大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

飽きず、 腐らず、 あきらめず。

      2017/04/17

自らが選んだ道の上で、

人に選ばれ、
人に望まれ、
人に期待されること。

 

人に認められ、
人に愛され、
人に必要とされること。

 
道を志すものなら、誰もが夢見る状況です。

 

選ばれることは、時に重圧になります。

望まれ、認められる中で、
結果を出さなくてはいけない時、
圧倒的な自己不信との戦いで、
崩れ落ちそうになることもあります。

 

縮こまって、バラバラになった、
自分自身の勇気のかけらを拾い集めて、
苦しくても立ち上がらなくてはいけない時もあります。

なんぼのもんじゃい。
お前、なんぼのもんじゃい。
何様じゃい。
なに、カッコつけて、偉そうにしてるんじゃい。

お前なんか、
お前なんか、
お前なんか・・・・

 

鏡の中の自分に、
そう問いただし、泣きたくなるときだって、
きっとあります。

 

 

誰に認められるよりも、
自分に認められる自分自身になることの方が、
ずっと難しい。

 

しかし、

それでも、なんでも、進むのです。
それでも、なんでも、道は続いていくのです。

 

重圧に打ち勝ち、
自分自身を手なずけ、鼓舞し、
いつだって、その時の自分のベストをただ尽くし、

 
人を愛し、
人を大切にし、
そして、可能な限り自分を愛し、

 

飽きず、
腐らず、
あきらめず、

 

長い遠い、曲がりくねった道を
鉛を背負って匍匐前進するようなときも。

ただ、進む。
ひたすら、進む。
自分自身を、前に運ぶ。

 

それが、道を歩むものの生き方です。

進み続けられることこそが、
道を歩むものの、幸せです。

 
出会う人たちに支えられて、
一歩でも、一歩でも前に進み、
そんな人たちにいつか何かを、
お返しできるようにと。

 

そして、その道を歩む喜びを知ったとき、
すべてを捧げる「覚悟」が、
ふっとお腹の奥の方に宿るのです。

 

それは、おとぎ話のエンディングの
「めでたしめでたし」とはまったく違う。

 
時にきゅっと身の引き締まるような、
ぞくぞくっと総毛立つような、
それでいて、心もカラダも、
充実感で満たされるような、

 
そんな時間の連続こそが、
きっとたどり着きたい、ゴールなのです。

 

Keep on dreaming.

コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』
購読はこちらから。

 - Life

  関連記事

「目」にパワーを宿す

「いい顔をしている」。 「目に力がある」。 「面構え(つらがまえ)がいい」。 & …

91センチの挫折

自己啓発書の普及の名作といわれる『思考は現実化する』には、 金が採れるといわれる …

「失敗しても、それでいいんだ」

「失敗しても、それでいいんだよ」   ここぞと言うときに、人は、さまざ …

「答え」が違うのじゃない。そもそも「質問」が違うのだ。

ずいぶん昔のお話です。   雑誌の付録に「美人顔の条件」というようなの …

「変化」を恐れずに生きる

10代の頃は、10代のうちに死にたいと思っていました。 10代が一番美しい。 穢 …

「雰囲気」とは身にまとうもの

「わかってないなぁ。 ああいうスキャンダラスな雰囲気、お前、出せるわけ?」 &n …

「弾き語り」は自分の存在感をアピールできる、 最高にクールな飛び道具だ!

カナダはトロントの郊外の、とあるエージェント宅に居候していた時のことです。 週末 …

「続けること」のチカラ

今、どうしても叶えたいことがあったとして、 それがこの先10年間、 コツコツ何か …

ちゃんと寝ろっ!

「えぇええ〜〜っ!MISUMIさんともあろう方が、 今さら、そこですかぁ〜〜〜っ …

18才のように夢見て、38才のように考察し、28才のように行動する。

18才のとき、夢は無限大でした。 自分自身にも、自分の可能性にも、未来にも、なん …