大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「情報」を正しく伝えるだけじゃ、 人は感動しないんだ。

      2022/12/25

「声って重要じゃないですか!
プレゼンでも、講演でも、やっぱ、声だもんなぁ。」

出版のメンターである土井英司さんに、
セミナーでいきなりそんな風に言われた時は、
「え〜〜!?ほんとぉ〜?」と思わず心の中で、叫んだものです。
(いや、もしかしたらホントに声出てたかもしれません。)

音楽一辺倒で生きてきた私が、
本格的なヴォイトレの本を世に残そうと志を立て、
いどんだ出版セミナーでのことでした。

その、ほんの1〜2年前、
生まれてはじめて参加した起業セミナーの講義がひと言も理解できなくて、
帰ってくるなり、玄関口で泣き崩れた、カタギの世界ワカバマークの私。

正直、会議とプレゼン、セミナーと講演の違いも、
ぼんやりとしかわかっていませんでした。

しかし、土井先生にそんな風に言っていただいて、
そういえば…と胸に手をあてました。

著者たちのパーティーでも、異業種交流会でも、
私がヴォイストレーナーだと告げると、みな異口同音に、
「声が小さくって悩んでるんですよね」とか、
「自分の声が嫌いなんです」と声の話をしてきます。

「社交辞令でしょ」くらいに思っていましたが、
どうやら、そうではなさそうです。

確かに、声をツールに仕事をしているのは、
ヴォーカリストばかりではありません。

講師だって、営業マンだって、
リーダーとしてチームを引っ張って行く人だって、
接客業や、受付のような業務をしている人だって。
声をつかう仕事って無数にあります。

 

以来、プレゼン大会やセミナー、
ワークショップなどに参加するたびに、
話し手の「声」にフォーカスしながら、
話を聞くようになりました。

すると、確かに、
「すっごいなぁ、この人の話、面白いなぁ。」
と心を揺さぶられる話し手は、例外なく、

表現力豊かな、よく響く声、
キャラの立った、個性あふれる声、
ガツッとエネルギーのある強力な声…

そんな、声の魅力の持ち主でした。

ヴォーカリストたちの歌を聴くように、
話し手たちの話を聞いていると、
その人の中で何が起きていて、
どこをどう改善すれば、もっと、その人らしい声で、
自信あふれるパフォーマンスができるようになるのかが、
手に取るようにわかったのです。

 

そうか。
声のエネルギーをどう扱うかという意味において、
「話す」も「歌う」も全くおんなじなんだ。

 

それまで、ビジネスマン対象のヴォイストレーニングなどというものは、
アナウンサーのような、
いわゆる「話し方」の専門家がやるものだと思っていました。

しかし、そうではない。

情報を正しく伝えるということは、
音符を間違えずに正しく歌う、ということと同じ。
必要最小限のことではあるけれど、
それだけで人の心を動かすことはできません。

話すように歌う。

歌の表現を極める方法論として、
最も大切に考えてきたことです。

逆もまた真。

歌うように話す。

それこそが、「自分」というエネルギーを100%声にして、
聴く人に届ける話し方なのだ。

確信が舞い降りました。

ならば、ヴォーカリストである、
私だからこそ伝えられること、
私でなければ伝えられないことがあるはず。

MTLのビジネスマン向けメソッドの原点となった想いです。

あれから10年あまり。
研究と試行錯誤を繰り返しながら、
セミナーや講演、ワークショップを通じて、
たくさんのノン・ミュージシャンのみなさんに
声の指導をしてきました。

それがそのまま、
歌のメソッドの充実にもつながりました。

「話す」と「歌う」。

人間が同じカラダをつかってやること。
感動は本能に根ざすことでもあります。

そもそも、切り離して考えるのがおかしい。

「歌う」が、もっと身近になる。
「話す」トレーニングが、もっともっと楽しくなる。

そんなことを目指して、
MTLのビジネスメソッドは、まだまだ進化を続けます。

MTLのビジネストレーニングのページはこちらです。

 - My History, ビジネスヴォイス, 声のはなし

  関連記事

歌を学ぶ人の3つのステージ

私は歌を学ぶ人には、 3つのステージがあると考えています。 ひとつめは楽器として …

音色の決め手は「箱」なんじゃ。

昨日、「音」はプレイヤーの命であるというお話をしました。 声は持って生まれるもの …

「華がない」ってなんだよ?

あれは確か大学卒業目前の冬休みのこと。 大学生2年生くらいから、夏休み、冬休み、 …

視点を変えると価値観が変わる〜from USA②〜

ニューヨークに暮らしはじめて、真っ先に感じたのは身体の中に流れ込んでくる街の音。 …

オーディションに失敗したくらいで、いちいち落ち込んでる暇なんかないのだ。

長年業界におりますが、 いわゆる「オーディション」を受けたのは2回だけ。 2度と …

誤解だらけの「ロック声」。そのシャウトでは、危険です。

ハスキーで、ひずんだ感じの、 いわゆる「ロック声」には、いろいろな誤解があります …

開けゴマ!

「開けゴマ〜!」 言わずと知れた、 『アリババと40人の盗賊』のクライマックスシ …

「変わってる」って、なんだよ?

自分は何に、どんなことに、反応する体質なのか。 自分のアンテナは何に反応し、どん …

「あの人、ノド大丈夫かな?」

仕事柄、お芝居やミュージカルなど、さまざまな舞台にお招きいただきます。 レッスン …

ニッポンの女子力!

今日は、Show-Yaがプロデュースする、”Naon No Yaon …