大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

小さな選択の連続がやがて大きく流れを変える。

   

人生にはいわゆるターニングポイントというのがあります。

それがいつ訪れるのかはわからない。
というか、「あれがターニングだったのかも」・・と、わかるのは、
実際、何年も経ってからということの方が多い。

チャンスやターニングポイントが、
きちんと鳴り物入り、かつ名札つきで、
わかりやすくやってきてくれたら、どんなにいいでしょう。

しかしね。そうはいきません。

 

ターニングポイントは、ヘアピンカーブみたいに、
いきなりギュインと人生を方向付けるようなものではない。
実際には、小さな、ちょっとした分かれ道がいっぱいあって、
その小さな角角で、道を選び取っていくうちに、
気づくと大きな流れに乗っている。。そんな印象を持っています。

 

毎日の小さな選択の連続が、やがて大きく自分の人生を方向付けていく。

節約したり、勉強したり、禁欲したり・・・
将来のために「今」を耐え忍んで生きるのも、

明日のことなんか明日考えればいいや、と、
浪費したり、堕落したり、快楽にふけったりして生きるのも、

 

間違いは一個もありません。

自分の人生。自分の選択がすべてです。

 

台本もリハーサルもない。
その場、その場で選び取ることが自分の本番であり、正解です。

よどみなく、迷いなく、
完璧な道だけを選び取れるなどという人は、もちろんいるはずもなく、

 

期待に胸膨らませて歩んだ道の先に落とし穴が口を開けていたり、
大きな壁が立ちふさがって、出直しを余儀なくされたり、

 

そうかと思えば、
何気なく選んだ道の傍らに、
信じられないほどの素晴らしい出会いが待っていたり、

道のあまりの厳しさに、
引き返そうかと思った刹那、いきなり別の道が開けたり。

 

そうやって、必死に進んでいるうちに、
ふと気づいたら、

「そういえば、こんなこと、夢見てたなあ」

ということに瞬間がくる。

 

そんな瞬間が多い人ほど、やっぱり幸せなのではないか。

 

そして、たくさん夢見るほど、
人生を楽しむほど、
そんな瞬間も増えるのではないか。

 

そんな風に思う、旅のすき間です。

 

45589868 - little child hitchhiking alone summer sunset background

【Day-to-day】
ロンドンの旅から戻り、一日おいて、今日は気仙沼に来ています。
明日はギター☆マン・チャリティライブ。
今年も心を込めて、思いきり歌わせてもらいます。

 

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ミュージシャンのランク付け

ランク付けをしたがるのは人間という動物の本能と言います。   「天は人 …

仕事中毒=「超人病」が、カラダと心を破壊する

ワーカホリック。 日本語で言うと、仕事中毒。 常に仕事をしていないと、または、そ …

もらったもの

小学校の高学年になったばかりのこと。 教室で男の子たちが真剣な面持ちで将棋を指し …

「謙遜しない」という生き方

「私はただのシロウトなので」 「下手のよこずきで」 音楽やっているんですか?と聞 …

未来人たちよ。「リアル」に触れよ。

自分が高校生、大学生だった時代を振り返ると、 あぁ、ずいぶん未来までやってきちゃ …

「自分の名前」と、今一度向き合う。

作詞者は曲のタイトルを。 編集者は、本のタイトルを。 起業家は会社名を。 そして …

空白の美学

「アマチュアはね〜、ソロ弾いてっていうと、 全部音で埋めちゃうんですよ。 弾かな …

「夢喰って生きられないぞ」

大学3年だったか、それとも4年生だったか。 アルバイトをしていた東京タワーのおみ …

「逃した魚」は、きっと毒入り!?

「チャンスの神様には前髪しかない」(Seize the fortune by t …

「たった5分」に情熱を傾けるのは不毛ですか?

高校時代のお話です。 文化祭前に来る日も来る日も練習に明け暮れる私に、 同級生の …