大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ライブ前夜にすべき3つのこと

      2015/12/20

ライブの前夜にチェックすべきことは、3つです。

 

1.  曲や歌詞、MCの準備は万全か?

ちゃんと言うべきこと、歌うべきことはカラダに入っているでしょうか?

歌詞を見ながら歌うなんて、プロならあり得ない。シロウトならもっと御法度。
歌詞を覚えられるくらいの準備ができていないなら、
人前で歌う準備は整っていないと思った方がいいと思います。

もちろん、暗譜、暗記でステージに立つのは、
どんなプロフェッショナルでも怖いもの。

しかし、譜面や歌詞カードに頼っていては、一生「表現者」にはなれません。

準備と勇気が必須なのです。

 

2.衣装は完璧か?

パフォーマンスの際に、もっとも大切なのは、思い込みと勘違い。

いかに自信を持って人前に立てるかです。

練習がどんなに万全でも、ステージプレゼンスに自信が持てなければ、
気分よく人前に立つことはできません。

自分の気分が上がらないということは、お客さんも盛り上がらないということ。

この服に身を包めば、いい女になれる。思いきりいい気分になれる。
そんな服、ヘア、お化粧を準備しましょう。

あくまでも、自分目線でいいのです。
思い込みと勘違い。

ヘアメイクや衣装で足りない分は、自己暗示で乗り越えます。

 

3. 睡眠と休養はバッチリ取れているか?

声は、睡眠で決まるといっても過言ではありません。

練習や準備が大変で、寝る暇がなかった、では本末転倒です。

リハーサルをがんばりすぎて、声が枯れてしまったも言語道断。

本番で最高のコンディションになれるように、
休養や睡眠は充分取りましょう。

計画や準備を逆算して立てるのも大事なことです。

 

 

ライブの前日は、自分の頭にひとつも「?」(はてな)がない状態を目差す。

そして、その瞬間、今の最高の自分を引き出せる状態を創る。

これこそが、すべてを忘れて、パフォーマンスに没頭する、
100%、自分を表現するための鉄則なのです。

18068329_s

 - The プロフェッショナル

  関連記事

「送り手」になりたかったら、「受け手」と同じことをしていたのではダメです。

「歌が好きだから、毎日歌っているんですよ」という人は、たくさんいます。 毎週のよ …

「見せ方」にこだわる

Honda ZのCMのお仕事で、ZZ topのボーカルレコーディングに立ち会うた …

タイムプレッシャーを逆手に取る

「どんなときに名曲が生まれるんですか?」 というインタビューに、 坂本龍一は、「 …

「そういう素人臭いのじゃなくて、ちゃんとフレーズ歌って!」

「声くださ〜い」   音楽の現場に長くいるので、 この「声ください」と …

「ステージの上って、どこ見て立ってたらいいんですか?」

「ステージの上って、どこ見て立ってたらいいんですか?」   謎の質問で …

どうせやるなら「ザ」のつくプロフェッショナルを目差せ!

先日、とある販売店でのこと。 まだまだ新米臭のある若者が、私たちの担当になりまし …

「売れ線狙い」は劣化コピーを生む。

「これ、今、売れてるから、この路線で行こう!」 そんな風に言うおじさまたちが、一 …

ライブの選曲、どうします?

3月2日のMaybe’sライブのリハーサルがはじまりました。 基本2 …

「教える者」であるということ

学生時代。 先生が生徒をジャッジするより、 生徒が先生をジャッジすることの方が圧 …

「ダメ出し」こそが、プロの技を試される仕事なのだ

他人にダメ出しをする人には、 自分のためにダメ出しをする人と、 相手のためにダメ …