大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

人生はリハーサルのない、1度限りのパフォーマンス

   

ひとりのミュージシャンの生涯には、
どのくらいの苦悩や葛藤、挫折があるのでしょう。

そうした、自問自答したり、
人に投げつけられたりしたことばのすべてを文字化したら、
一体全体何万字、いや、何十万字になるのでしょう?

 

「才能はあるのか?」

「プロになんかなれるわけないだろう?」

「そもそも、生涯の職業として選ぶべきものか?」

「お前には無理だ」

「そんなんで食べて行かれるのか?」

「思っているほど、いい仕事じゃないさ」

「年を取ったらどうするんだ?」

「どうやって家族を養っていくつもりなんだ?」

「好きなことばっかりやって、稼げるわけないだろう?」

「将来のこととか不安じゃないのか?」

 

そんな、さまざまな思いを乗り越えて、
では、プロとして活躍できれば、そんな不安は消えるのかといえば、
そんなことはけしてありません。

 

稼ぐほどに、出費が増えるのが一般的な人生の構図です。

大売れに売れているアーティストほど、
人件費や制作費などなどにお金がかかって、
「次が売れなかったらどうしよう?」という不安を抱えていたりします。

スタジオミュージシャンなら、
「いつまで指や手足が思い通りに動くだろう?」

「どうやったら飽きられないで仕事をもらい続けられるだろう?」

「クライアントの世代交代があってもやって行かれるのか?」

などと、心配になったり、

 

「年取って、こんなに仕事してられない。」

「働かないでゆっくりしたい」

と、ビジネスを画策をすることもあるでしょう。

 

サポートで旅をしているミュージシャンなら、

「そろそろ酒をセーブしないと」

「なんか一発病気したらやばいよな〜」

「次のツアーあたり、若い世代にバトンタッチとか、言われるかもな・・・」

 

という不安もありますし、

 

ライブミュージシャンなら、

「お客さん、今夜は入るかな?」

「カラダしんどいけど、本数減らしたらお金入ってこないよな。。。」

「誰と組めば、飽きられないでやれるかな?」

など、心配事は尽きません。

 

プロミュージシャンと認められるようになるのは、大変なことです。

まして、コンスタントに一線で活躍する、一流のプロとなるのは、
もちろん並大抵のことではありません。

30代、40代、50代と、年を重ね、
なお、プロとして活躍し続けるには、さまざまな工夫や努力、
覚悟が必要で、

そうして、がんばり続けたものだけが、
生涯、「現役で活躍するミュージシャン」となれるのです。

 

 

 

ミュージシャンになるのは大変。
一握りの、一線で活躍するミュージシャンになるのは、なお大変。
ミュージシャンを続けるのはもっともっと大変。

 

でもね。
どんな仕事を選んだとしても、
楽に、なんの葛藤も苦悩もなく、過ごせる人生ってあるのでしょうか?

 

好きなことを仕事にするなんて、大変だというけれど、
好きでもないことを仕事にする大変さに比べたら、
どんなことも苦労と感じないのではないか。

 

 

人生において、お金はとても大切なものであるけれど、
お金のために何かをあきらめて、別の道を歩んだとして、
その仕事で失敗して、やっぱりお金がなくなったとき、
なくした時間は取り返せないと思うのではないか。

 

 

それよりなにより、
あぁ、好きなことを必死にやって、がんばったけど、
うまく行かなかった。
つらいけど、後悔はない!という生き方の方が、ずっと幸せではないか。

 

人生はリハーサルのない、1度限りのパフォーマンス。

 

消去法で選ぶのではなく、積極的に、好きなものを選び取る勇気、
そして、圧倒的なコミットメントだけが、
自分自身を次のステージに押し上げてくれるのです。

 

 

36583508 - band performs on stage, rock music concert. warning - authentic shooting with high iso in challenging lighting conditions. a little bit grain and blurred motion effects.

 

 

 

 - Life, The プロフェッショナル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「うまくいかないとき」のことを一生覚えていよう

ときどき、うまく行かなかったときのことを数え上げてみたりします。   …

文化は「オタク」と「変態」、そして「ドM」がつくる

忙しがる人は好きじゃないのですが、 最近、自分もそんな、自分が好きじゃない類の人 …

うるさぁあああいっ!

数件先に、小さな公園があるせいか、 それとも、徒歩3分ほどのところに小学校がある …

自分自身の変化にどこまで鈍感かつ寛容でいられるのか?

人間は自分自身の変化には非常に鈍感かつ寛容なものです。   24時間、 …

おとなってのは「なんか」言うもんなんです。

自分がなかなかにナイス・エイジなおとなになって、しみじみ、 おとなってのは「なん …

「無駄な努力」は、 果たして本当に「無駄」なのか?

「あ。これやってみたい!」 ちょっとした閃きに、心をつかまれて、 どうにもこうに …

「そんなこと、基本の「き」だろう!!?」

某ビール会社のCM制作のお仕事で、 ある著名なボーカリストが歌うイメージソングに …

人生を変えてくれた、最善と最悪に感謝する

最近、自分の人生の棚卸し作業というのをしています。 長年生きているというのもあり …

「どう記録するか」より、「どう記憶するか」

スマホの時代になって間もなくのこと。 こちらが、それはもう夢中で、 なかなかいい …

このレースに勝ちたいか。 そもそもレースに出たいのか。

以前、 「最近の運動会では徒競走の順位がわからないようにしていて、 昔のように着 …