大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「話すためのボイトレって、何するんですか?」

   

「話すためのボイトレって、一体何するんですか?」

一般向けのボイトレセミナーや講演会をしていると話すと、
必ずと言っていいほどされる質問です。

就職経験ゼロ、ミュージシャンとして業界を渡り歩いてきた私。
ビジネスマン相手に、一体何を教えているのか・・・?
興味津々な人や懐疑的な人、いろいろでしょう。

ボーカリストにも、一般の方たちにも、
私が繰り返しお伝えしていることはひとつだけです。

「歌うことは話すこと。話すことは歌うこと。」

これだけです。

歌うときも、話すときも、使うのは自分のカラダという楽器。

そして、その使い方も同じです。
歌う時は口で歌うけど、話す時はおへそで話す、なんてわけないんです。
歌うことと同じように、
「話す」にも音程があり、リズムがあり、強弱がある。
音色の表現もあります。

「歌う」は「話す」が進化した形と考えてもいいでしょう。

たとえば、多くのスポーツが日常、
一般の人が行う動作の進化形であるのに似ています。

歩くことが進化して競歩に。泳ぐことが進化して競泳やシンクロに。
スポーツになれば、当然、ひとつひとつの動作の強度もあがる。
テクニックも必要になりますし、競技のルールも覚えなくてはいけない。
そのスポーツを極めようと思えば、それなりにトレーニングも必要ですし、
最後はセンスの勝負にもなるでしょう。

でも、どんなに進化しても、
同じカラダを同じように使ってする動作であることに変わりはありません。

ボーカリストにするボイトレも、ビジネスパーソンにするボイトレも、
だから、基礎は全く一緒なんです。

もちろん、目差すゴールは、人それぞれ、みんな違います。

ボーカリストでも、テクニックをつけたい、声量をアップしたい、というような、
だれもが思い描きそうなゴールに全く興味のない子もいます。

一方、一般の方でも、人前でプレゼンテーションをして、
聞く人みんなを感動させたい。心動かしたい。
という大きな目標を持っている人もいます。

それぞれが、それぞれのゴールに、一日でも早く到達できるように。
少しでもストレスなく、思いや考えが100%表現できるように。

私がサポートしているのは、そういうことなのです。

 

 

 

 

 

 

 - 未分類

  関連記事

no image
技術によって人間は進歩するのか、退化するのか?

技術によって人間は進歩するのか、退化するのか? はじめてレコーディングのお仕事を …

no image
歌の試験の採点基準って?

学校のようなところで教えていると、試験というものがつきものです。 いわゆる前期試 …

no image
「歌う環境」をつくる。

5年ほど前、某レコード会社のディレクターさんに連れられて、 女性R&Bシ …

無責任なコメントに心乱されない

まだ学生の頃だったでしょうか。 通りがかりの野外ステージでやっていた、公開オーデ …

no image
自分の耳は自分で磨く

歌えないから聞こえないのか? 聞こえないから歌えないのか? ニワトリと卵のような …

プロへの突破口『デモ音源の渡し方?』

「こんにちは!はじめまして。 私、歌やってるんですけど、私のCD聞いてもらえます …

no image
脱・質問マニア〜自分の頭で考える!〜

「私、どんな歌、歌ったらいいですかね?」 「練習すればもっと声って出るようになる …

no image
変声期

昨日は12~16才の男の子ばかり、8名のボイトレを担当しました。 17才くらいか …

音楽という「箱」から取り出すもの

ずいぶん昔のことになります。 その奔放かつ、悪魔的とも表されたプレイスタイルに魅 …

no image
「知は力」・・・発声の科学を学ぶ意味

歌の上達の一番の早道は、 なんといっても優れた歌い手を徹底的に研究し、真似てみる …