大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「育てる」んじゃない。「育つ」んだ。

   

「あいつは俺の弟子だったから。あいつを育てたのは俺だよ。」

有名人や、一流の人たちのことを、
そんな風に吹聴している人に出会うたびに、
なんだか、ちょっと残念な気持ちになります。

人がひとり「育つ」というのは、
そんな簡単なことではないと思えるからです。

「師」という立場に立つ人は、
もしかしたら、その「弟子」に、
技術や知識を教えたり、
礼儀作法やコミュニケーションスキルを教えるかもしれない。
資格を与えたり、ブランドづくりに一役買ったりするかもしれない。
人に紹介したり、チャンスをあげたりするかもしれない。

しかしね。

どう「育つ」かは、本人次第なんです。

どんなに有益な情報や、
素晴らしいコネクションやチャンスも、

与えられた側が、
その価値に気付かず、
放置したり、ないがしろにしたりして、
右から左に流してしまえば、
その人はなんの成長もできません。

多くの場合、
「弟子」となる人は、自分自身の目的を達成するために、
自ら「師」を選びます。

そして、自らが選んだ「師」に、
お金なり、労力なり、気持ちなり、
またはそのすべてを提供することで、
「弟子」と認めてもらうわけです。

親が子を育てることや、
農作物を育てることとは、
前提が違うんですね。

本当に力のある人は、
「師」に与えられたものだけを鵜呑みにするような、
一方通行の学習で満足しません。

与えられたことを、
自分なりに解釈し、かみ砕く。
あらゆる角度から俯瞰し、研究し、
さまざまな知識や情報を収集し、
そこから自分自身の芸風なり、
知識なりを編み上げていく。

つまり、自分で「育つ」んですね。

どんなに知識やスキルを教え込み、
愛情とエネルギーと時間を注いでも、
本人が「学ぶ」ということを選び取って、
能動的に思考し、行動しない限り、
そこにはなにも起こりません。

そんな残念な関係もたくさんありました。

だからね。
私は、勝手に生徒さんや受講生を「弟子」呼ばわりしないし、
「自分が育てた」なんて、まずもって言いません。
そう考えていないからです。

教わる側にも常に、
私がみなさんを「うまくする」ことはできない。
みなさんが、自分で「うまくなる」のだ。
と伝えています。

自らが「学ぶ」態度を持たない人は、
何を教えてもダメですし、
その態度を変えさせることは、
教える側の仕事ではありません。

そういう意味では、
自分自身をとても冷たいと感じることがありますが、
しかし、彼らが求めているのは、
「師」と「弟子」などという人間関係ではなく、
自分自身が一流の人間として成長すること。

私が与えられるものがなくなれば、
みんな去って行くでしょう。

だから私も、毎日勉強し続けます。

そんな緊張間のある人間関係こそが、
学びの場には必要なのです。

教え子たちは、どんどん成長します。
私は、その成長をただ傍らで、
「おぉおお」と、感嘆しながら、
見守っているだけ。

近頃は、教え子たちに、
さまざまなことを教わっては、
「ほほぉ」と感動することも増えてきました。

そんなよき学びの場を提供し続けられるように、
今日も、ひたすら精進です。

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, Life, ボイストレーナーという仕事

  関連記事

値切らないっ!

アジア圏のとある国へ旅行に出かけた時のことです。 あれはどこの国だったか。。 「 …

残念な人

ずいぶん前にちょっとだけ一緒にやったことのある、 かなり腕のいいドラマーがいまし …

カラダを粗末に扱わない。

カラダは神様がくれる、生涯たったひとつの大切な宝物。 大切につかえば、ちゃんとこ …

視点を変えると価値観が変わる〜from USA②〜

ニューヨークに暮らしはじめて、真っ先に感じたのは身体の中に流れ込んでくる街の音。 …

旅に出よう!

「外国語を知らない者は自分自身の言語について何も知らない。」 と言ったのは文豪ゲ …

「先生」と呼ばれたら、自分の胸に問うべき質問。

人には誰にも、その人特有の成長のスピードというものがあります。   小 …

メソッドよりも大切なこと

「なんて凡庸なんだろう。。。」 数年前、それまで長い年月をかけて試行錯誤を繰り返 …

なめたらあかんぜよ

ずいぶん昔。 広告代理店で、プロデューサーのアシスタントのアルバイトをしていたと …

人生は「パッション」がつくるのだ。

ある時期、心から夢中になって、 一度でも自分のカラダの中を通り過ぎたものは、 自 …

「練習」とは「工夫すること」

楽器や歌を習得したい。上達したい。   しかし、実際、何からはじめたら …