大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

死ぬかと思うくらい馬鹿なこと、いくつやるか。

   

MTL12でお世話になったシンフォニーサロン(昨年9月閉館)のHPに、
私のインタビュー動画が掲載されています。
もう6年も前なんだ…と見ていたら、ずいぶん昔の話をぺらぺらとしゃべっていて、
ずいぶん馬鹿なこといっぱいしてきたよなぁと、あらためて苦笑しました。

「即断即決即行」、閃いたら行動を起こすというのがモットー。
失敗や判断ミスは、数え切れないくらいあったし、
穴があったらはいりたいような恥ずかしいこともいっぱいやらかしました。
いろんな人にご迷惑もいっぱいかけてきました。

しかし、ね。

むにゃ10年の時を経て、悟ったことは、
取り返しのつかないことなんかなんにもないし、
人生の恥はかき捨てで、
どんなに恐ろしいことだって、目をつぶってエイッと飛び込めばなんとかなる、
ということ。

そして、どんな行動だって、行動しないより、ずっと意味があるんだということ。

動けば、景色が変わります。
自分の動きに、まわりが反応します。
つまり、自分の存在する世界が動くんです。

その行動のひとつひとつが、今という未来につながってきたのだし、
これからの未来につながっていくのだと。

無思慮に馬鹿なことやれって言ってるわけじゃありません。
ただね、やりたい!というパッションから目をそらさない。
怖いからって理由で行動を回避しない。

当たり前の行動からは当たり前の未来しか開けない。
まだ見ぬ世界を切り開くには、
自分自身が信じ込んでいる「当たり前」をぶち破るしかないんですね。

あなたが今、ぶち破りたいことはなんですか?

■ヴォイストレーナーになりたい!夢の実現をお手伝いします。第2期MTLトレーナーズメソッド、7月開講。

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

「らしさ」の延長にしか、成功はない

歌の道でプロを目指そうと心に決めたのは、たぶん、20才くらいの時。 ピアノもダメ …

間違えるなら大胆に間違える。

ここ数日、あまり慣れないことに取り組んでいます。 慣れないことに取り組んでいると …

誰もが、自由に歌えるカラダを持っている。

もしも、何も考えず、なんの苦痛もなく、 どんな曲でも、素晴らしい声で自由に歌えた …

ネガティブ・スパイラルを抜け出す。

私たちが日常的に心の中で繰り返していることばが、 自らのセルフイメージをつくり、 …

「歌いたいっ!」が胸を叩くから。

トレーナーをはじめて、 ずっと大切にしてきたことは、 「昔の自分」のまま感じて、 …

この歌、どうして知らないの?

MTL定番の、 (そして、私自身が「ドS」と認定されるきっかけのひとつとなった) …

「○○っぽくないね。」と言われたときこそ、チャンス。

ハードなロックシンガーを目指しているのに、 「癒やし系だね」などと言われたら、 …

「ミュージシャン同士のカップルってどうなんですか?」

ミュージシャン同士に限らず、同業者同士のカップルは、 なかなかうまく行かないもの …

手っとり早く「オーラ」を身にまとう方法

「なんか、あの人、オーラがある。」 「あの人がいると、そこだけが輝いて見える。」 …

「うまくいかないとき」のことを一生覚えていよう

ときどき、うまく行かなかったときのことを数え上げてみたりします。   …