大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「できないこと」ではなく、 「今できること」に意識を向ける

   

うまく行かないときに、
うまく行かないところにばかりフォーカスすると、
本来できることも、うまく行かなくなっていく。

レッスン時、いつも伝えていることばです。

「ノドがガラガラするなぁ」と気にしていると、
ガラガラが気になって、
ついつい咳払いが多くなったり、
呼吸が乱れたりする。

ガラガラしながらも、
ちゃんと鳴っている部分にフォーカスし、
その「鳴り」を膨らましていくイメージを持つと、
ノドに潤いが増して、
だんだんとガラガラがおさまっていきます。

「高い声が思うように出ないな」と思っていると、
ついついノドまわりに力が入ったり、
呼吸を強く吐いてしまう。

声帯様は高い声を出せるポテンシャルを持っていると信じ、
出したい高い声のイメージに沿わせるように、
リラックスして、
カラダとのコミュニケーションをスムースにしていくと、
「え?これでいいの?」というくらい、
あっさり高い声が出たりします。

うまく行かないことにフォーカスするのをやめる。
よいイメージを磨く。
リラックスして、カラダの細部とのコネクションを築く。

これこそが、よりよい結果を出すための秘訣。

言うほど簡単なことではありません。

人はついつい、
うまく行かないことに、
意識が行ってしまうものだからです。

しかし。

できないことではなく、
今できることに意識を向けることで、
喜びや感謝の念が生まれます。

うまく行っていること、できることを、
どうしたら、
「最高」という状態に引き揚げることができのか。

そのくふうと努力の中に、
うまく行っていないことを補完する、
アイディアやエネルギーが生まれる。

なにより、
下を向いて悩むより、
上を向いて「よっしゃやったるで」、
という時の方が、
人間、エネルギーが湧くものです。

自粛要請が一部解除になっても、
さまざまな職業の人たちにとって、
まだまだ厳しい時間が続きます。

いつからライブを再開できるかわからない。
年内いっぱいスケジュールが飛んだ。
ライブハウスが閉店したらしい。。。などなど、
本当に厳しい話ばかりです。

レッスンも、セミナーも、
いわゆる三密状態をどうやって回避しながらも、
今までと変わらない結果を出していくのか。
いろいろ、試されているな、と感じています。

今、うまく行っていることはなにか。
今、できることは何か。
よいイメージを磨いて、
リラックスして、
くふうと努力を重ねていく。

とにもかくにも、上を向いて、
がんばりたいものです。

◆ 一から歌を学びたいという方にも、基礎を見直したいというプロの方にも。オンラインのお得なBasic3パック
◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, Life, カラダとノドのお話

  関連記事

no image
カラダの制約から解き放たれたいっ!

マジカルトレーニングラボのボーカリストのためのトレーニングでは、 基礎トレーニン …

未来を切り開くのは、ひらめき、学び、そして自信。

ひらめきは突然やってきます。 「あ!今、これ、やっといた方がいいわ。」 「おぉお …

年齢が気になりますか?〜チャンスはいつもフィフティ、フィフティ〜

なかなか将来の見えなかったアマチュア時代。 周りの友人たちは次から次へとお仕事を …

「気になる人」。

これから有名になろうという人、 活躍する人に共通の資質は、 「気になる人」である …

ひっぱたかれても納得できないことはやらない!

  まだ幼稚園に通っていた頃。 つまりとんでもなく昔のお話ですが。 & …

おわりははじまり。

酉の市が立ちはじめると、 あぁ、もう年末よね、と感じてしまいます。 そもそも日本 …

正しい「シャウト声」の出し方!

高校時代の自分のバンドのライブ音源という、 恐ろしいものが存在しています。 少し …

体調管理も仕事のうち!

「体調管理も仕事のうち」 ボーカリストやパフォーマーでなくても、仕事を持っている …

なにをハンディとするか、 なにをチャンスと考えるか。

「やっぱなぁ〜。東北人は、生まれながらにハンデ背負ってんだなぁ〜」 カツゼツとビ …

心のノイズを打ち消して、ただがむしゃらに進むのだ

こんなこと、やってみたい! こんなこと、やったらどうだろう!?   そ …