大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

パッションこそが推進力

   

「ボーカル、どうしてやりたいの?」
かつて教えていた音楽学校で、こんな質問をしたことがあります。

「やっぱり、うまくなりたいんで。」

「なるほど。じゃ、なんでうまくなりたいの?」

「プロになりたいんです。うまいと言われたいし、
自分でもうまいと思えるようになりたいなと・・・」

 

・・・プロになりたい。うまくなりたい。
だから、一所懸命練習する、毎日レッスンや学校にくる。
とても真面目な考え方で、素晴らしい。

でも、ときに、そうした想いの背景にある、
自分自身の原初的な想いに立ち返ってみたい。

うまくなりたいのも、プロになりたいのも、
手段であり、プロセス。

本当の「理由」や「目的」や「動機」は、
もっと感情的なものではなかったか?

 

 

「ひょ〜〜っ!かっちょいい〜〜っ!」であり、

「この『熱い想い』を、外に出したい!」であり、

「女の子にモテた〜〜い!」であり、

「あんな音出せたら、絶対気持ちいいっ!」であり、

「『俺ってカッコいい!』『私ってイケてる!』と感じたい!」・・・

なのではなかったか?

 

そんな、想いを実現するため、表現するために、
「うまくなりたい」のではなかったか?

 

人を突き動かす衝動、感情の力は実に強烈です。
音楽の勉強を続けていると、
うまくなることや、巧妙な曲を書くことことが
目的のようになってしまって、
自己否定に終始するようになります。

 
自分自身の才能の限界を感じ、時間の限界を感じ、
どんどん苦しくなってしまうときがあります。

 
しかし、音楽への想いはパッション。
わくわく、ドキドキ、どっかぁ〜〜ん、です。

 
そんなパッションを押し殺したり、取り繕ったり、
置き去りにしたりしてはいけない。
 

まして、自分の「好き」を否定してはいけない。

 

パッションの力が一番強烈。
夢を叶えるのは、パッションです。

 

自分の衝動や感情を、もっともっと表に出していいのです。
 

好きな音楽に、ワクワク。
自分自身の可能性に、ドキドキ。
毎日の出会いに、どっかぁ〜ん。

 

煮詰まったときは、好きな曲をたくさん聞いて、
いい気分になって、
そんなパッションを全身で、思いきり感じたい。

 
練習じゃなく、思考でもなく、
パッションこそが、自分を前に進めてくれる推進力だからです。

 

38256485_s

 - 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

『想い』が数字をつくるのだ。

「みなさんはどんな規模のビジネスを立ち上げたいんですか? ビジネスモデルをちゃん …

「プロになりたい」

音楽学校に通いながら、 バンドでのライブを中心に活動していたアマチュア時代。 「 …

「学び」とは、夢を叶えるためにあるのだ。

「先生はさぁ、こどもの頃、何になりたかった? パイロット〜?それとも、プロ野球選 …

「逃した魚」は、きっと毒入り!?

「チャンスの神様には前髪しかない」(Seize the fortune by t …

どうせ見えない未来なら、明るい側面だけを期待して生きる。

「MISUMI、そんなことしてて、将来どうするつもりなの?」 思春期の頃から、ア …

デビューを夢見る若者は「白馬の王子さまシンドローム」?

白馬の王子さま。   苦しい人生を一転させてくれる、素敵な男性の代名詞 …

ウサギとカメはどっちがすごい?

私の生涯の夢のひとつに、 「徒競走で旗の下に座りたい」というのがあります。 笑え …

「やりたい」と「やる気がある」は月とスッポンほど違うんだ。

先日、著名なアーティストの方と、 その方のお子さんが、 「音楽に興味があると言っ …

文化は「オタク」と「変態」、そして「ドM」がつくる

忙しがる人は好きじゃないのですが、 最近、自分もそんな、自分が好きじゃない類の人 …

「バンドやりたい!」を叶える5つのチャレンジ

「バンド、やりたい!」 そう思ってはいても、なかなか、一歩を踏み出せない。 &n …