大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自信がある人のように振る舞う

   

世の中には、同じような実力があって、同じような地位にいるのに、

なぜか「自信満々な人」と「自信のない人」というのがいます。

 

 

自信のない人というのは、

他人に誉められると、
「お世辞言っているんだろうな」と思う。

何も言われないと、
「どうせ、私なんて」と思う。

人が誉められていると、
「あの子はいいわよね」と思う。
 

そうやってなんだか縮こまって、
謙虚を通り越して卑屈になったり、
ちょっと暗い印象を与えたり、
そんな自分に、また自己嫌悪を覚えたりしてしまうものです。

 

一方で自信のある人というのは、

誉められれば、
「そうですかぁ〜。(やっぱりですかぁ〜)嬉しいですぅ〜!」となり、

何も言われない、またはけなされたりすると、
「わかってないわね、あの人」となり、

人が誉められていれば、
「あらあら。あの子もよかったわねぇ。」と思い・・・

 

そんな勘違いぶりに周りがいらっとしていても、
本人は自信があるもんだから、
気にもならないし、いい方向にしかとらえない。
 

誰かに悪口を言われて、ムカつくことこそあっても、
最終的には、「悪口を言っているヤツがアホだ」的発想に落ち着く。

肝が据わっているのか、
気持ちが揺れないので、
しっかりとなすべきことにフォーカスでき、
成果を上げていく。

結局、長い目で見れば、自信のある人の方が、圧倒的に結果を出しやすいものです。

 

 

さて、自信のある人に、自信がある理由を聞くと、

周りに誉めてくれる人がいる、
こどもの頃から愛されていた、
結果を出せるようになった。。

などなど、いろいろと出ては来ますが、

最終的には、「やっぱり、なんとなく」に落ち着きます。

 

自信のない人の理由の多くも、
やはり「なんとなく」であることを思えば、

 

結局、みんな「なんとなく」、
自分の答えを勝手に出していることになります。

 

例の「コップの中の水」のお話です。

 

コップの水が「半分もなくなってしまった」と考えるか、
「まだ半分も残っている」と考えるか。

 

思考は癖です。

 

癖というのは、ズボンや折り紙の折り目と似ています。

一度ついてしまうと、なかなか落ちないものだけど、
どうせ落ちないからと、いつも同じところで折っていたら、

その、いただけない折り目をつけたまま、
一生を過ごさなくてはなりません。

 

どんなに居心地が悪くても、
ありとあらゆるところで、自分自身を誉める癖をつけましょう。

人に誉められたら、素直にお礼と喜びのことばが口に出るようになるまで、
ひたすら、御礼を言う、
嬉しそうにリアクションする。

 

なかなかうまくできないなら、
まずは「自分を誉めるノート」のようなものをつくって、
思いつくまま、自分を誉めることばを書き連ねたり、
人から言われた「誉めことば」を書きためたりするのも有効です。

いかがでしょうか?

習慣は、人のマインドを変えるものです。

 

「自信が持てないなら、自信がある人のように振る舞う。」

そうやって、みんな少しずつ、背伸びしてがんばっているのですね。

 

4546910_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

パフォーマーなら「好かれたい」自分を恥じない!

人前で歌う、演奏する、演じる、など、 パフォーマンスをする人は、いわゆる人気商売 …

「無理」って言うな!

「限界」は自分が設定するもの。   これが、かれこれ、半世紀ほど人間を …

ロックへの反逆

「お前なんかロックじゃねぇよ。オレは認めね〜ぜ。」 少し前のこと。 ロック的なサ …

時間は前にしか進めない。

昨日、ロンドンへ向かうの飛行機の中でのこと。 周囲の人が何度も自撮りをしたり、 …

バンド仲間の悪口は言わない

もう何十年も前のこと。   大好きなメンバーと、かなり楽しくやっていた …

「なに、夢みたいなこと言ってるの!?」

何年か前。 知人の家に幾人かの人と集い、 他愛もない話をしていたときのこと。 誰 …

まず、やれ。文句を言うのはそれからだ。

「あの程度のコード進行の曲なら、その気になれば何曲でも書けるぜ。」 「こいつ、こ …

ワードを変えれば、自分が変わる

有名な心理学の実験で、 「スタンフォード監獄実験」というのがあります。 ごく普通 …

もたもた迷っている暇はない!

「もっと歌詞の意味を考えて歌って!」 そんな風に言われたことのある人は、たくさん …

「いつはじめるか」じゃない、 「いつまで続けるか」が重要なのだ。

「やっぱりピアノは幼稚園くらいからはじめないと、モノにならないわよ。」 &nbs …