大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「リズム感がない」なんてことばをつかわない!

      2016/06/05

レッスンの話をもっと書きたいと思っていても、
なんだか、生徒やクライアントさんの秘密をばらす気がして筆が進まずにいたのですが、
昨日、突然外人名の仮名で書いてみたらすらすらと書けたので、
これからはこの手法でしばし更新していこうと思います。
今日は大学で学ぶジェーン(もちろん仮名!)のレッスンの時のお話。
「この間の授業で、マーク先生に、(当然仮名!)『キミ、リズム感ないね』って言われたんです」

そこで歌わせてみると、確かにうまくリズムがはまっていない。
演奏と歌がずれるのです。

ここでハッキリさせておきたいのは、こうした場合、99パーセントが「リズム感が悪い」のではなく、
「リズムのハマリをわかっていない」だけなのです。

「リズム感がない」、「音感がない」というのは、
ついつい使ってしまいがちなことばだけれど、
そこには個人の能力を否定する、どうにも絶望的なニュアンスが感じられます。

わかっていないのなら、わかるまで、
音を何回も聞いて、歌詞を当てはめてと、
頭や時間や労力を使えば、たいがいなんとかなるものです。
「わかっていない」は、まだまだがんばれる余地があるということばなんです。

ちなみに、「リズム感がない」と言われる子に、
歌のテンポを半分くらいまで落としてゆ〜〜っくり歌わせると、
「あれ?この音、どこに入るんですか?」と、
メロディーのハマりが理解できていない箇所が多数現れます。

ジェーンのケースも同じ。
しっかり、この音はリズムの中のどこにはまっているのか、
ドラムをもう一回聞いてごらん。
どの楽器のどの音と、同時に歌えばいいの?
などと確認させているうちに、あら不思議、
ぴたりとリズムがはまって歌えるようになりました。

生まれながらに、4ビートも8ビートも16ビートも完璧に、
ピタリとリズム通りに刻めるような天才のことは忘れてください。

まずは頭でわかる。
カラダに入れる。
感性はそうやって磨いていくものなんですぜ。

Alright,Jane?・・・ってだれ?(^^))

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ことばに「自分の匂い」をしみつける

ことばには、話す人の匂いがあります。 同じことを言うのにも、ことばの選び方や言い …

高い声はどうやって出したらいいのか?

「どのくらい高い声を出せるのか?」という議論は、 「どのくらい速く弾けるのか?」 …

練習の成果は「ある日突然」やってくる

はじめて「上のF」が地声で出た瞬間を、 今でも鮮明に覚えています。 学生時代は、 …

「最後に頼りになるのは自分の耳!」って、言いたい。

世の中には、耳のいい人というのはいるものです。   バンドがどんがらが …

オリジナリティは模倣から生まれる

オリジナリティって、どんなことをいうのだろう・・・? そんなことを考えています。 …

「マスターベーション」とか言うな!

歌は音程のついたことば。 テクニックがどんなにすぐれていても、どんなに巧みな音楽 …

no image
「一音」にこだわる

「とりあえず、ラララで歌って。」 歌の練習で、一番最初にするのは、 歌詞も曲想も …

条件が不利な人ほど、熱意がある

優秀なボイストレーナーのレッスンに通い、 思う存分自主練習を積み、めきめき上達す …

自分自身のフィードバックシステムを磨く

オープンレッスン12、全6日間の3日目が終了しました。   発声と歌の …

「自分のことば」になってない歌詞は歌えない!

役者さんがしばしばつかうことばに「セリフを入れる」というのがあります。 この「入 …