大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ちょっと「なんか」言われたぐらいでって言いますけど。

   

大人というのは「なんか」言うものです。

 

親や教育熱心な先生のように、責任があるから「なんか」言う人たちがいる。

とりあえず「なんか」言うことでお金をもらっている人たちがいる。

暇だから、思わず「なんか」言う人がいる。

「なんか」言わずにいられないという人がいて、

「なんか」言うことで自分の立ち場を確認させたいという人もいる。

 

「なんか言い」たちが、わかりやすく愛情を持った顔や、
わかりやすく「単なるお仕事」の顔などしていてくれればありがたいけど、
手の内を悟られないようにするのが大人というもの。

 

愛があるのに無関心を装ってしまう人もいれば、

「自分はこんなに君たちのことを考えている」と、
美辞麗句で飾り立てて、
結局言いたいことだけ言って知らんぷりという偽善者もいる。

立派な人格者の顔と言葉で、
セクハラパワハラモラハラを見事に正当化して「なんか」言う輩もいる。

災難なのは純粋な若者たち。

そんな「なんか言い」たちに「なんか」言われるたびに、
傷ついたり、凹んだり、死にたくなったり、
ジェットコースターのように感情を揺さぶられてしまうのです。

 

しかし、
愛ある「なんか」を言ってくれる人も、
ゴミのような「なんか」を言いやがる奴らも、
「なんか言い」たちは、
私たちが生き延びるために大切な学び、
生命力のようなものをくれます。

 

私自身これまで、
人生を変えるような素晴らしい「なんか」から、
死にたくなるほど酷い「なんか」まで、
それはそれはたくさんの「なんか」を言われて来ましたが、

もっとも私に力を与えてくれたことばたちの多くが、
ゴミのような「なんか言い」たちによって、
言われたあり得ないような「なんか」でした。

しかし。

「お前なんか」と言われたぐらいで、
「そうか・・・どうせ私なんか」とへこたれてしまうなら、
所詮そこまでです。

ゴミのような「なんか」を言われるほどに、
なにくそ、今に見てろ、ちくしょーという、
反骨精神が磨かれていきます。
(少なくとも私はそうです。)

人を見る目や、世の中を見る目が育っていきます。

本気で自分のことを考えてくれる人たちの愛情に気づくことができます。

そして、なによりも、
自分自身の本気を試すことができます。

 

人のことばを受け入れる、素直な心は、
いつまでも、けして忘れてはいけないもの。

そして、もちろん、
なんでもかんでも鵜呑みにしない、
反抗心や反骨精神も、生涯忘れてはいけない大切なスピリット。

そうやって、ひとつひとつを乗り越えるうちに、
やがて君たち自身も、
「なんか」言う大人に成長していくのですね。

 

◆ 3月10日(土)【第6回ダイジェスト版 MTL voice & vocal レッスン12】受付開始!

毎回あっという間の満席をいただいているダイジェスト版MTL12。
3月10日(土)に開催決定いたしました。

メルマガ読者の方は今日から先行予約受付です。メルマガのご登録はこちらから。

ダイジェスト版の詳細はこちらです。
https://goo.gl/NoPkA3

 

 

 

 - Life

  関連記事

そして、戦いは続くのだ。

最近、ブログを読んでくださっているというさまざまな方とお話するたびに、 「あぁ、 …

年齢を重ねることは「変化」であって「劣化」ではない。

「今さら」、「この年で」、などとということばを聞くたびに、 本当にいらっとします …

no image
やる気が出ないときは、やっちゃダメ!

「なんか、どうもやる気がでなくって。 これじゃいけないと思うんですけど。。。」 …

前途洋々な若者に思わずアドバイスしてしまう5つのこと

時間は年齢とともに加速する。   噂には聞いていたけど、 そして、20 …

才能ってなんだ?

こどもの頃から、カラダをつかって表現したり、 スポーツで才能を発揮したりしている …

「持っているもの」に焦点を当てる。

自分の嫌いなところ、ダメなところを並べはじめたら、 誰だって、たくさん出てきます …

「10代の魔法」を謳歌するのだ

いやぁ、スィートSeventeenとはよく言ったものですが、 ティーンエイジャー …

no image
「今に見てろよ」はGoサイン!

音楽を志す人だけでなく、 人と違うことをがんばろうとする人は、大小さまざまな挫折 …

カラダを粗末に扱わない。

カラダは神様がくれる、生涯たったひとつの大切な宝物。 大切につかえば、ちゃんとこ …

多感なこどもたちにジョークは通用しない

小学生の音楽の授業のときの話です。 「ではこの曲を、誰かに歌ってもらいましょう。 …