大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

てやんでえ、ばかやろう!

   

「そんな年からピアノはじめて、モノになるわけないでしょ?」
「あなたは耳が悪いから、音大は無理よ。」
「あのさー、プロになるには、それなりにルックスよくなきゃダメなんだよ。」
「そもそも、人に習ってる時点で、ダメだってことでしょ?」
「ってか、今さら、一体どこ目指してるわけ?」
・・・etc.etc…

人の夢を打ち砕くことばを放つ人を、”ドリームキラー”というそうです。

思えば、この世は、”ドリームキラー”だらけ。

ドリームキラーがそんなことばを投げ掛ける理由は・・・
自分に夢がないから。
自分はあきらめたから。
あなたに今のままでいて欲しいから。
そしてなにより、なんか言いたくて言っているわけです。

こんなとき、言うべきことばはたったひとつ。
「てやんでえ、ばかやろう」!

しかしね。
心か弱きあたしたち、たいがいの人間は、
そんなことを言われるたびに、

「そっか。そうだよね。うん、わかってる。
どうせ無理だ。きっと無理だ。やっても無駄だ。」

・・・と、自分を納得させる。
いやさ、納得させようとする。

そうして、何年ももやもやした気持ちを抱えながら、
時間を過ごすことになっちゃったりします。

しかしね。
他人の言うことなんか、聞いちゃいかんのですよ。

「は?あなた、人にものを教えてる人なんじゃないですか?」

はい。
でもね、これは、私の信念であり、真実です。

 

人になにか言われるたびに、
自分の中に生まれる違和感こそを、追いかけるべき。

答えは自分しか知らない。
答えは自分しか見出せない。

他人の言うことは、
あくまで、その人にとっての答えであり、真実です。

レッスンを受けるときだってそう。
ああせい、こうせい、などと言う先生を、信じちゃいかん。

答えは自分の中にあるんです。

 

あの手、この手で、さまざまなヒントを与え続ける。
四方八方から、質問を投げかける。
ありとあらゆるシチュエーションに放り込む。

どつき倒して、
千尋の谷から突き落として・・・
その人の中で、トラが目覚めて、飛び立っていくのをただ見守る。

トレーナーにできることなんて、そんなもんです。

 

自分の「やりたい」を、信じる。
信じ倒す。

そっからしか、道は開けないと、
信じ切ったまま、匍匐前進を続けるのです。

—————
◆歌う心とカラダに活を入れる2日間。MTLサマースクール2022
リアルとリモート同時開催。
◆公式LINE、はじめました。ご質問やお悩みにもお答えしていきます。
ご登録はこちらから。

 - B面Blog, ヴォイストレーナーという仕事, 夢を叶える

  関連記事

穴を埋めるのか。山を高くしていくのか。

スタジオのお仕事が軌道に乗り始めた頃のこと。 私の歌を気に入ったから、プレゼン用 …

自分のお尻を蹴飛ばす瞬間

「えいっ!」 やらねばならぬ、 やりたい、 いや、やるのだ。 そう決意をかためて …

最後は「自分の声」を聞くのだ。

「MISUMIサンはね、 もっと、自分じゃ恥ずかしくって赤面するくらい、 下世話 …

なかなか芽が出ないのは、ずどんといきなり成長するための準備。

毎日がんばっているのに、なかなか結果が出せない。 現在進んでいる道が正しいのか、 …

「所詮同じ人間」という前提に立つ。

誰かにできて、自分にできないことを、 生まれや育ちの違いのせいにしてしまうのは、 …

「もっとうまくなってから」と言う『完璧主義のぐず』

バンド、どうして組まないの? 「もうちょっと、うまくなってからメンバー探そうと思 …

声の優先順位が低いなら、気にしないのが一番。

「自分の声の印象って、どうなのだろうと気になる」 という人はたくさんいるのに、 …

どうせ見えない未来なら、明るい側面だけを期待して生きる。

「MISUMI、そんなことしてて、将来どうするつもりなの?」 思春期の頃から、ア …

Proud.〜第2期MTLネクストが終了しました〜

昨日、第2期MTLネクストの最終プレゼンテーション、 発表会が終了しました。 2 …

「型」か?没個性か?

日本の幼稚園の先生たちは、 「さぁ、みんなでブランコに乗りましょう。」 「次はお …