大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

いい音の楽器と歌うから、いい声になる

   

子供の頃から生ピアノの音が大好きで、
ピアノ可物件にこだわって引っ越ししてきました。

家を建てる時も、
もう生ピアノ、ほとんど弾かないし、
移動もいちいち大変だし、狭くなるし、
そろそろクラビノーバとかにするかなぁ・・・と迷いましたが、
やっぱり長年連れ添ったバディを捨てるにしのびなく、
ピアノがすっぽり入る幅で仕事部屋をつくりました。

おかげでその後ヴォーカルレッスンを始めてからも、
ずっと気持ちよくレッスンすることができたのです。

コロナ禍、部屋をビニールカーテンで仕切らなきゃいけないという、
無粋な状況に陥って、
レイアウトの関係で仕方なくGO!ピアノを購入し、
この2年半というもの、ほぼGO!ピアノしか弾いていませんでした。
(まぁ、弾く言っても、せいぜい「ドレミレド」とかなんですが・・・)

少し前。
ミュージカル曲を練習している生徒さんの、曲の仕上げということで、
コロナも落ち着いていることだし、
せっかくだから生ピアノで最後の1回を歌いましょうと、
そうね、2年以上ぶりで、生ピアノで伴奏をしたのです。

あぁ、ピアノの音って、やっぱり好き。
でもって、ピアノを触る感覚が好き。

そんな風に思いながら、伴奏していると、
何が驚いたって、ピアノで歌いはじめたとたん、
生徒さんの声の響きがびっくりするくらい変わったんです。

ピアノと呼応し合うように、
ふわんと気持ちよく響くんです。

あぁ、ですよね。と思いました。

楽器の音って、お互いの音の波に乗っかって、
お互いに影響を与えながら、豊かに響くもの。

伴奏している楽器が電子ピアノなのと、
豊かな響きの生ピアノなのとでは、
そりゃあ、出てくる音が違うのは、当たり前。
うん。当たり前。

だからね、いい音がする楽器と一緒に歌う。
いい音を出してくれるプレイヤーと一緒に演奏する。
歌って、声って、
これだけで圧倒的にバージョンアップします。

今の時代、カラオケでしか歌ったことがないという人が、
もちろん大多数なのでしょうが、

なにか機会があったら、
いや、ぜひ一度、機会をつくって、「生演奏で歌う」を体験してみてください。
生バンドや、ピアノで伴奏してくれるお店もあります。

気づけなかった音楽の気持ちよさや、
自分の声のポテンシャルに気づけるはずですよ。

●初心者からプロフェッショナルまで、月刊誌のように手軽に楽しく歌がうまくなるサブスク“声出していこうっ!Monthly Video Program”、はじめました!

 - Singer's Tips, ある日のレッスンから, 声のはなし, 音楽

  関連記事

声を伝えるのに必要なのは「デリカシー」。「気合い」じゃないんですよ。

音の波形ってみたことありますか? 音は空気の振動。 特殊な装置をつかうと、 その …

自分の声をディスるな!

「自分の声は、好きですか?」 講演会やセミナー会場で、そう質問して、挙手をお願い …

絶対音感、いりますか?

つい先日、某テレビ局の方から不思議なお仕事の依頼があり、 お話を伺いました。 内 …

「いつはじめるか」じゃない、 「いつまで続けるか」が重要なのだ。

「やっぱりピアノは幼稚園くらいからはじめないと、モノにならないわよ。」 &nbs …

何を切り取るか。どう切り取るか。

家族や友人たちと、昔の思い出話をしていると、 記憶に蘇ることや、「こんなことがあ …

「出せない音」「イマイチ鳴らない音」を克服する方法

何度練習しても高いところが歌えない、 全体に低くて気持ちよく鳴らせない・・・ そ …

「他者基準」で自分をジャッジしない。

才能あふれる若者たちを教える機会に恵まれています。 レッスンのたびにワクワクした …

声は、一生かけて育てるもの

「自分、声が太くなったんちゃう?」 「なんか、倍音増えたなぁ・・・」 先日、京都 …

ピッチをよくする練習。

「ピッチ悪いね」 歌を志す人が投げ掛けられる苦言で、 これほど辛く、 途方に暮れ …

キー設定にこだわり抜く

「キー、D♭でお願いします」 そんなことを言って、いい顔をしてくれるのは打楽器と …