大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

他の誰かにとっては、 「なんぼのもんじゃい」の人生かもしれない

   

またひとつ、自分にとっての大きな挑戦が終わり、
静かな気持ちで休日を過ごしています。

 

こんな静かな日に、頭をよぎるのは、いつも、

「音楽が私をここまで連れてきてくれた」という想い。

 

他の誰かにとっては、
「なんぼのもんじゃい」の人生かもしれない。
 
大きな成功があったわけじゃないし、
なにかを成し遂げたわけでもない。
 
誰かを幸せにできたわけでも、
誰かに何かを与えられたわけでも、
なにか重要なことを後生に残せるわけでもないかもしれない。
 
語り継がれるような武勇伝も、
人を感動させられるような壮絶なストーリーも、
世紀のラブストーリーさえもない。
 

自分にとって人生を変えるほどの、
大きな意味があったできごとさえ、

果てしない世界や人類の歴史の中では、
きっと、吹けば飛ぶような、
ちっぽけな、砂粒のようなものでしかない。

 

それでも、なんでも、
音楽が私をここまで連れてきてくれました。

 

音楽に心つかまれた、あの、しびれるような瞬間から、
 
レコードに針を落とすたび、
カセットのボタンを押すたびに、
 
音楽がくれた、ぞくぞくや、ワクワク、
至福、絶望、絶叫、恐怖、喪失感、あこがれ、羨望・・・
 
そんな、メーターが振り切れるほどの激しい感情を
感じ切ってきたからこそ、

 

今いる、この場所に、
こんな想いで、こんな風に、いることができる。

 

誰か他の人と、自分自身の価値や、
人生を引き比べることは、なんて意味のないことなんでしょう。

 

今、ここにいる自分を愛せることを、
心から誇りに、幸福に思います。

 

出会ってくれたすべての人に心からの感謝を。
 
ありがとう。
 
明日からまた、がんばります。

54897718 - young man listening music with earphones

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「モラハラ」に負けない思考法

「ブスが話しかけるんじゃね〜よ!」 さまざまなハラスメントの標的になっていた、か …

「真っ白な灰」に、なりますか?

リングの上で真っ白な灰になった、『あしたのジョー』。 命を賭けられるほどのものに …

旅に出よう!

「外国語を知らない者は自分自身の言語について何も知らない。」 と言ったのは文豪ゲ …

「ひどいことを言われた」と感じたときこそがチャンス

20代の前半で、当時10才前後先輩だったプロフェッショナルの先輩たちに、 それは …

発信することは、ライブ・パフォーマンス。

「毎日、すごい勢いでブログをあげてるね」 最近、そんな風にいわれます。 しばらく …

「やりたいことなのにがんばれない」の7つの理由

「やらなきゃいけないって、わかってるんですけどね・・・」 「いや、本当にやりたい …

「強制OFF日」=ジャミーデーをつくる

命の次に大好きな音楽が仕事になった20代の頃は、 24時間音楽のことが頭から離れ …

旅に出よう!〜自分自身を見つめ直すチャンス〜

海外に出かけると、日本人が日本人と目を合わせないようにしていることに気づいて、 …

世界はあきれるほど狭い

むか〜し、 と書きたくなるくらい、遠い昔のこと。 カナダでデビューしないかと持ち …

出会いの数だけ別れがある

音楽はたくさんの出会いをくれます。 音楽はひとりではできないから。 一緒に演奏す …