大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「無理」って言うな!

      2017/05/31

「限界」は自分が設定するもの。

 

これが、かれこれ、半世紀ほど人間をやってきて、
私がたどりついた結論です。

 

 

いやいや。

「心の底から信じれば、どんなことでも現実化する」、
なんて、ニューエイジ的な考え方を、
闇雲に信じているわけではありません。

 

どんなに思い込んだって、念じたって、
無理なものは無理。

それは「限界」ではなく、
自分にとっての「夢想」でしかありません。

 

しかし、自らが望んで歩んでいるはずの道の上で、

早々に「限界」を設定するのは、
怠惰以外のなにものでもないのではないか?

 

キーが高すぎて歌えない。

歌詞なんか覚えられない。

そんなリズム、血にない。

日本人なんだから、英語を完璧に発音なんかできない。

今さら耳なんか鍛えられるわけがない。

・・・etc.etc….

 

 

 

「無理」と言ってしまえば、なんだって「無理」。

それ以上の努力も、工夫も、研究も、
すべて放棄して、

自分を哀れんだり、嫌いになったりする、
そのくせ、ちょっとほっとしたりするための、
魔法のことばです。

 

努力は、いつだって、「限界」の先にあります。

ことばを変えれば、
「限界」と感じるまでは、
ただ普通に、好きだから、やりたいから、
やっているだけなのかもしれません。

 

だから、壁にぶち当たったときに、
初めて自分という人間が試される。

いくつもの壁を越えたものだけが、
道を究めることができる。

 

「無理」とその先の努力を回避するなら、
何をやっても、結局、
ひとつのことを極められないヤツで終わるのです。

 

反対に、「絶対にやる」と決意すれば、

できる方法を考える、

できるまで食らいつく、

一緒にやってくれる人を見つける・・・などなど、

やれることはいくらでもあるはずです。

 

 

 

「無理」と感じたときこそがチャンス。
その壁を越えたときこそ、
その他大勢の人たちとは、ひと味もふた味も違う世界が見られる。

 

そう信じて、今日も「無理」を飲み込み、
進ムノデス。

コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』購読はこちらから。

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

「打たれ強い人」になる唯一の方法

世の中には先天的に打たれ強い人というのがいるものです。   ガラスのハ …

「慣れる」と「油断しない」の塩梅がムツカシイ。

今日、久しぶりにひとりで買い物に出かけました。 買い物に出たのは文具なのですが、 …

年齢が気になりますか?〜チャンスはいつもフィフティ、フィフティ〜

なかなか将来の見えなかったアマチュア時代。 周りの友人たちは次から次へとお仕事を …

「目立ってなんぼ」はさっさと卒業する

テレビは基本洋画一辺倒で、時折ニュースをつけるくらいです。 ワイドショーもドラマ …

開けゴマ!

「開けゴマ〜!」 言わずと知れた、 『アリババと40人の盗賊』のクライマックスシ …

「自分」というジャンルを極める

「らしくあれ」。 女子高生時代、創立者のありがたきおことばとして、 朝礼などで、 …

「モラハラ」に負けない思考法

「ブスが話しかけるんじゃね〜よ!」 さまざまなハラスメントの標的になっていた、か …

絶望的に長い年月、積み重ねる「少しずつ」

こどもの頃好きだった忍者漫画で、 忍者の家に生まれたこどもは、ごく小さな頃から、 …

一生ヴォイストレーナーのいらない人になる。

「歌なんか、人にならうもんじゃないだろう。」 そんなことばをどれだけ言われてきた …

現実が自分にフィットしないときに、 なぜ、自分を合わせに行こうとするのか?

生涯を共にできるようなメンバーになかなか巡り会えず、 日々バンドの人間関係に悩ん …