大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

飽きず、 腐らず、 あきらめず。

      2017/04/17

自らが選んだ道の上で、

人に選ばれ、
人に望まれ、
人に期待されること。

 

人に認められ、
人に愛され、
人に必要とされること。

 
道を志すものなら、誰もが夢見る状況です。

 

選ばれることは、時に重圧になります。

望まれ、認められる中で、
結果を出さなくてはいけない時、
圧倒的な自己不信との戦いで、
崩れ落ちそうになることもあります。

 

縮こまって、バラバラになった、
自分自身の勇気のかけらを拾い集めて、
苦しくても立ち上がらなくてはいけない時もあります。

なんぼのもんじゃい。
お前、なんぼのもんじゃい。
何様じゃい。
なに、カッコつけて、偉そうにしてるんじゃい。

お前なんか、
お前なんか、
お前なんか・・・・

 

鏡の中の自分に、
そう問いただし、泣きたくなるときだって、
きっとあります。

 

 

誰に認められるよりも、
自分に認められる自分自身になることの方が、
ずっと難しい。

 

しかし、

それでも、なんでも、進むのです。
それでも、なんでも、道は続いていくのです。

 

重圧に打ち勝ち、
自分自身を手なずけ、鼓舞し、
いつだって、その時の自分のベストをただ尽くし、

 
人を愛し、
人を大切にし、
そして、可能な限り自分を愛し、

 

飽きず、
腐らず、
あきらめず、

 

長い遠い、曲がりくねった道を
鉛を背負って匍匐前進するようなときも。

ただ、進む。
ひたすら、進む。
自分自身を、前に運ぶ。

 

それが、道を歩むものの生き方です。

進み続けられることこそが、
道を歩むものの、幸せです。

 
出会う人たちに支えられて、
一歩でも、一歩でも前に進み、
そんな人たちにいつか何かを、
お返しできるようにと。

 

そして、その道を歩む喜びを知ったとき、
すべてを捧げる「覚悟」が、
ふっとお腹の奥の方に宿るのです。

 

それは、おとぎ話のエンディングの
「めでたしめでたし」とはまったく違う。

 
時にきゅっと身の引き締まるような、
ぞくぞくっと総毛立つような、
それでいて、心もカラダも、
充実感で満たされるような、

 
そんな時間の連続こそが、
きっとたどり着きたい、ゴールなのです。

 

Keep on dreaming.

コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』
購読はこちらから。

 - Life

  関連記事

旅の準備がさくさく進む「持ち物リスト」

「週末から『びぃた(旅)』なんだよね」 「オレなんか、8月は10日間『出っぱなし …

「 自己評価 x 体感努力量 」vs.「他人の評価 x 仕事の成果」

学生時代、こんな人は回りにいませんでしたか?   試験の朝、 「俺、め …

「時間」

少し前までは平成生まれと聞くと、 隔世の感があって、がっくりきたものですが、 今 …

「いつはじめるか」じゃない、 「いつまで続けるか」が重要なのだ。

「やっぱりピアノは幼稚園くらいからはじめないと、モノにならないわよ。」 &nbs …

間違えるなら大胆に間違える。

ここ数日、あまり慣れないことに取り組んでいます。 慣れないことに取り組んでいると …

「夢喰って生きられないぞ」

大学3年だったか、それとも4年生だったか。 アルバイトをしていた東京タワーのおみ …

小さな選択の連続がやがて大きく流れを変える。

人生にはいわゆるターニングポイントというのがあります。 それがいつ訪れるのかはわ …

けなし上手 vs. 誉め上手

「MISUMIは音痴だからさぁ。」 「ほら、あんたって、お勉強はできるけど人間的 …

逆境に感謝を。逆境に陥れようとする「そいつ」にはリベンジを。

「絶対に、あいつの方が、オレより可愛がられてる。」 「なんで、あの子ばっかりチヤ …

カラダを粗末に扱わない。

カラダは神様がくれる、生涯たったひとつの大切な宝物。 大切につかえば、ちゃんとこ …