰りの道すがら思い浮かんだ歌詞に、必死の想いでメロディをつけた曲を、
へたくそな弾き語りでカセットに吹き込んで、
勇気を振り絞って、
当時やっていた学生バンドの選曲会に持ち込みました。

「こんな曲やるくらいなら、あたし、バンド辞める」
曲を聴くなり、キーボードのSちゃんが、そう言うのです。

はなから、自信があって持ち込んだ曲ではありませんでしたから、
あ、そうなんだと、家に持ち帰ったものの、

そこで、いや、ちょっと待て、となったのです。

たしかに、あたしの曲はイマイチかもしれないけど、
こんな曲だって、アレンジがカッコよくなれば、
いい曲になるんじゃないのか?

Sちゃんが「こんな曲」って言ったのは、
あたしのまずい弾き語り以上に曲のイメージが膨らまなかったからで、
ホントのホントに曲がイケてないのかどうかは、
ちゃんとアレンジしてやってみなくちゃわかんないんじゃないのか?

そして、あのバンドでは、それはきっと無理なんだ…。
生意気にも、そんな風に思ったのです。

その時、長い間書こうともしなかった曲を、
もっと書いて行こうと決めました。

いつか、アレンジの才能のある誰かが、
私の曲に興味を持ってくれるときのために、
とりあえず思いつくまま、書きためて行こうと決意したのでした。

このできごとは、私の音楽人生の大きな転機になりました。

勇気を奮い起こして、1歩前に進んだからこそ、
曲を書いて、みんなに聞いてもらったからこそ、
Sちゃんにバサリと切って落とされたからこそ、
次の道が開けたのです。

人生に無駄はありません。
前に踏み出せば、必ず次の道が開ける。

まだまだ路地裏の薄暗い道ではありましたが、
ちっちゃいドアがあいた瞬間でした。

オリジナル曲のアレンジについて書くつもりだったんですが、
あまりにも昔のことから書き始めたので、
とても終わりそうもないから、今日はここまで。

また、続きを書きます。

■無料メルマガ『声出していこうっ』。プライベートなお話からマニアックなお話まで、ポップな感じで綴っていきます!(ほぼ)毎週月曜発行!バックナンバーも読めますよ。

 - My History, クリエイト, バンド!, 夢を叶える, 音楽

  関連記事

「僕、ミュージシャンでやっていけるでしょうか?」

「僕(私)、ミュージシャンでやっていけるでしょうか?」 という質問に、即座に「も …

自分が生きてきた時間を過小評価しない。

誰にでも、自分が取るに足らないと感じるときはあるものです。 傍からは、順風満帆に …

「無能な奴はロックをやれ」

ず〜っと見たかった、『セッション』という映画を見ました!   音楽映画 …

表現力ってなんだよっ!

「いやー、ベッドミドラーは、ほんっとに表現力が素晴らしいよね」 修業時代、 当時 …

『想い』が数字をつくるのだ。

「みなさんはどんな規模のビジネスを立ち上げたいんですか? ビジネスモデルをちゃん …

「なんか好きじゃない曲」を歌わなくちゃいけない時のヒント

バンドをやってると、 「なんか好きじゃないな」という曲を 歌わなくちゃいけない時 …

「エアギター」のススメ

ギターリストになりたくて、 明けても暮れても練習していた時代があります。 今やこ …

現実が自分にフィットしないときに、 なぜ、自分を合わせに行こうとするのか?

生涯を共にできるようなメンバーになかなか巡り会えず、 日々バンドの人間関係に悩ん …

集客ってどうします?

SNSどころかインターネットもなかった時代、 バンドの集客って、一体全体、 みん …

「売れ線狙い」は劣化コピーを生む。

「これ、今、売れてるから、この路線で行こう!」 そんな風に言うおじさまたちが、一 …