大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「まだまだ」と心が騒ぐから・・・

   

今年も残すところ、後4日。

この時期、大掃除や片付けをしながら、
1年を振り返る習慣のある人は多いことでしょう。

 

自分は何をなし得たか?

何をなし得なかったか?

 

昨年の今頃、期待していたとおりの1年だったか?

期待を越えた年だったか?

それとも、期待を裏切られたのか?

 

たとえ、ほんの少しでも、成長できたか?

前進できたか?

 

どんな出会いがあって、

どんな別れがあったか。

 

続けようと決めて、続けられたことは、いくつあったか?

勇気を出して、やってみたことはいくつあったか?

 

好きな人に、好きと言えたか?

欲しいものに、手を伸ばせたか?

やりたいことに背を向けなかったか?

 

自分自身を卑下しなかったか?

どんな瞬間も、誰かに卑屈にならなかったか?

いつも胸を張っていたか?

 

悟りきった顔で、何かをあきらめなかったか?

正しいと信じることに声をあげたか?

自分にウソをつかなかったか?

 

 

勇気が消え失せそうな夜も、

夢を見失いそうな朝も、

希望から目をそらさずに、やるべきことをやり通せたか?

 

起きてしまったことや、

起こらないことを誰かのせいにして、

自分自身を哀れまなかったか?

 

誰かの力を宛てにして、ただぼんやりと時を過ごさなかったか?

 

感謝すべき人に、きちんと感謝を伝えられたか?

謝るべき人に、きちんと謝ることができたか?

 

ちっぽけな自分におごることなく、

持てる力を出し惜しみすることなく、

力一杯貢献し、ほんの少しでも、誰かに何かを与える事ができたか?

 

 

1歩1歩の重たい1年でした。

 

「まだまだ」と、心が騒ぐから、納得できるところまで走ろう。

2016年に向けて、そう誓う年の瀬です。

 

みなさんの心には、今、なにがあるのでしょう?

19378131_s

 

 

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「自分じゃなくなりたい」?

「自分が、○○だったらよかったな。。。」   こんな風に思ったことのあ …

パフォーマーなら「好かれたい」自分を恥じない!

人前で歌う、演奏する、演じる、など、 パフォーマンスをする人は、いわゆる人気商売 …

ロックへの反逆

「お前なんかロックじゃねぇよ。オレは認めね〜ぜ。」 少し前のこと。 ロック的なサ …

多感なこどもたちにジョークは通用しない

小学生の音楽の授業のときの話です。 「ではこの曲を、誰かに歌ってもらいましょう。 …

落ちるときにはとことん落ちる

身も心も、奈落の底まで落ちるような感覚を経験したことのないという人は、 世の中に …

ことばの解釈に「正解はない」

高校時代の大半は、ロックとバンドとギター(そして男の子)に夢中で、 「学校の勉強 …

「続けること」のチカラ

今、どうしても叶えたいことがあったとして、 それがこの先10年間、 コツコツ何か …

何を切り取るか。どう切り取るか。

家族や友人たちと、昔の思い出話をしていると、 記憶に蘇ることや、「こんなことがあ …

シンプルでもいい。複雑でもいい。「生きる」を楽しむ。

学生時代、小笠原の父島という島を、 友人たちと共に自転車を担いで訪れたことがあり …

一瞬一瞬を大切に、大切に生きる。

ブログを書くようになって、 日々、自分の過去の記憶をたどっています。 ところが、 …