大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

こんなに欠点はあるけど、自分はそれほど無能なわけじゃない。

      2016/11/17

「MISUMIさん、また探しものですかぁ・・・?」

 

手袋
ペンケース
大学の研究室の鍵
お財布
パスケース
ボールペン
携帯電話
家の鍵

ここ2〜3年のなくし物、忘れ物をざっと思い出しただけでも、
これだけあります。

 

では、私がだらしがないかとか、物の整理が悪いかといえば、
そんなこともなく、

好きなもの、大切に思っているものしか持ち歩かない主義でもあり、

服でもバッグでも靴でもアクセサリーでも、
なんでも大事に長年愛用する、
もの持ちのいい人・・・のはずなんですが。

それでも、なぜか、私は物をなくします。

 

若い頃から,傘を買えば、
必ずその週のうちに行方不明になり、

お気に入りの手袋を買えば、
1ヶ月以内、長くても3ヶ月以内に、
必ず片方が消息不明になり、

ならば、もっと高級なものを買えば、
なくさないのではと張り込んでも、結果は同じ。

以来、傘と手袋は、
なくしても悲しくない値段の物を買うようになりました。
 

迷惑なのはまわりの人たちです。

何かをなくすたびに、毎回大騒ぎになり、
見つかるまで、落ち込み続け、さわぎ続ける私を、
「あ〜あ、しょうがないね〜」とにやにや見守ってくれる人たちには、
感謝しかありません。

 

さて。

 

人はおとなになると、次第に他人に対して不寛容になります。

出会った人、関わった人たちの、
性格や行動が、どうも気に入らない、納得できない、
それで、その人のことをなんとなく煙たく思ってしまうようなことは、
誰でもあるものです。

そんなときこそ、
普段は、「私のこういうところが可愛い」と思うようにしている自分の欠点を、
再度見直すべきとき。

 

こんな自分をまわりのひとは受け入れてくれている。許してくれている。

そして、こんなに欠点はあるけど、
どうしてこうして、自分自身はそれほど悪いやつでも、無能なやつでもない。

だから、おそらく、この人も、
それほど悪いやつでも、無能なやつでもなくって、

だから自分はこの人のこんなところを受け入れて、
許さなくっちゃいけないんだな・・・、

誰にでも、苦手なこと、できないことのひとつやふたつはあるよね。。。と。

きっと神様は、人間という物の不完全性を思い知らせるために、
どんな人にも、わかりやすい欠点をつくったのね。

いつもそんな風に、
さまざまな人の欠点を、
ダメダメな自分の欠点を、愛おしく思えたら、
心は、もっともっと平和でいられるのかもしれません。

23544844 - someone forgot cell phone on a bench in the park

 

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

年齢を重ねることは「変化」であって「劣化」ではない。

「今さら」、「この年で」、などとということばを聞くたびに、 本当にいらっとします …

「99人が同じ方向に行っても、お前は自分の頭で動け。」

『小学校の時、クラス全員でいたずらをして、大問題になったことがある。父に「なぜや …

もらったもの

小学校の高学年になったばかりのこと。 教室で男の子たちが真剣な面持ちで将棋を指し …

欲しい情報は、ありとあらゆるところにみつかる

「カラーバス効果」ということばをご存じでしょうか?   心理学用語で、 …

前進し続ける人に共通のキーワード

「もう」は「まだ」なり。「まだ」は「もう」なり。 私の文章によく登場するので、最 …

「逃した魚」は、きっと毒入り!?

「チャンスの神様には前髪しかない」(Seize the fortune by t …

「道場破り」「ゲリラ戦」「修行」・・・?

アマチュア時代、ちょっとでも自分の顔を売りたくて、 いろんな人のセッションやライ …

「変化」を恐れずに生きる

10代の頃は、10代のうちに死にたいと思っていました。 10代が一番美しい。 穢 …

直感にしたがえば、思いがけない未来と出会える!

「なんだか気になる人は、実は、自分が今、求めている情報を持っている人。」 『聖な …

人は、他人のにおいに「敏感」かつ「不寛容」なもの。

「角の○○さんのご主人、若い頃はカッコよかったのよ。 ハワイアンバンドにいたらし …