大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

飽きず、 腐らず、 あきらめず。

      2017/04/17

自らが選んだ道の上で、

人に選ばれ、
人に望まれ、
人に期待されること。

 

人に認められ、
人に愛され、
人に必要とされること。

 
道を志すものなら、誰もが夢見る状況です。

 

選ばれることは、時に重圧になります。

望まれ、認められる中で、
結果を出さなくてはいけない時、
圧倒的な自己不信との戦いで、
崩れ落ちそうになることもあります。

 

縮こまって、バラバラになった、
自分自身の勇気のかけらを拾い集めて、
苦しくても立ち上がらなくてはいけない時もあります。

なんぼのもんじゃい。
お前、なんぼのもんじゃい。
何様じゃい。
なに、カッコつけて、偉そうにしてるんじゃい。

お前なんか、
お前なんか、
お前なんか・・・・

 

鏡の中の自分に、
そう問いただし、泣きたくなるときだって、
きっとあります。

 

 

誰に認められるよりも、
自分に認められる自分自身になることの方が、
ずっと難しい。

 

しかし、

それでも、なんでも、進むのです。
それでも、なんでも、道は続いていくのです。

 

重圧に打ち勝ち、
自分自身を手なずけ、鼓舞し、
いつだって、その時の自分のベストをただ尽くし、

 
人を愛し、
人を大切にし、
そして、可能な限り自分を愛し、

 

飽きず、
腐らず、
あきらめず、

 

長い遠い、曲がりくねった道を
鉛を背負って匍匐前進するようなときも。

ただ、進む。
ひたすら、進む。
自分自身を、前に運ぶ。

 

それが、道を歩むものの生き方です。

進み続けられることこそが、
道を歩むものの、幸せです。

 
出会う人たちに支えられて、
一歩でも、一歩でも前に進み、
そんな人たちにいつか何かを、
お返しできるようにと。

 

そして、その道を歩む喜びを知ったとき、
すべてを捧げる「覚悟」が、
ふっとお腹の奥の方に宿るのです。

 

それは、おとぎ話のエンディングの
「めでたしめでたし」とはまったく違う。

 
時にきゅっと身の引き締まるような、
ぞくぞくっと総毛立つような、
それでいて、心もカラダも、
充実感で満たされるような、

 
そんな時間の連続こそが、
きっとたどり着きたい、ゴールなのです。

 

Keep on dreaming.

コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』
購読はこちらから。

 - Life

  関連記事

あなたが結婚式で歌って欲しい洋楽曲、なんですか?

職業柄、 結婚式などの余興で歌を頼まれることがよくあります。 2人の若者にとって …

わかってないのは、そいつの方じゃないのか?

「自分のこと、めっちゃ美人だと勘違いしてる、ぶっさいくな女っているよね? &nb …

no image
安心領域から出る

「自分の年収は親しい友達10人の年収の平均だ」という説があります。 親しい人とい …

学習や休養のためのスケジュールを優先的にブロックする

仕事が忙しくなって自由な時間がなくなってくると、 自分が本来取り組みたかったはず …

予定調和をぶっ壊せ!

どんなにイケててカッコいい人にだって、 だっさい時代やダメダメな瞬間は絶対あった …

音楽を「職業」にしないという選択

若い頃から音楽を志して、寝る間も惜しんで練習や創作、 ライブ活動に打ち込んで来た …

文化は「オタク」と「変態」、そして「ドM」がつくる

忙しがる人は好きじゃないのですが、 最近、自分もそんな、自分が好きじゃない類の人 …

人生はリハーサルのない、1度限りのパフォーマンス

ひとりのミュージシャンの生涯には、 どのくらいの苦悩や葛藤、挫折があるのでしょう …

「可能」を生きる

「一体いつから、できない理由を先に数えるようになったんだろう。 可能性に胸躍らせ …

欲しい情報は、ありとあらゆるところにみつかる

「カラーバス効果」ということばをご存じでしょうか?   心理学用語で、 …