大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

やりたいことは、「今」はじめる。 10年続ける。

   

無条件に何かを「楽しい」と感じられるようになるまで、
人は何かしらの学習を積み重ねなくてはいけません。

 

 

どんなに書くことが好きな人も、
ペンを持ち、読み書きができるようになり、
自分の感じたことを文字にできるようになるまで、
人生のかなり最初から、最低でも10年、
おそらくは15年近くの年月を要するはずです。

 

ことばも同じです。

なんでも、感じるままにことばが口から出てきて、
自分や相手の心のひだを共有できるようになるまで、
やはり最低でも10年くらいの年月は必要で。

 

年齢と共に学習のスピードがはやくなるものと、
反対に遅くなるものがあるでしょうが、

この「最低でも10年」というのが、
あることを「楽しい」と感じられるまでの、
ひとつのラインではないでしょうか?

 

ところがね。人間は年を取ると共に、気が短くなる。

1年1年が短く、はやく過ぎていくように感じられる。

そのくせ、日々の生活に追われて、
ひとつのことに集中できる時間が短くなる。

 

だから、この「10年」が、がんばれないんです。

 

それで、「楽しい」領域に入る前の、
「思うようにいかない」「向いてないのかも・・・」という時期に、
ことごとくいろんなことに挫折して、やめてしまう。

 

もったいないですよね。

それなりに時間やお金をつかって、
労力もつかって、
せっかくあこがれの「なにか」をはじめたというのに、

その10年が我慢できないばかりに、

「楽しい」というご褒美をもらえないまま、
フラストレーションと、自己嫌悪だけを抱えて、やめてしまうなんて。

 

10年は果てしない年月のようで、実はあっという間です。

 

「10年かかるよ」と言われたら、

はじめるまでは、「なんて果てしない年月なんだろう」と感じるでしょう。

 

2年、3年とがんばって取り組んでいる最中は、
「あぁ、もう無理」「苦しい」「長い」と、
思うこともあるかもしれません。

 

しかし、結局、はじめられないまま10年経ったとき、

みな、口をそろえて言うことは、
「なんで、あの時、はじめなかったんだろう。」です。

 

そして、途中であきらめた人たちは、10年経って、
「あぁ、続けていれば、今頃は・・・」と言うのです。

 

長年生きているので、
ここはもう100%、自信を持っていいますが、

 

10年なんて、あっという間です!

 

時間が後ろに進まない以上、
はじめるなら、「今」というのは、一生変わりません。

過ぎてしまえば、「あっという間」の年月を、
遠い目で眺めている暇があったら、とっととはじめるんです。

 

そして、

どんなに苦しくたって、たったの10年

 

そこを過ぎれば、一生楽しいのに、
その10年が我慢できないばっかりに、
一生、「あれをやってみたかったんだけど・・・」で、
あっという間に10年を棒に振ってしまう。

 

やりたいことは、「今」はじめる。
10年続ける。

それだけです。

 

52773415_s

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「自信」に根拠なんか、いらない。

ヴォーカルのプロとしてさまざまなお仕事をしながらも、自分に全然自信が持てなかった …

no image
人はアウトプットすることで成長する

「学ぶ」といえば、本を読んだり、音楽を聴いたり、人の話を聞いたりと、 インプット …

おとなってのは「なんか」言うもんなんです。

自分がなかなかにナイス・エイジなおとなになって、しみじみ、 おとなってのは「なん …

年齢を重ねることは「変化」であって「劣化」ではない。

「今さら」、「この年で」、などとということばを聞くたびに、 本当にいらっとします …

あぁ、時は不思議に巡るのです。

「MISUMIちゃん、日本にもいい音楽いっぱいあるよ。 たまには、日本の音楽聴い …

「悔しい」「うらやましい」「憎たらしい」がパワーの源

自分が叶えたくて仕方のない夢を、 身近にいた人があっという間に実現してしまったと …

行動のパターンを変えると思考が変わる

6日ぶりの更新です。 丸2年前、思いを新たにブログに取り組もうと決心して以来、 …

夢中になれる音楽は「一生の宝」

少し前のこと、バンド仲間で、キーボーディストの友人に、 「若い頃、影響を受けた音 …

学習や休養のためのスケジュールを優先的にブロックする

仕事が忙しくなって自由な時間がなくなってくると、 自分が本来取り組みたかったはず …

「なに、夢みたいなこと言ってるの!?」

何年か前。 知人の家に幾人かの人と集い、 他愛もない話をしていたときのこと。 誰 …