大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

世界はあきれるほど狭い

   

むか〜し、
と書きたくなるくらい、遠い昔のこと。

カナダでデビューしないかと持ちかけられて、トロントの音楽エージェント宅に居候をしながら、楽曲制作にいそしんでいたことがあります。

 

ある日、そのエージェントが北米でのブッキングを請け負っていた、イギリスのロックスターがしばらく滞在することになりました。

「伝説」とさえ呼ばれているその人に会えただけでも、
かなり盛り上がったのですが、

実は、彼のかつてのマネージャーが、私が一度だけ出かけたロンドンで、一度だけ一緒にお仕事をしたイギリス人エージェントだったと判明し、業界というものの世界的な狭さに驚いたものです。

 

 

 

こんなこともありました。

マンハッタンの和食屋さんで働いていたウェイターの男性とおしゃべりしていたら、その1年ほど前に急逝した大阪出身の私の親友とバンド仲間だったとわかったのです。

 

世界というものの狭さを痛感した二つの出来事でした。

 

この人とは、この先二度と会うことも話すこともあるまいと思っていた人と、ふとした縁で突然、出会ったり、お仕事をするようになる。

 

そんな不思議なほどの世界の狭さは、SNS時代になって加速しました。

 

何十年も会っていなかったような人から突然連絡が入る。

海外で短期間なかよくしていて、住所も伝え合わずに別れた外国の友達から、友達申請がくる。

「田舎の友達が、このブログ読んでみろと、MISUMIさんのブログのリンク貼ってて、びっくりしました!」と10年も昔の教え子が言う。。

 

「二度と会えない人」や「消息不明の友」なんて、探す方が難しい時代になりました。

 

そして、だからこそ、

 

一回一回のリアルな出会いの価値は、どんどん上がっています。

 

たった一度会っただけでも、誰かの記憶に残る人になれば、ご縁はやがて繋がっていく。

通りすがりに1曲聞いてもらっただけでも、心に引っかかる歌を歌っていれば、どこかで探しあてて、また聴きに来てくれる。

そして、もちろん、反対のスパイラルも容易に起こります。

 

どんな瞬間も、心を込めて、誠心誠意、人と、自分と向き合って行くことが、今ほど求められる時代は、かつてなかったかもしれません。

 

8786181 - angel heart

 

 

 

 - Life

Comment

  1. 大島 慶(ちか) より:

    みすみ
    凄く久しぶりです!
    大妻のおけいさん、フジテレビで再開した。覚えてますか?
    うちの娘のタップダンスの先生がみすみのFBをいいね!してて、見付けたのよ。
    とても立派になられて(笑)
    ためになることが書いてるので何気にフォローしてますよ。娘がやってるFBで。
    世界は狭い!ホントにね。
    またいつか同窓会で再開しましょう。
    ご活躍陰ながら応援してますね。

  2. otsukimisumi より:

    きゃ〜、おけいさん!
    見つけてくれて嬉しいです。FBって本当にすごいね。
    ぜひまた、再会できる日を楽しみにしていま〜す!
    メッセージ、ありがとう!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「うまくいかないとき」のことを一生覚えていよう

ときどき、うまく行かなかったときのことを数え上げてみたりします。   …

うるさぁあああいっ!

数件先に、小さな公園があるせいか、 それとも、徒歩3分ほどのところに小学校がある …

行動のパターンを変えると思考が変わる

6日ぶりの更新です。 丸2年前、思いを新たにブログに取り組もうと決心して以来、 …

「自分の感性をリセットする」

一昨日の『The ワークショップ Show』を振り返って、 今日は自分自身のこと …

「やった感」はいつだって、ちょっと痛い。

みなさん、明けましておめでとうございます! 2017年がはじまりました。 みなさ …

ボーカリストが20代のうちにやっておきたい10のこと

10代、20代のアーティストたち、学生たちを見ていると、 彼らの脳や肉体の柔軟性 …

「積ん読」でも「疑似読書」でも、本で世界は広がるのだ。

少し前に「本を読もう!」というポストをアップしました。 今日も本のお話。 もちろ …

「逃した魚」は、きっと毒入り!?

「チャンスの神様には前髪しかない」(Seize the fortune by t …

ちょっと「なんか」言われたぐらいでって言いますけど。

大人というのは「なんか」言うものです。   親や教育熱心な先生のように …

「らしくない」を排除すれば、「らしい」が見つかる

情報がどんどん入って来るこの時代に、 自分のアイデンティティ、つまり個性を見出す …