大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

”想い”を形にする

   

ゆりかもめに揺られてお台場をながめるとき、
いつも、いつも、心によぎる思いがあります。

 

「誰が最初に、ここにビルを建てようって言ったんだろう・・・?」

 

品川に生まれ育って、何にもなかった、ただの埋め立て地に、
次々とビルが建ち並ぶのを目の当たりにしてきました。

 

父のこどもの時代は、まだ海だったという、その場所を、
埋め立てて土地にしようと言い出した人。

そして、その場所に、たくさんの人が集まるような、
商業施設や居住区をつくって、電車も走らせて・・・と言い出した人。

 

最初に、そんな、途方もない話を聞いた人たちは、
なんと思い、どんな反応をしただろう。

 

その”想い”を少しでも多くの人に伝えたくて、
企画書を書いた人や、図面を描いた人、
熱いプレゼンを展開した人がいて。

 

 

それがやがて、多くの人の夢になって、
お金や資材や人材があつまって。

 

そして、一歩ずつ、一歩ずつ。

柱の1本1本、パネルの1枚1枚から、
夢が現実に形作られて・・・。

 

 

最初に、”想い”を抱いた人は、今のお台場を見たでしょうか?

 

もし、今も生きているのなら、
どんな気持ちで、あの巨大都市を眺めているのでしょうか?

 
同じような途方もないことを想ったにも関わらず、
街がつくられていくのを、
ただ傍観することになった大多数のひとたちと、
その人は、なにが違ったのでしょうか?

 

“想い”を人に伝えることばや手段をもたなかったのか。

行動しなかったのか。

誰かに話すこともしなかったのか。

単なる絵空事だと、忘れてしまったのか。

 

それとも、自分自身を信じることができなかったのか。

 

 

すべては”想い”からうまれるのです。

絵空事だと笑われようと、
お前には無理だと馬鹿にされようと、
今、目の前に、現実化できる要素がただのひとつもなかろうと、

“想い”にフォーカスし、それを追いかけ、
頭の皮が痛くなるほど考え、
1人でも多くの人にそれを伝えるすべを手に入れ、

信じて、信じて、信じて、突き進む。

 

それこそが唯一の、”想い”を現実化する方法。

そう信じて突き進む。

18971480_s

【day-to-day】
昨日、インストラクター養成コース0期生の修了式をしました。
180ページにもおよぶテキストと、
48時間のインストラクターレッスンのすべてをテープ起こししたという2人。その他にも、個人セッションも山ほどやりました。

修了証書にハンコを押すとき、思わず、こみ上げるものがありました。
2人のエネルギーなしには、テキストは完成しなかったかもしれません。

すでに、プロのインストラクターとして活躍しはじめている2人。

心からのおめでとうと、ありがとうを贈りたいと思います。
FullSizeRender 40

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

セルフ・プロデュース時代を勝ち抜ける

「事務所に入りたい」 「メジャーデビューしたい」 そんな夢を抱いて、オーディショ …

多感なこどもたちにジョークは通用しない

小学生の音楽の授業のときの話です。 「ではこの曲を、誰かに歌ってもらいましょう。 …

「あの頃は不便だったのよ」自慢

兄弟や友人に音楽通がいる人ならともかく、 昭和の時代に、 たったひとりで音楽を学 …

“Discover Book Bar”にてお話させていただきました!

『「自分」が伝わる声ヂカラ』をディスカヴァー21さんから出版させていただいたのが …

「好きなことを仕事にできていいですね。」

「好きなことを仕事にできていいですね。」     はじめてこ …

「もっと遊べ!」という謎のワード

「MISUMIちゃんは、もっと遊ばなくっちゃ。」 来る日も来る日も歌のことばかり …

「続けること」のチカラ

今、どうしても叶えたいことがあったとして、 それがこの先10年間、 コツコツ何か …

手っとり早く「オーラ」を身にまとう方法

「なんか、あの人、オーラがある。」 「あの人がいると、そこだけが輝いて見える。」 …

はじめる年齢が若くたって、ダメな人はダメなんです。

「なにかをはじめるのに遅すぎると言うことはない。」 さまざまなところに、そんな言 …

「今の自分」を信じられないなら、「未来の自分」を信じる

「音楽学校って、夢をあきらめるためにくるところだって、先輩が言ってました」 &n …