大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

焦燥感や無力感が、 明日の自分をつくるエネルギー

   

もしも、人間のカラダに、
「歌がうまくなるスイッチ」というものがついているなら、

セミナーに来てくれるお客さんがいなくなろうが、
学生が2回目以降一切授業に出てこなかろうが、
MTLが商売あがったりになろうが、

私は迷わず、喜んでそれを押してさしあげたい。

 

もう、長いこと、ずぅ〜〜っと、そんなことを考えて来ました。

 

さまざまなメソッドを考えて来たのも、
すべてを細分化し、わかりやすく、シンプルにしたのも、
 
歌を志す人たちの一人でも多くが、
せめて、自分自身で、そのスイッチ(的なもの)をみつけ、
押すことができるようになったら、という思いからです。

 

しかしね。

残念ながら、そんなスイッチはどこにもない。

 

シンプルに、シンプルにと考えているメソッドも、
ぱっちん、で事足りる「スイッチ」にはほど遠い。

それぞれの腑に落ち、消化できるまで、
結局、みんなの心を混乱させ、不安にさせ、
焦燥感や無力感でいっぱいにしてしまっている。。。
 
 
そんな風に感じるたびに、
あぁ、まだまだだ。
もっともっとわかりやすくするには、どうしたらいいんだろう。
と、今度は私が焦燥感と無力感に苛まれるのです。

 

しか〜〜し!!!!!

 

そんな焦燥感や無力感が、
明日の自分をつくるエネルギー。
 
苦しければ苦しいほど、
絶対に突破してやろうという気持ちがわき起こる。
 
前に進むエネルギーが充ち満ちてきます。

 

そして、そして、そして、

必ず、ぱぁ〜っと扉が開く瞬間はやってきます。

 

その瞬間は突然訪れるのです。

トレーニングをシンプルにしているのは、
その成功体験を積み重ねて欲しいから。

ひとつできれば、次もできる、という自信になるからです。

 

最初は重たい鉛を足につけて、
カメのように地面を這っている感覚かもしれません。
 

一体全体自分は前に進めているのか、
それとも1ミリも進めていないのか、
わからないように感じるときもあるかもしれません。

しかし。

苦しい時こそ、
絶対に、確実に、前進しています。

 

あるとき、突然、

「あれ?私、こんなところまで昇れていた・・・」

と、気づくのです。

 

 

だからね、

苦しい時こそ、前進している自分を信じて、
自分を誉め倒して、進みましょう。

 

 

 

まだまだ行くぜ。

行こうぜ〜っ!

 

当分、負けるわけにはまいりませんのよ。
わたくしたち。

57683434 - side view of female boxer with fighting stance against black background

 

コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』
購読はこちらから。

 

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, プロへの突破口

  関連記事

「この歌、いいなぁ」には必ず理由がある!

「売れる曲には、必ず理由がある」 あるヒットメーカーが教えてくれたことばです。 …

「華がない」ってなんだよ?

あれは確か大学卒業目前の冬休みのこと。 大学生2年生くらいから、夏休み、冬休み、 …

「残念なミスコピー」は、そろそろ卒業しましょう。

誰もが一度は、 人の歌や演奏を聞いて、カッコいい!マネしたい!カバーしたい! と …

no image
なくて七癖、カツゼツ編

自分の発音のクセ、知っていますか? 方言やアクセントの話ではありません。 50音 …

no image
歌の構成要素を分解する〜ラララで歌う〜

大好きな曲を、オリジナルを歌っている歌手と一緒に歌う。 何度も、何度も、繰り返し …

条件が不利な人ほど、熱意がある

優秀なボイストレーナーのレッスンに通い、 思う存分自主練習を積み、めきめき上達す …

「マスターベーション」とか言うな!

歌は音程のついたことば。 テクニックがどんなにすぐれていても、どんなに巧みな音楽 …

歌詞が覚えられないのは、意味をわかっていないから。

「歌詞って、覚えられないんですよね。 どうしても、カンペ貼っちゃうんですよ。」 …

そのオリジナル曲、イケてる?イケてない?

オリジナル曲を人に聞いてもらうときには、 曲自体のクオリティ、構成などはもちろん …

サポートミュージシャンを目差す人が取り組むべき、最も大事なトレーニング

一流のアーティストたちと大きなホールをツアーして回る、 いわゆる、サポートミュー …