大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

うまくならない子の思考

   

「うーん。先週とちっとも変わってないんだけど、練習したの?」

前の週に指摘した間違いがちっとも直っていない。
教えたことがさっぱりできていない。

「先生」を始めて数年目の若かりし私。
そんなことが何週か続いて、
さすがにイラッとしてしまったのでした。

「しましたよ。もちろん。
毎日、スタジオ入って1時間以上練習してます!」

私の口調に、なんだかムッとしてそう返事する彼。

そんな風に言われちゃったら、わたくし、
ちょっとテンション上がってしまいます。

「結果が出せないことを何時間やっても、練習とは言わないの。
それは時間の無駄というの。」

思えば学生に対して、キツいひとことですが、
うーーん。。。今でも同じシチュエーションだったら、
きっと同じことを言うかなぁ。。。

その時の彼の返しが、もう前代未聞でした。

「じゃ、先生。ボクの練習の録音聞いてもらって、
何が悪いのか、言ってもらっていいですか?」

 

「練習」とは工夫です。

「学習」とは学ぶほどに生まれてくる疑問を解決していく力です。

 

何のためにやっているのか、
問題意識を明らかにせず、
「言われたからやっている」ようでは、
どんな練習も、結果が出るわけはありません。

集中して、一所懸命練習して、
結果が出ていないと言われたら、
そこで立ち止まって考えるべきことは山ほどあります。

・同じ練習をしているはずなのに、何故自分だけ上達しないのか?

・説明をきちんと捉えられていないのではないか?

・自分にはできているかどうかが判断できないのではないか?

・この練習方法は自分には合わないのではないか・・・?

 

言われたことを違った方向から解釈してみたり、
自分自身の歌を客観的にチェックする方法を考えたり、
さまざまな練習方法を調べ、試してみたり・・・

そういう工夫をする人が上達するのです。

 

練習を繰り返すほどに、
わからないことや不安が生まれてくるのはごく自然なこと。

ひとつ解決して前に進むと、
すぐさま別の疑問や不安が自分を襲ってくる。

なにひとつ疑問が生まれないなら、
それは学習しているのではなく、
ただ反復しているだけです。

 

練習方法に正解も不正解もありません。
発声方法に正解も不正解もないのと同じ。
結果を出せる方法が、
自分にとっての「正しい方法」です。

 

自分の頭で考える。
自分の耳で聞く。
自分の感性でジャッジする。

 

そんな力が、最後の最後まで、
自分自身を助け、前に進めてくれるのです。

 

今頃、どこかで立派な社会人になってくれていることを、
心から願っていますよ。
きみ。

【第5期 MTL ヴォイス&ヴォーカル レッスン12】 メルマガ読者さんだけの早割受付スタート!詳しくはメルマガにて。
メルマガ
ご登録はこちらから。

◆ 3月10日(土)【第6回ダイジェスト版 MTL voice & vocal レッスン12】キャンセル待ち受付中。

 

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, イケてないシリーズ

  関連記事

音楽家なら必ず鍛えたい「耳」のお話

耳を鍛えることは、 曲を理解する上でも、楽器や歌の技術や表現力を磨くためにも、 …

「いいね」が消えた日。

他人の評価なんか気にするな。 自分で自分をどう思うかが大切なんだ。 数字のゲーム …

「宝物」と呼べる情報、いくつ持っていますか?

「この写真は19〇×年の△△コンサートのやつだね。 持ってるギターが○○で、ピッ …

「原体験」こそが自分を動かす原動力

「どんな音楽が好きなの?」という問いに、 アイドルやV系スターの名前を言うことが …

歌の練習で絶対にはずせない3つのポイント

連日、ご好評をいただいてます、『デモをつくろうシリーズ』。 今日は6回目です。 …

知っていること vs. わかること vs. できること

知っていることと、わかっていることの間には、大きな溝があります。   …

時間の密度を高める集中のコツとツボ

作品をつくりあげるとき、 制作現場で、 そして、トレーニング、練習、リハーサルで …

コツコツ積み重ねる微差が、逆転勝ちを演出する

自分の生まれは選べません。 生まれたときから、才能やルックスや音楽環境に恵まれて …

歌の練習がきっちりできる人の5つの特徴

「練習しなくちゃと思ってたんですけど、なかなか・・・」   状況にもよ …

で?なにがやりたいわけ?

高校時代、多重録音というものへのあこがれが高じ、 ラジカセをふたつ向かい合わせに …