大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

限りない偶然に選ばれてきた「特別な自分」

   

一瞬の選択で人生は大きく変わります。

 

もしもあの時、あの瞬間にラジオのスイッチを入れていなかったら。

もしもあの時、あの子と隣り合わせの席にならなかったら。

もしもあの時、彼が偶然知っている曲をピアノで弾かなかったら。

もしもあの時、魔が差して、他人のステージに飛び入りしていなかったら。

もしもあの時、あの場にいたのが1日でも違っていたら。

 

そんなことを考えはじめれば、
一晩あっても、想い出は辿りきれないでしょう。

 

しかし、私は、

あの時、あの電車に乗り、

あの番組にチューニングをあわせ、

あの子のことばに過剰に反応し、

激しい衝動であの場所に立ち、

勢いであの歌を歌い・・・

 

そんな数限りない偶然に選ばれて、今ここにいるわけです。

 

SF小説が大好きで、多元宇宙論的小説もたくさん読みました。

それに類する映画もたくさん見ました。

 

あの選択をしなかった、違う人生を歩むことになる自分が、
隣の時間軸で生きている。

その自分にもまた、
違う選択をして、違う人生を歩むことになる自分がいて、

そんな時間軸が編み目のように無限にあって、
さまざまな人生を生きる自分もまた無限にいて。

 

そう考えると、なおさら、

今、この場所で、このことばを紡ぐ、
この自分という人生を生きることになった特別な意味を、
やけに愛おしく思うのです。

 

さて、隣の時間軸の自分も、同じことを思って、
今夜ブログを書いているのでしょうか?

29558384 - beautiful blonde caucasian lady in red dress traveling by metro

 

 

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

心のノイズを打ち消して、ただがむしゃらに進むのだ

こんなこと、やってみたい! こんなこと、やったらどうだろう!?   そ …

身にまとう”匂い”はごまかせない

「E先生はセレブだから、 飲み会とか誘っちゃいけない雰囲気あるんですよ。 その点 …

「がんばれる」仕組みをつくる

世の中にはがんばれる人と、そうでない人がいます。 がんばれる人からすると、がんば …

「君たちには問題意識というものが足りない!」

「君たちには問題意識というものが足りない!」 大学4年の時、ゼミの担当教授が、 …

つい、この間まで二十代だった気がする?

「先日、MISUMIさんがUPしてたママさんたちのコーラス、 すごくカッコよかっ …

音楽をどうやって聴くか?

言いたかないけど、レコードの時代に音楽に目覚めた私。 その後、さまざまな音楽メデ …

ミュージシャンに、定石も王道もない!

「MISUMIさんは、何才から歌っているんですか?」 「やっぱり楽譜が読めないと …

「強制OFF日」=ジャミーデーをつくる

命の次に大好きな音楽が仕事になった20代の頃は、 24時間音楽のことが頭から離れ …

憧れを現実に変える力

中学に入学して、 生まれて初めて部活動というものをはじめた時、 同じ部活の高校生 …

「自慢話」してますか?

謙虚な人が好まれるのは、別に日本だけではありません。   欧米でも、 …