大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

パッションこそが推進力

   

「ボーカル、どうしてやりたいの?」
かつて教えていた音楽学校で、こんな質問をしたことがあります。

「やっぱり、うまくなりたいんで。」

「なるほど。じゃ、なんでうまくなりたいの?」

「プロになりたいんです。うまいと言われたいし、
自分でもうまいと思えるようになりたいなと・・・」

 

・・・プロになりたい。うまくなりたい。
だから、一所懸命練習する、毎日レッスンや学校にくる。
とても真面目な考え方で、素晴らしい。

でも、ときに、そうした想いの背景にある、
自分自身の原初的な想いに立ち返ってみたい。

うまくなりたいのも、プロになりたいのも、
手段であり、プロセス。

本当の「理由」や「目的」や「動機」は、
もっと感情的なものではなかったか?

 

 

「ひょ〜〜っ!かっちょいい〜〜っ!」であり、

「この『熱い想い』を、外に出したい!」であり、

「女の子にモテた〜〜い!」であり、

「あんな音出せたら、絶対気持ちいいっ!」であり、

「『俺ってカッコいい!』『私ってイケてる!』と感じたい!」・・・

なのではなかったか?

 

そんな、想いを実現するため、表現するために、
「うまくなりたい」のではなかったか?

 

人を突き動かす衝動、感情の力は実に強烈です。
音楽の勉強を続けていると、
うまくなることや、巧妙な曲を書くことことが
目的のようになってしまって、
自己否定に終始するようになります。

 
自分自身の才能の限界を感じ、時間の限界を感じ、
どんどん苦しくなってしまうときがあります。

 
しかし、音楽への想いはパッション。
わくわく、ドキドキ、どっかぁ〜〜ん、です。

 
そんなパッションを押し殺したり、取り繕ったり、
置き去りにしたりしてはいけない。
 

まして、自分の「好き」を否定してはいけない。

 

パッションの力が一番強烈。
夢を叶えるのは、パッションです。

 

自分の衝動や感情を、もっともっと表に出していいのです。
 

好きな音楽に、ワクワク。
自分自身の可能性に、ドキドキ。
毎日の出会いに、どっかぁ〜ん。

 

煮詰まったときは、好きな曲をたくさん聞いて、
いい気分になって、
そんなパッションを全身で、思いきり感じたい。

 
練習じゃなく、思考でもなく、
パッションこそが、自分を前に進めてくれる推進力だからです。

 

38256485_s

 - 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「続けること」のチカラ

今、どうしても叶えたいことがあったとして、 それがこの先10年間、 コツコツ何か …

悪口や嘲笑で人生を無駄遣いするな。

あなたのまわりには、「こいつ、すごいなー」と思える人、 何人くらいいるでしょうか …

誰かに「習う」前にやるべきこと、できること。

楽器や歌をはじめたいと思うと、 「とりあえず、スクールや個人の先生を探さなくちゃ …

自分の「本気」が試されるとき

このブログを通して、ポジティブシンカーで、 挫折知らずのような印象を与えているか …

完成しない作品は、「作品」ではない

ずいぶん昔。 ユーミンがとあるラジオ番組で、 「美大で日本画を専攻していた」とい …

結果が見えなくても、愚直に続ける勇気

たくさんのミュージシャンやアーティストたちを見て来て、いつも思うこと。 結局、近 …

プロの世界で活躍できる子たちの5つの違い

学年の終わりが見えてくるこの時期、 口には出さないけれど、みんな、心の中で 将来 …

18才のように夢見て、38才のように考察し、28才のように行動する。

18才のとき、夢は無限大でした。 自分自身にも、自分の可能性にも、未来にも、なん …

セルフ・プロデュース時代を勝ち抜ける

「事務所に入りたい」 「メジャーデビューしたい」 そんな夢を抱いて、オーディショ …

「ケツかっちん」を利用する。

「ライブやりたいなら、とりあえず、小屋から押さえちゃえばいいのよっ!」 &nbs …