大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「できる人」が集まる環境に身を置く

      2016/10/27

音楽のセンスや、ことばのセンスを磨いたり、
きらりと光る知性を身につけたり、
楽器の腕前をめきめきと上げたりするには、

さまざまな音楽を聴く、本を読む、
地道な練習や勉強をすることなどが、必要不可欠です。

しかし、実は、それらすべての効率を劇的に上げる、
非常にシンプルな裏技(?)があるのです。

 

それは!ずばり、

できる人と親しくなること。

そして、できる人が集う環境に身を置くこと。

 

「門前の小僧習わぬ経を読む」ということわざがありますが、

人が、日々、何の気なしにインプットしている情報量は、
実に莫大なものです。

例えば、「聞き流すだけで英語がしゃべれるようになる」という、
英会話教材の宣伝文句は、やや誇張気味かもしれませんが、

実際に英国や米国に長いこと滞在すれば、
たいした勉強をしなくても、気がつくと、
かなりの英語力が身についています。

それもそのはず、目が覚めてから、寝る瞬間まで、
目に入るすべての文字情報は英語で書かれています。
さらに、耳から入ってくることばも、自分が話すことばも英語。
英語ネイティブの中に身を置くだけで、
ボキャブラリーだけでなく、ことばのニュアンスや、
発音のセンスまでが磨かれていくのです。

やがて、気がつけば、英語をぺらぺらとしゃべるようになっている、というわけです。

 

同じことが音楽にも言えます。

優秀な人たちの中にいれば、
その人たちがどんなことにフォーカスして音楽を聴いているか、
何に注力して演奏しているか、などの、
「肝(きも)」のようなものがわかるようになります。

交わす会話の中に、
つかうことばや、聞く音楽の中に、
未知の、さまざまな情報がちりばめられ、

やがて、そうした人たちのこだわりや、センスのようなものが、
染みこむように、自分の血となり、肉となります。

気がつけば、自分自身の実力もぐんとあがっている。
不思議なようですが、これが本当の意味での「学習」なのでしょう。

これは、同じレベルの仲間の中にいたのでは、けしてわからないこと。

プロになっても同じです。
常に、自分より一歩も二歩も前を行っている、
優秀な人たちの中に身を置くようにすることで、
自分自身もどんどん磨かれて、ステップアップしてゆくのです。

もちろん、優秀な人たちに囲まれて、いい気分になっているだけではダメです。

「○○さんと知り合いなんだよ」などと、
他人に触れ回ることに、意味などありません。

冒頭であげたように、自分自身の努力は絶対必要ですし、
なにごとも貪欲に、素直に、吸収しようとすることも忘れてはいけません。

グレードが違う人たちの中に入っていくことは、簡単ではないと
感じる人もいるでしょう。

そんな人、どこにいるの?と思う人もいるかもしれない。

大事なことは、そうしたマインドを持つということ。
そして、アンテナを立てておくこと。
そんな人に、縁や運は訪れます。
そういうものです。

 

7927391_s

 

しばらくぶりに、明日のお昼ごろ発行するメルマガ。
インサイドストーリーでは、優秀な人たちと過ごすことができたおかげで、
私が学んできた、さまざまなことを、ご紹介します!

バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 

 

 - The プロフェッショナル, プロへの突破口, 夢を叶える

Comment

  1. TAKA より:

    一流のプロミュージシャンがライヴハウスに出て、終演後、気さくに客席でお客さんとおしゃべり・・・・・なんてこと、よくありますよね。

    ならば、そんなライヴを観に行って、すぐにライヴの感想を伝えに行って、そのついでに「自分も音楽やってます」って話につないでいって会話を拡げていく・・・・・・すぐに実践可能な「プロとの接点を創る方法」ですよね。

    でも、プロのシンガーとして世に出ることを目指しているはずなのに、その程度のことをやらない。その一方で、自分と同レベルの仲間や限られた数のファン(?)と付き合ってばかりいる。慣れ親しんだ心地よい世界から出ない・・・・・・そんな知人が複数います。

    いいものを持ってたりするので、非常に残念なんですが・・・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「今日はノドの調子が悪くて・・・」

誰にだってのどの調子の悪いときというのはあります。 どんなに気をつけていても、あ …

「違和感」をスルーしない

「違和感」は、ふわっと舞い降りる感覚です。   レコーディング中プレイ …

歌詞カードを丸暗記するより大切なこと。

本番直前になると、こういうブログを書いていることを、心の底から後悔します。 &n …

「ライブのダメ出し」のタイミング?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015年11月2 …

自分を好きになるということ。

こどもの頃から、 自分じゃない人間になりたいと思っていた年月があまりにも長くて、 …

スタートを切る

いつも「空想」に成り下がる 私の思考 私の思想 人に甘え 時代に溺れ 平凡な日々 …

ライブの選曲、どうします?

3月2日のMaybe’sライブのリハーサルがはじまりました。 基本2 …

「売れてるミュージシャンに見せる方法」?

今日は、若かりし頃、先輩ミュージシャン、業界の人たちから教わった、 「売れてるミ …

憎っくき「容姿端麗組」に負けない方法

認めたくはないですが、 こんなこと書くのもちょっぴり悔しいですが、 ハッキリ言っ …

自分自身こそが「最も手強いオーディエンス」だ

「観客のことは意識しないことにしている。 クリエイトするときはいつもそうだ。 ま …