大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

歌を学ぶ人の3つのステージ

   

私は歌を学ぶ人には、
3つのステージがあると考えています。

ひとつめは楽器としてのカラダを完成させるステージ。

どんな楽器をはじめるときも、
最初に学ぶのはその楽器の扱い方。

楽器の持つ「音」を、
きちんと出してあげること。

サックスやバイオリンなど、
楽器によってはちゃんとした「音」を出すまでに、
結構な努力が必要な楽器もあります。

ちゃんと音を出すために、
チューニングを学んだり、
フォームを学んだり、
メインテナンスを学んだりするわけです。

そうやって、コツをつかむことで、
やっといい音が出る。

この「いい音」を出せるかどうかが、とにかくキモ。

一流のプレイヤーは、
音が出た瞬間、「だよねーー」って音なんですよね。
これはもう絶対そう。

ピアノという楽器は、
猫が弾いても、犬が弾いても、
ラの音は出た瞬間にラ。
どんな状態で弾いても、
安定した、そこそこいい音が出ます。

ピアノが完成度の高い楽器と言われるゆえんです。

しかし人間のカラダはそうはいきません。

ゆれる。
音が当たらない。
当たるまでにインターバルがある。
出すたびに音色が違う。
かすれる・・・etc.etc.

とにもかくにも、
100回出したら100回、
安定した、ベストな、いい音を出す。

テクニックや表現力をどんなに磨いても、
これができないうちは、
なにをやっても精度が上がりません。

そのために、
リラクゼーションや呼吸、
そして、力の流れを学ぶのです。

 

2つめが、
基礎的なテクニックを身につけるステージです。

どんなにいい音が出ても、
ドーーーしか弾けないんじゃ演奏はできません。

一定の強さ、一定の速さ、一定の音色で、
粒立ちよく、適確に音をとらえていく。

ダイナミクスや音色のバリエーション、
リズム、発音、ことばの置き方、
フレージングの基礎など。

自分のカラダという楽器を
自由自在に操るテクニックを身につけるフェーズです。

いわゆる基礎練習といわれる反復練習も有効ですし、

手当たり次第の完コピしたり、
1曲とじっくりと向き合ったりすることで、
表現力の基礎を磨きます。

 

そして3つめ、最後のステージが、
レパートリーをつくる、です。

どんな曲を、どんなアレンジで歌ったらいいか。
キーは?テンポは?

その曲、アレンジと、
自分自身のアイデンティティを100%生かすためには、
どんな音色で、どんな表現で、どんなグルーヴで歌うべきか?

聴く人は、歌のどんなところにぐっとくるのか?
何を押さえて、どんな気持ちで歌えばいいのか?
どんな選曲で、曲順で歌ったらいいのか?

答えは人の数だけあります。
そのとき、そのときによって、
自分に取っての正解も変わります。

その無限の、
果てしない音楽との旅を、
楽しめるようになったら、最高です。

 

歌のトレーニングは、
この3つのステージを行きつ戻りつしながら、
精度や表現力を上げていくのがベストなのです。

 

MTL12を受けるべきか、新しく開講するネクストかと、
迷っているという方がいらっしゃるようです。

MTL12では、このステージの1と2を中心に、
理論と練習方法を徹底的にお伝えします。

ネクストは3つめのステージ。
より実践的な内容です。
もちろん、ステージ1,2も取り入れていきますから、
ある程度歌に自信はあるという方は、
思い切ってMTLネクストをどうぞ!

反対に、これまで歌ってきたけど、
基礎をちゃんと知りたいという人は、MTL12がお勧めです。

 - B面Blog, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, 声のはなし

  関連記事

「原体験」こそが自分を動かす原動力

「どんな音楽が好きなの?」という問いに、 アイドルやV系スターの名前を言うことが …

「切り際」で、歌は素晴らしくも、へったくそにもなる。

昨日、「音の立ち上がり」は、 歌い手の声の印象を大きく左右する、 というお話をし …

自己表現のための”自分アバター化作戦”

かつて、ハワイ出身の日系アメリカ人女性シンガーに、 英詞の提供をしたことがありま …

批評家目線を捨てる

「Aさんって、うまいんですか?」 生徒の口からは、いわゆる本格派といわれる歌手で …

誰も「いい声」になんか、興味ない。

『アラジンと魔法のランプ』の実写版、 『アラジン』が話題です。 こどもの頃、 3 …

あぁ、あこがれの「ビッチ感」

人にこう見られたい、というイメージと、 実際の自分自身が人に与えるイメージに開き …

人には人の、自分には自分の、戦い方がある

チャンスを求めて、日夜、必死にがんばっていると、折に触れ、 「この人に会ってみな …

「歌いたいっ!」が胸を叩くから。

トレーナーをはじめて、 ずっと大切にしてきたことは、 「昔の自分」のまま感じて、 …

レコーディングでうまく歌えない原因と対処法。

先日メルマガのお便りフォームに、下記のような質問をいただきました。 (一部プライ …

リズムの「点」に意識を向ける

リズムのある音楽には、必ず「点」がある。 これが、私の解釈です。   …