大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「一音」にこだわる

      2017/10/10

「とりあえず、ラララで歌って。」

歌の練習で、一番最初にするのは、
歌詞も曲想も取り払って、「ラララ」で、シンプルにメロディを歌う練習です。

ここで大切なことは、ピアノで音を一音、一音、確認しながら、
ゆっくりのテンポで、ボイトレのように、はっきり、しっかり歌うこと。

この練習をすることで、
「歌えている」と思っていたメロディが、実はうろ覚えだったり、
ピアノに存在しない音だったり(ブルーノートなどのような音ではないのに)
というようなことが、次々、明らかになります。

シンガーソングライターの子たちでも、
ピアノでオリジナル曲のメロディを確認してみたら、
「え?そこ、同じ音なんですか!?」とビックリしたり、
「MISUMIさん、私、そこ、どっちの音歌ってますか?」などと逆に聞いてきたり、
ということもめずらしくありません。

こうした確認なしに、歌っている(つもりになっている)ということは、
ひらがなもちゃんと書けないのに、
名文を書けた気になって悦に入っているようなものです。

ラララで歌う目的は、音の確認だけではありません。

一音、一音、自分の最もいい声を出せるまで、
声をキープして、鳴らす練習をします。

次に、メロディの階段を行き来して、
音の高さによって、音色が変わったりしないように、
時には止まりそうなくらいゆっくり、
また、何度も繰り返し、均等に滑らかにつなげるようになるまで練習します。

一定の音色、音量で、最初から最後まで歌うことは、実に難しいのですが、
同時に非常に大切な練習でもあります。

音の高さに左右されて、音量が出たり引っ込んだり、
ドの音はオルガン、レの音はエレキギター、ミの音はサックスの音色
というような、コントロール不能な楽器だったり、では困るわけです。

同じ音色、音量で1コーラスを均等に歌えて、
はじめて、自分という楽器本来の響きを確認することができるのです。

練習をはじめたばかりの人は、
「なんて気の遠くなるようなマニアックな練習?」と思うでしょう。
しかし、残念ながら、王道に近道はありません。

たった一音、いい音が出せないのに、いい声で1曲歌えるわけがないのです。

このマニアックな1音入魂練習。
1曲完璧にやれば、信じられないくらい上達します。
そして、次の曲、その次の曲と、マスターするスピードがどんどん早くなります。

今日は、「ラララ」によるトレーニングの概要をざっくり、
駆け足に紹介しちゃったので、
いずれまた、ひとつずつ、ゆっくり解説したいと思います。

19225072_s

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

  関連記事

「これでいいのだ」と言い切る勇気。言い切れるまで追い込む努力。

中学時代、先生や英会話部の先輩たちが口々に、 「カーペンターズの英語はきれい」 …

時間の密度を高める集中のコツとツボ

作品をつくりあげるとき、 制作現場で、 そして、トレーニング、練習、リハーサルで …

「練習しなくちゃ」と思ってしまう時点で、 ダメなんです。

「やらなくちゃいけないってわかっているんですけど、なかなかできなくて・・・」 & …

焦燥感や無力感が、 明日の自分をつくるエネルギー

もしも、人間のカラダに、 「歌がうまくなるスイッチ」というものがついているなら、 …

「送り手」になりたかったら、「受け手」と同じことをしていたのではダメです。

「歌が好きだから、毎日歌っているんですよ」という人は、たくさんいます。 毎週のよ …

熱意とか、負けん気とか、激しさとか、悔しさとか。

MTL Live2017、大盛況の元に終了いたしました。 ご参加いただいたみなさ …

オリジナリティ

「オリジナリティにこだわってるんで。」 と、オリジナル曲をやっているバンドや、 …

「そこまでやる?」がオーラになる。

「そこまでやらなくても・・・」 思わず、そんな風に言いたくなるほど、こだわりの強 …

疑問や不安を放置しない!

学習の過程はいつも同じです。   1.気づく。 2.原因を探る。 3. …

抜本的に、根本的に、ミュージシャンは、まず、そこ!

一定のレベル以上のミュージシャンになると、 そこから上の実力の差は、 一般の人の …