大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「イケてないアンサンブル」を打破する方法(準備編)

   

大学や専門学校のカリキュラムの中には、
与えられた課題曲を、バンド形式で演奏するという、
いわゆる「アンサンブル」の授業があります。

課題曲といっても、
ごくスタンダードかつシンプルなポップスやロック、R&Bが中心で、
クラシックやジャズ、フュージョンなどのような、
複雑なテクニックが要求されるような曲はまれ。

さらに1〜2週間前から、音資料に加え、ご丁寧に譜面までもらって、
授業に備えられるわけですから、

音大生や専門学校生を丸1年〜2年もやっているような生徒なら、
ちょっと練習すれば、一通りの演奏はできるはずです。

しかし、実は、8割以上が、ちゃんとした演奏にならない。

 

マトモに練習してこない、なんてのはもちろん問題外なんですが、
どうやらある程度練習してきたらしい子でも、
びっくりするくらい曲がわかっていない。イケてないのです。
譜面は追えているし、
書かれていることはとりあえずやれている。

それなのに、全然、演奏にならない。
どうしたわけでしょう。

 

例えば、ずいぶん昔のことになりますが、
課題曲に”Little Wing”を選んだときのこと。

この曲は、ジミ・ヘンドリックスの泣かせるギターイントロが、
あまりにも有名な曲なのですが、
そこで、とある生徒が、
いきなりパワーコードで、じゃんじゃかじゃかじゃか♪と
弾き始めたのです。

「ちょっと待ったぁ〜っ!何その曲?」
と、びっくりして演奏を止めて、
曲の成り立ちや、イントロの大切さを説明した私に、
「わかりました。オリジナル通り、コピーすりゃあいいんですね。」
と、わかったような顔をして言い放った某ギター科の研究生。

まぁ、彼のその後の運命についてはここでは触れませんが、
もちろん、そういうことではない。
完コピである必要はないけれど、
曲の持っているテイストやグルーブを理解することなしに、
その曲は演奏できなません。

曲が全然わかってないから、
デリカシーのない演奏になってしまう。

先生方は、テイストやグルーブ、音色などを盗んで、
自分のものにするために、「完コピをしろ」と、勧めるわけです。

 

こんなこともありました。

ブラスセクションのフレーズが非常に印象的なとある曲を
バンド編成の問題で、キーボードが担当したときのこと。

フレーズは実にシンプル。
確かに譜面通り弾けています。
でも、音色といい、ダイナミクスといい、音符の長さや切り方といい、
とにかくしょぼくて、びっくり。

「この曲って、とにかくブラスが肝だから、
もうちょっとなんとかならないかしら?」

と、言う私に、困ったような顔で、
「でも〜・・・このキーボードって、こういう音なんで・・・」
といいながら、音色を探すガールズ。

しかし、音色だけの問題じゃありません。
曲をちゃんと聴いてくれば、
知らん顔して演奏をはじめる前に、自分なりに準備してくるなり、
質問するなり、できるはずなんです。

実際、とある男子生徒は、レッスン室にあるキーボードには目もくれず、
休み時間にガラガラと自分の機材を運び込んでセッティングをし、
完璧に近い音色で演奏をしていました。

これが準備というものです。

 

他にも、
ブルーノートを完全に無視して、
青空よりも明るくR&Bやブルース系のリフを弾いてしまう子、

Rockバラードというのに、
テンションだらけのベースフレーズで音の間を埋めてしまう子、

跳ねているリズムを知らん顔して、
根性ビートで叩いてしまう子・・・などなど、

KYにもほどがあります。。。

 

テクニックがないわけじゃない。
練習してきていないわけじゃない。
不真面目なわけでもなければ、
無駄にオリジナリティを出そうとして、奇をてらっているわけでもない。

 

一体全体、なぜなんだろうと、さんざん悩んだ結果、

「彼らが、課題曲を『音楽』として聴けていないから。」
という結論に至りました。

つまり、「木を見て森を見ず」なのです。

 

無難に、そつなく、役割をこなそうと必死になるあまり、
自分のパートだけに焦点を当てて、
肝心の音楽としてのその曲を理解できていない。聴けていない。

自分のパートだけ抜き出して聴いて、とりあえず練習しているけれど、
メロディも、アレンジ全体も全く見えていない状態。

曲のテイストやグルーブなど、わかるはずもありません。

これでは、どんなに練習しても、
「イケてないアンサンブル」のままです。

さあ、本題。
「イケてないアンサンブル」を「イケてるアンサンブル」にするために、
個人レベルで、すべき準備は・・・

 

1.とにかく曲を聞き込むこと。

楽器を置いて、じっくり音源を、何度も聞く。
他の楽器が何をしているのか。
歌と演奏はどんな関係性を持っているのか。
焦点を当てるポイントを変えて、聞き込んでいきます。

2.歌ってみること。

歌詞なんか適当でかまいません。
演奏しながら、歌う。
それだけで、曲のグルーブへの理解が圧倒的に深まります。

3. 踊ってみること。

音楽はフィジカルなものです。
カラダを動かして、はじめてグルーブがわかります。
音に身をまかせるうちに、さまざまな音が聞こえてくるものです。

4. youtubeなどを見ること。

耳から情報が拾えないなら、視覚情報を頼ってみましょう。
多くの人が、聴覚より、視覚からの方が情報を拾いやすいものです。
こんな素晴らしい時代に生きているのだから、
アドバンテージを生かして欲しいものです。

5. さまざまなカバー・バージョンを聞いてみること。

スタンダードな曲は、
世界中のミュージシャンにカバーされているものです。
youtubeやitunesで探せば、いくらでも出てきます。
(日本のサイトで出てこなければ、
英語のサイトや、米国英国のituneストアなどを利用する)
カバーを聞けば、共通するグルーブや、
鉄板の崩してはいけないフレーズなどがわかるものです。
  

今日の話はとっても大切なので、ものすごく長文になってしまいました。

どんなに技術があっても、譜面が読めても、
曲のテイストがつかめない人、グルーブがわかっていない人、
アンサンブル的にKYな人はプレイヤーとして、絶対に成功できません。

心して、修行に励みたいものです。

3250416_s

 

 - イケてないシリーズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「あの人はうまい」といわれる歌とは?

「あの人はうまい」といわれる歌と、そうでもない歌。 誰もが、「なんとなく」歌の善 …

「イケてないメンタル」を打破する

本番になると、やたらミスばかり犯してしまう。 プレイは悪くないんだけど、いまひと …

条件が不利な人ほど、熱意がある

優秀なボイストレーナーのレッスンに通い、 思う存分自主練習を積み、めきめき上達す …

それでいいの?「イケてないリハーサル準備」

知らない曲を演奏することになったとき、 リハーサルまでに、あなたはどんな準備をし …

「腕は良いのに仕事が来なくなる人」

音楽業界には、 「なんであの人に、あんなに仕事くるんだろうね〜?」と影で噂される …

「練習しなくちゃ」と思ってしまう時点で、 ダメなんです。

「やらなくちゃいけないってわかっているんですけど、なかなかできなくて・・・」 & …

「曖昧なこと」「わからないこと」を放置しない

歌や楽器の上達のために必要不可欠なことは、 「曖昧なこと、わからないことを排除し …

ちゃんと「1x人数分」の声出てますか?

「赤信号 みんなで渡れば恐くない」 昭和の時代に流行ったジョークです。 &nbs …

「音の立ち上がり」を正確にとらえる

歌い出す瞬間の音。 音を移動するとき、音の階段を上った、その瞬間の音。 その瞬間 …

「ツボ」をはずした練習は、単なる自己満足であり、時間の無駄。

実は私、とっても足が遅いのです。   いきなり、しかもB面で何を言い出 …