大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「時間」を武器に変える!

   

「日本人は、残業するから、作業の生産性が上がらないんだ。
17時なら17時に確実に帰らなければいけなかったら、
何がなんでも時間内に仕事を終わらせようと集中するし、
終わらせるためのくふうもするよね?
遅くまで残業するから、疲れたり、お腹がすいたりして気が散る。
無駄な時間が出る。
あげく、飯食って帰ろうみたいになって、翌日まで疲れを残す。
これでは負のスパイラルだ。」

複数の会社のCEOを歴任したアメリカ人の友人が、
以前こんなことを言っていました。

なるほど、わかる。

友人は「今会社がめちゃくちゃ忙しいんだ」と言っていても、
定時に帰宅し、ジョギングをし、料理をし、
家族と一緒にディナーをして、読書までしていました。

仕事が出来る人って、時間のつかい方がうまいのです。
オンとオフをバシッと切り替えられるから、
心身が健全な状態を保てるし、
仕事の生産性も、人生の満足度も高い。

一方で忙しい、忙しいと言っている人ほど、
集中力がなくて、生産性が低い。
いつまで経ってもひとつの仕事を終えられないから、
次々と別の仕事がかぶってきて、
ますます集中できなくなる。
そんな負のスパイラルにはまりがちです。

これでは、リラックスする時間も、
遊ぶ時間も、トレーニングする時間も取れません。
できる人たちとの格差は広がる一方です。

 

仕事や制作の効率を上げるのに大事なポイントは3つ。

1. 睡眠の質を上げること

これね、もんのすんごく大事です。

脳は、カラダの中でもっとも働く場所。
情報を処理し続け、新しいアイディアを生み出し続け、
あらゆる指令をカラダの細部に送り…。
そんなハードワークをこなしてくれる、ほんっとに大事な場所です。

きちんと食事を取る。
時には、しっかり休養して脳を休める。
そうやって、ちゃんと労ってあげると、
脳はちゃんと答えてくれます。

寝る暇がないとか、次々やることがあって気持ちが休まらないとか、
それって、ノンストップでマラソンを走り続けているようなもので、
カラダならどっかで故障するレベルの、いじめです。

集中力が落ちたら休む。
頭が回らないな、いいアイディア出てこないな、
と思ったら、さっさと寝る。

健康でい続けるためにも、鉄則です。

2. ひとり時間を確保すること

これが難しい人がたくさんいることを知った上で、あえて書きます。

もっとも集中力が奪われる、
作業効率が下がるのは、
自分以外の「生き物」の存在です。

とにかく、そばで動かれるだけで気になる。
話しかけられたら、答えなくちゃならないし、
無視したら無視したで、気まずい空気が流れたりする。

生き物はエネルギーを持っていますから、
そのエネルギーに影響を受けるのですね。

家族がいると、もうこれが、一番難しいんですが、
例えば、家族が起きるより、2時間早く起きてみる。
ひとりでこもれる場所を確保する。
貸しスタジオや図書館、コワーキングスペースを利用する。
車の中に閉じこもる、など。

ひとり時間はくふう次第で、必ず手に入れられるはず。
時には、無慈悲になることも、大事です。

3. 集中力を徹底的に高めること

集中力を高めると、時間の密度が変わります。
同じ時間を過ごしても、詰め込める量が圧倒的に多くなるのです。

集中力を上げるには、
あらゆる「ノイズ」を徹底的に遮断すること。

テレビ、ラジオや音楽のながら聞きは、
その分脳がエネルギーを消耗するので、NGです。
「全く気にならないんで」という人がいるんですが、
そもそも、全く気にならないならつけておくポイントはありませんよね。

周囲の音を遮断する目的なら、
クラシックのような、リズム楽器の入らない音楽や、
水の音などの、自然音がお勧めです。
iTunesなどで気軽に聞けるので、ぜひ試してみてください。

メールやSNSなどの情報ノイズは、遮断の一手です。
これも他人のエネルギーに影響されることに他なりません。
Wi-Fiがないと仕事ができないなら、アプリを切る、
通知をオフにするなど、くふうしましょう。

最大の敵は、思考のノイズ。
あ、あれやらなくちゃいけないんだった。
あの人に連絡するの、忘れてた!
後で、これ買いに行かなくちゃ…etc.etc.

思考ノイズは、
もう、ほんっとにウジ虫のように頭の中に湧いてきます。
こればかりは、止められません。

座禅の世界では、
「雑念は、流れるにまかせる」と言うようですが、
後でやろう、今はやめよう、と思うことで、
「覚えておかなくちゃ」という意識が働いて、
そこでまた、脳がエネルギーを消耗します。

だから、目の前に雑念メモを置いて、
出てきた雑念はどんどんそこにメモしておくのが正しい。
騙されたと思ってやってみてください。
ウソみたいに集中できるようになります。

 

時間は唯一、誰もが平等に持っているリソース。

どんな地位の人も、どんな職業の人も、
悠々自適な人も、フリーターも、バンドマンも、
お金持ちでも、貧乏でも、
あふれる才能があっても、凡人でも、
つかえる時間はみな同じです。

そういう意味では、時間のつかい方こそが、
下克上を可能にする最大の武器ともいえます。

まだまだ、やれることはありそうです。

◆歌う心とカラダに活を入れる2日間。MTLサマースクール2022。リアルとリモート同時開催。
◆公式LINE、はじめました。ご質問やお悩みにもお答えしていきます。ご登録はこちらから。

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

誰もが、自由に歌えるカラダを持っている。

もしも、何も考えず、なんの苦痛もなく、 どんな曲でも、素晴らしい声で自由に歌えた …

「思いきりOFF」で、効率をあげる。

「休みの日には思いきり休みなさい」と、みんなに言っています。 たまりにたまった雑 …

「できない」と言える「自信」を育てる。

レコーディングのお仕事に 呼んでもらうようになったばかりの駆け出しの頃。 スタジ …

「所詮同じ人間」という前提に立つ。

誰かにできて、自分にできないことを、 生まれや育ちの違いのせいにしてしまうのは、 …

年齢の制限なんか、単なる幻だ。

中学のときのこと。 当時、クラスで常に成績の1〜3位の上位を争っていた、仲のよい …

歌と「向いてない」とクソまずいケーキ

「歌がうまくなりたいんですけど、なにをしたらいいですか?」 と質問されると、反射 …

数字じゃなく、「ひとりひとりの顔」に想いを馳せる!

ご存じのように、昨年12月から、 「365日毎日メルマガ宣言」をし、 毎朝10時 …

想像力は人の痛みを知るためにある。

2002年、 ふらっと訪れた旧友たちの住むニューヨーク。 以前住んでいたアパート …

ベストを尽くす。ベストを尊重する。

週末の久っびさのリアルセミナーの準備に追われています。 レジメやプロット、オケや …

だから、嫌いなものは嫌い!

人の価値観はそれぞれです。 高くても、無理しても、 お気に入りのバッグを買いたい …