大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「認められたい」という思いを叶える方法

      2016/10/27

「音楽ビジネスって、社交クラブみたいなものなのよ。
一度中に入れば、そこから自然に回っていくの。
クラブに入りたかったら、とにかくドアをノックし続けることね。
ドアが開くまでノックし続ければ、いつかはドアが開くものよ。」

スタジオに、サポートにと仕事は順調なのに、
今ひとつ自分自身のシンガーとしてのキャリアがパッとしなくて、
悩んでいた頃のことです。

某自動車メーカーのCMの音楽制作で、
プロデューサーアシスタント兼通訳として、ロンドンに出張に行きました。

音楽を担当していたのは、クリスティーナという女性のシンガーソングライター。
当時の私より、少し若かったように記憶しています。

イギリス側のプロデューサーは、
世界的に著名なミュージシャンの仕掛け人、ピーター・ジェンナー。
スタジオもスタッフもミュージシャンも一流で、ため息が出るほどでした。

クリスティーナと二人きりになったとき、思わず聞きました。

「私も単なるシンガーとして仕事をするばかりではなく、
自分の書いた作品をいつか世に出したいと思っているの。
あなたのように世界的にメジャーな人たちと制作できるの、うらやましいわ」

冒頭のことばは、そのとき、クリスティーナが言ったことばです。

「ドアが開くまで、叩き続ければいい」

根性論ではありません。
これが「コミットメント」なのだと思いました。

つまり・・・

・ドアを開かせるんだと、決意すること。

・ドアが開くまで、叩き続けるんだと、覚悟すること。

・ドアはいつか開くんだと、信じること。

いつか認められたいという思いを叶える方法は、これしかないのだ。

そんな、クリスティーナの情熱的なことばを聞き、
感動すると同時に、とても不安になったのを覚えています。

コミットメントできるのは、自信があるから。

私なんかに、誰かがドアを開いてくれるわけがない・・・

このままドアを叩いているうちに、どんどん年とって、
どんどん相手にされなくなって・・・そうなったらどうしたらいいの?

ドアが開くなんて、一握りの選ばれた人だけに起きることなんじゃないの?

さまざまな疑問や不安がくびをもたげます。

その葛藤に打ち克つこともまたコミットメント。

ドアを叩き続ける勇気。
それが可能であるという、根拠のない自信。

結局そんな、目に見えない、形のない力が、
自分自身をドアの向こうに連れて行ってくれる。

あの時の、クリスティーナと私の会話に、今、加われるなら、
こう言いたい思いです。

「ドアは、誰かが開けてくれるのではない。自分で開くものよ。」

8816847_s

明日、1月9日(金)、お昼ごろメルマガを発行します。
今回のインサイドストーリーは、このときロンドンのスタジオで学んだ、ポジティブチェックの力、『Marvelous!Brilliant!Fantastic!(すごい!最高!すばらしい!)』をお届けします。

バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 - プロへの突破口, 夢を叶える

  関連記事

『The ワークショップ Show』という挑戦

ヴォイス&ヴォーカルトレーナーとして、著者としての記事はB面、 ヴォーカリスト、 …

なかなか芽が出ないのは、ずどんといきなり成長するための準備。

毎日がんばっているのに、なかなか結果が出せない。 現在進んでいる道が正しいのか、 …

「やりたいことなのにがんばれない」の7つの理由

「やらなきゃいけないって、わかってるんですけどね・・・」 「いや、本当にやりたい …

「やってみたいこと」を「できること」「やったこと」に変える

「やってみたい」と思うことは、いくつくらいありますか?   特定の場所 …

結果が見えなくても、愚直に続ける勇気

たくさんのミュージシャンやアーティストたちを見て来て、いつも思うこと。 結局、近 …

「あなたの勲章なんかに他人は興味ないんですよ」

かつて著者の勉強をするために、 『プロフィール講座』というセミナーに通ったことが …

「譜面なんか読めなくてもいいっすよね?」

「音楽、やらないんですか?」 一般の方とお話していて、ふとそんな質問をすると、 …

”想い”を形にする

ゆりかもめに揺られてお台場をながめるとき、 いつも、いつも、心によぎる思いがあり …

「自分の感性をリセットする」

一昨日の『The ワークショップ Show』を振り返って、 今日は自分自身のこと …

意味ある「1」を積み重ねる

「小さいことを積み重ねるのが、 とんでもないところへ行くただひとつの道だと思って …