大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「私のカラダはギターには向いていないんだ・・・」

   

高校時代、ギターリストを目差していた頃のお話。

クラプトンに憧れて、黒いストラトを買い込み、

ジェフ・ベックのマネをして太めの弦を張り、

日々練習に励んでいたことがあります。

 

ところがね。
全然上達しません。

家で座って弾いているときは何とかなるのですが、

なんなら、あこがれのジミー・ペイジみたいに、
ギターをやたら低く持ちたいものですから、

実際リハーサルやライブ(と言っても文化祭とかですが)などで、
立って弾くと、

ミストーンは多いし、音は濁るし、
小さな手では弦が押さえられなくって、
結局猫背になるし・・・

まぁ全然思うように弾けないわけです。

 

それで、音楽雑誌で、かのギターリストたちを眺めては、

「どうせ私は背が低いから・・・」

「やっぱり私は手が小さいから・・・」

などなどと凹みまくり、

そのうちに、ギターをあきらめてしまったのでありました。

 

当時の私の結論。

「身長170センチ以上で、
指の第2関節から上の長さがギターのフレットの幅より長くない人は、
ギターリストになれない。」

 

 

ところがです。

それから何年かして、
ミュージシャン仲間に、

「素晴らしいギターリストには、
身長のずっと小さい人、
手のひらのうんと小さい人もたくさんいるでしょ?」と笑われました。

 

いわれるまで、そんなこと、考えてもみなかった自分。
勝手に決めつけて、そして逃げていたのです。

 

やがてギターリスト、ジェフ夫さんと結婚し、
家には、やたらたくさんギターがあるし、
好きなだけ教えてもらえるわけだから、
「これを機に、もう一回、ギターを弾いてみようっ!」と、思い立ちます。

 

ところがです。

家にあるギターたちは、どれもこれもやたらと重い。
おまけにネックが太くって、
腰の位置にギターを下げるどころか、
座って弾いても、ハイコードがちゃんと弾けない。

 

あ〜あ。

やっぱり私のカラダはギターには向いてないんだ。

本物のGibsonやFenderは、
あたしみたいなチビ手&短腕女には弾けないんだ。。。

と、またしてもあきらめかけたある日、

「だったら、キミのカラダに合うギターを買えばいいじゃない。。」
と、ジェフ夫さん。

やがて、私の手にもしっくりくるギターたちに出会い、
私の腕の長さでも、
充分カッコよく見せられるストラップの長さを見つけ出し、
いいギターはボディが軽くても、弦が細くても、
やっぱりいい音がするのだと学習することになります。

 

身長180センチで大きな手ののジェフ夫さんと、
160センチの私が同じ楽器を弾けば、
操作性に違いが出るのは当然です。

反対にマンドリンのような小さな楽器は、
ジェフ夫さんのような手の人には持てあますに違いありません。

 

さて。

楽器を習得したければ、
まずは自分のカラダときちんと向き合う。
 

たとえ身体条件がどうあれ、
どうしてもギターを弾きたければ、
弾けるようにフォームを工夫したり、
ギターを研究したりするもの。

 

 

ヴォーカリストも同じです。

ヴォーカルを上達したければ、
まず、自分の声ときちんと向き合う。
どの辺まで高い声が出て、どこからチェンジして、
下はどこまで使えて、
どの辺が一番安定感があって。。。

 
きちんと向き合えば、
やるべきことや、付き合い方のコツも見えてきます。

 

 

自分だけにしっくりくる、カラダ使いを見つけましょう。

3453283 - little girl playing with red electric guitar and singing

コアでマニアックなネタをお届けする、ヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』
購読はこちらから。

 - My History, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

  関連記事

ことばの解釈に「正解はない」

高校時代の大半は、ロックとバンドとギター(そして男の子)に夢中で、 「学校の勉強 …

知っていること vs. わかること vs. できること

知っていることと、わかっていることの間には、大きな溝があります。   …

「そんなピッチで気持ち悪いと思わない自分をなんとかした方がいいよ」

「ああ〜〜、やめてぇ〜〜、気持ち悪いぃ〜〜〜っ」 音楽がなんとなくわかった気にな …

「弾き語り」は自分の存在感をアピールできる、 最高にクールな飛び道具だ!

カナダはトロントの郊外の、とあるエージェント宅に居候していた時のことです。 週末 …

目一杯のインプット&勝負をかけてのアウトプット

どんな人にも、 スキルを上げるべく、目一杯インプットしたり、 勝負をかけて、アウ …

「彼の演奏は完璧だ。だけど、彼の演奏はEmpty(空っぽ)なんだ。」

「この歌手は”お上手”過ぎて、面白くもなんともねーな。」 …

歌の学校やレッスンに通う 5つのメリット

「そもそも、音楽やるのに、 なんで学校なんか行く必要があるわけ? 自分の問題なん …

「売れないアーティスト」の回顧録

自分の心がおもむくままに、 なにかをクリエイトすることは、 私の癖のようなもので …

「とにかくやる」

「やりたくないときほど練習をすると、やってよかったと思えるわよ」   …

「曲の可能性」をありったけ取り出す

大好きで、よく引用することばに、 世紀の名ピアニスト・ホロヴィッツの 「楽譜は紙 …