大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

焦燥感や無力感が、 明日の自分をつくるエネルギー

   

もしも、人間のカラダに、
「歌がうまくなるスイッチ」というものがついているなら、

セミナーに来てくれるお客さんがいなくなろうが、
学生が2回目以降一切授業に出てこなかろうが、
MTLが商売あがったりになろうが、

私は迷わず、喜んでそれを押してさしあげたい。

 

もう、長いこと、ずぅ〜〜っと、そんなことを考えて来ました。

 

さまざまなメソッドを考えて来たのも、
すべてを細分化し、わかりやすく、シンプルにしたのも、
 
歌を志す人たちの一人でも多くが、
せめて、自分自身で、そのスイッチ(的なもの)をみつけ、
押すことができるようになったら、という思いからです。

 

しかしね。

残念ながら、そんなスイッチはどこにもない。

 

シンプルに、シンプルにと考えているメソッドも、
ぱっちん、で事足りる「スイッチ」にはほど遠い。

それぞれの腑に落ち、消化できるまで、
結局、みんなの心を混乱させ、不安にさせ、
焦燥感や無力感でいっぱいにしてしまっている。。。
 
 
そんな風に感じるたびに、
あぁ、まだまだだ。
もっともっとわかりやすくするには、どうしたらいいんだろう。
と、今度は私が焦燥感と無力感に苛まれるのです。

 

しか〜〜し!!!!!

 

そんな焦燥感や無力感が、
明日の自分をつくるエネルギー。
 
苦しければ苦しいほど、
絶対に突破してやろうという気持ちがわき起こる。
 
前に進むエネルギーが充ち満ちてきます。

 

そして、そして、そして、

必ず、ぱぁ〜っと扉が開く瞬間はやってきます。

 

その瞬間は突然訪れるのです。

トレーニングをシンプルにしているのは、
その成功体験を積み重ねて欲しいから。

ひとつできれば、次もできる、という自信になるからです。

 

最初は重たい鉛を足につけて、
カメのように地面を這っている感覚かもしれません。
 

一体全体自分は前に進めているのか、
それとも1ミリも進めていないのか、
わからないように感じるときもあるかもしれません。

しかし。

苦しい時こそ、
絶対に、確実に、前進しています。

 

あるとき、突然、

「あれ?私、こんなところまで昇れていた・・・」

と、気づくのです。

 

 

だからね、

苦しい時こそ、前進している自分を信じて、
自分を誉め倒して、進みましょう。

 

 

 

まだまだ行くぜ。

行こうぜ〜っ!

 

当分、負けるわけにはまいりませんのよ。
わたくしたち。

57683434 - side view of female boxer with fighting stance against black background

 

コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』
購読はこちらから。

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, プロへの突破口

  関連記事

大きな波を引き寄せる

音楽の仕事には、大きな波のようなものがあって、 来るときには、ど〜〜っと来て、 …

音楽家としての「表現の自由」を謳歌する

「テクニックを身につけるのは、選択の余地を増やすためである」 そんなお話をよくし …

no image
話を聞かない生徒 話をさせない先生

「これは、こんな風に歌うのよ」と、 お手本を聴かせるためにこちらが歌い出した瞬間 …

no image
なくて七癖、カツゼツ編

自分の発音のクセ、知っていますか? 方言やアクセントの話ではありません。 50音 …

リズムが悪いのは「背骨が硬い」から?

音楽学校などでバンド・アンサンブルの指導をしていると、 一所懸命演奏する若者たち …

毎日プレイしているだけじゃ「上達」はしない

「人生で一番練習した」と言い切れる時期はありますか? おそらく、ほとんどの人は、 …

業界人やプロと出会うためにやるべきこと

プロミュージシャンとバンドやりたい、 業界の人とお近づきになりたい・・・ そんな …

価値は受け手が決める 受け手は送り手が選ぶ

他に認めてもらうことで、はじめてその価値が生まれるというものがあります。 誰かの …

「なぜ創るか」、「何を造るか」と同じくらい、「どう魅せるか」にこだわる

名曲といわれる歌は、 それを演じていた歌手たちのイメージやパフォーマンスと共に蘇 …

「ツボ」をはずした練習は、単なる自己満足であり、時間の無駄。

実は私、とっても足が遅いのです。   いきなり、しかもB面で何を言い出 …