大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ぶち切れない生き方

   

もんのすんごいむしゃくしゃイライラしていることがありまして。

ってやんでぇ、馬鹿野郎っ!と頭にはくるのだけど、
それでも、ぶち切れたり、文句言ったりしない自分って、
一体何なんだろうと、妙に冷静に考えています。

正直、ジェフ夫さんも親友たちも、
一部、事情を話した人たちは、みなぶち切れてくれまして、
そのたびに、私の気分を代弁してくれるようで、スッキリする一方、
だよね〜。でもさぁ・・・と、
なんだかおとなっぽく、
相手の状況やら立場やら自分の至らないとこなんかを、
クールな気持ちで説明してたりして。

あれ?
これって、あたし、波風立てたくないだけ?とか、
こういうの、事なかれ主義的な感じ?と思うたびに、
そういうパーソナリティとはほど遠い自分の性格を振り返って、
ますます、ふ〜む。となるわけです。

まぁ、私という人をよく知る人はみな分かっていると思うのですが、
まず、滅多にぶち切れません。
そもそも、パニックも起こさない。
まぁ、声のテンションはすんごいんで、
ぶち切れてなくても、あたしがなんか言うときは、
その場にいる人は固まると思いますが。

頭にくればくるほど、どんどん冷静になる自分がいて、
超論理的にば〜っと頭が回り出すので、
本気で怒らせたことのある人は、さぞかし怖かったと思います。

実はこれって、ロック歌ってるせいじゃないかと、
真剣に思っています。

あのね、あたし、怒りのボルテージを自然に調整できるんですな。
ステージの上とかで、MAXでぶち切れたりできるし、
次の瞬間に冷静になったりもできる。
なんならニコニコ笑ったりもできる。
あれ?狂ってる?

時々、アンガーマネージメントとかっていうプログラムの話を聞きますけど、
怒りを抑える練習じゃなくって、
ロックでもドカンと歌って、
MAXからゼロまで、ボルテージをコントロールするトレーニングするのが、
実は精神修養には一番いいのじゃないか、なんて思ったりして。

ですから、私をぶち切れさせたことのある数少ない人たちは、
まぁ、よっぽどなんですよ。
心当たりのある方は、反省してください(^^)

さて、話を戻します。

もうひとつ、大事なこととして、
私、ゼロか100思考なんです。

文句言うなら、やめちまえ。
って本気で思っている。

それが建設的な議論になるなら、
なんだって怖れずに言いますが、
愚痴ったり、文句言ったり、うだうだしたりしても、
まぁ、雰囲気悪くなって、
さらにパフォーマンスもスピードも落ちて、
結局、ほんっとにロクなことないんですのよ。

そんな風に、なんだか冷静に考えちゃう。

だから、わかりましたって言ってる気がする。

で、ちゃんと自分のやるべきことに全力で向かおうって、
もう一回自分に気合を入れ直すわけです。

ぶち切れる時はゼロに戻すときです。
その時が来れば、怖れずにやります。

でもさ、どんなに大切に大切に育ててきたものでも、
壊してしまうのって、ほんっとに一瞬なんですよね。

そして、一回壊れたら、もう二度と元には戻らない。

ゼロに戻す時は、そんなすべてを捨てる時です。

で、そうやって考えていくと、

なんだ、それほどのことは、なんにも起こってないじゃない、と。
起きていることは全部、必要なことなんだと。
そして、その理由も後からきっとわかるんだと。

ふっふっふ。
人生、だてに長くやってませんわ。

そんなわけで、今日も雄々しく戦います。
まだまだ戦いは当分続くらしい。

ふふん。望むところざます。

■無料メルマガ『声出していこうっ』。プライベートなお話からマニアックなお話まで、ポップな感じで綴っていきます!(ほぼ)毎週月曜発行!バックナンバーも読めますよ。

 - Life

  関連記事

空白の美学

「アマチュアはね〜、ソロ弾いてっていうと、 全部音で埋めちゃうんですよ。 弾かな …

若い頃の努力は金✨

「若い頃の努力は金✨」。 若い頃そんな風に言われると、 なんだか強制されている感 …

わかってないのは、そいつの方じゃないのか?

「自分のこと、めっちゃ美人だと勘違いしてる、ぶっさいくな女っているよね? &nb …

「真面目がダメならどうすればいいの?」

真面目にやれ。 一所懸命にやれ。 丁寧にやれ。 こどもの頃から、 よく言えば、閃 …

「目」にパワーを宿す

「いい顔をしている」。 「目に力がある」。 「面構え(つらがまえ)がいい」。 & …

直感に突き動かされて、崖から飛び降りる

行動のきっかけは、いつだって、 ちょっとした思いつき、衝動、閃き、出来心。 即断 …

I wish you were here

海外に住んでいた頃、 「またね」と抱きしめ合って別れを交わしながらも、 あぁ、き …

大きな声を出せないときに、やるべきこと。

各地で次々と緊急事態宣言が解除され、 コロナ自粛も出口が見えてきました。 とはい …

「適正」って、「恋すること」なんだ。

「私は、ロックが好きなんですけど、 歌の先生に、キミにはそういう音楽は向いてない …

「らしくない」を排除すれば、「らしい」が見つかる

情報がどんどん入って来るこの時代に、 自分のアイデンティティ、つまり個性を見出す …