大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

超私的なブログを書きました。

   

2018年度の終わりと共に、
クレイジーな日々がやっと一段落。

いろんなことが少しずつ整理ついてきて、
なんだか靄(もや)が晴れていくように、
頭の中がスッキリしてきました。

実は、3月の前半は、こういうのを鬱(うつ)というのではないかな?
というくらいの、気持ちの重い日々があって。

とにかく、「明日」のことを考えるだけで、
すんごくBadな気分になる。

やりたくないことはなにひとつやってないはずなのに、
とにかく気が重くなって、
「また明日も仕事か」と思ってしまう。

もしも私が、こんなとき、
「がんばらなくちゃ」とか、
「こんなの、らしくないから、なんとかしなくちゃ」
って思うような生真面目なタイプだったら、
どんどん悪いスパイラルに入っていたかもしれません。

なにしろ、年が明けてからこっち、

昨年秋から通っていたゼミの、
最終プレゼンの準備に追いまくられていた上に、

歌詞をたくさん覚えなくちゃいけない、
大きなライブが立て続けにあり、

MTLワークショップの企画、運営、宣伝などがあり、
卒業ライブの指導期間があり、
自宅スタジオの改装があり、
ワークショップや講習会があり、
確定申告準備があり・・・・

それらすべてが、
週に15時間前後、大学のあるときは30時間近くある、
レッスンの合間に起こっていたわけです。

やっとすき間時間ができると、
衣装を買いに行かなくちゃとか、
家具を見に行かなくちゃとか、
美容院や、ネイルや、まつげサロンに行かなくちゃとか、
雑用と私用に追われまくり、
2代目わんこのルーシーさんのトレーニングに頭を悩ませ・・。

常に全方位的に脳を使っていた状態です。

そら、疲れますわね。
(年だから、じゃないんですのよ。たぶん。)

私の優れているところ(?)は、
こういうとき、ちゃんと堕落モード、
省エネモードに切り替えられること。

その時、その時、
集中しなくちゃいけないことだけを考えて、
後をバサッと切り捨てられる。

頭がオーバーヒートして、
眠れなくなっちゃったら、
潔く、睡眠誘導剤とかで強制終了するし、

何にもしないで目をつぶっていても、
脳が思考に支配されて疲れるときは、
日頃全然やらないゲームとかやってみる、

食事してても思考が止められないときは、
楽しめる映画を見ながらごはんする・・・。

そんな風に、気持ちが落ち込む時期を乗り越えました。

まぁ、正直、
眠れない夜や、
今日こそたくさん寝ようとクスリを飲んで寝たのに、
3〜4時間で目覚めてしまった上に、
仕事が気になり、どうやっても二度寝できなかった朝は、
言いようのないくらい気分が滅入ったし、

思い切って休もうと決めたはずのブログやメルマガが気になって、
書こうとがんばったあげく挫折して、
下書きの山をみる度に、
やるせない無力感に襲われたりもしたし、

散らかった部屋や、
放置された書類たちをみる度に、
自己嫌悪に苛まれることもあったけど、

ひとつ、またひとつと、
大きなイベントが終わるたびに、
気持ちが落ち着いて、

3月の終了と共に、
やっと本来の自分自身に戻れた感があります。

 

新年度の目標は、Be myself。

近年、好きなことしかやっていないとはいえ、
いろんなことがどんどんうまく回り出すと共に、
自分らしくいるための時間が、
どんどんなくなってしまいました。

ミュージシャンしかやってなかった頃って、

一日何本もスタジオはしごしたり、
1週間で10曲歌詞書いてくれって言われたり、
月に何本もリハーサルやライブをこなしたり、
旅仕事があったりと、
クレイジーな時期も、もちろんあったけど、

ゆっくり起きてエクササイズしたり、
ウォーキングしたりして、
まったりブランチして、
じっくり掃除して、

曲書いて、
歌詞書いて、
音楽聴いて、
練習なんかもして、

ゆったりお風呂入って、

ふらっと美術館行ったり、
思い立って海見に行ったり、
半日、本屋さんで過ごしたり、
映画見に行ったり、

ちゃらっと海外行ったり、
友達や家族誘ってごはんしたり、

それでまた移動中に曲書いたり、
歌詞書いたり、
日記書いたり・・・

ほんの20年くらい前まで、
(まぁ、「ほんの」じゃないけど)
そんな気ままな時間がいっぱいあったんですね。

そんな時間が私という人間を、
ちょっとユニークに熟成させてくれたとも言える。

 

今年度から、思い切って大学をお休みすることにしたのも、
もう一回、そんな自分時間を取り戻したかったから。
そして、自分自身ともう一度じっくり向き合って、
これからをどう生きていくか、しっかり見据えたかったから。

4年計画で考えて来たことですが、
奇しくも新元号に変わる節目と重なって、
本当に新たな気持ちで未来を見ることができます。

MTLもひと巡りの仕組みを作り終え、
これからひとつひとつをより素晴らしいものにするフェーズ。

インストラクターたちもどんどん育ってきてくれたので、
ここからは彼らの事業をサポートする仕組みを考えるフェーズ。

アーティストとして、ヴォーカリストとしては、
昨年、念願のDazy’sのアルバムを創れたことで、
やっと向かうべき方向性が見えた気がしています。
歌や音楽に関しては、
もう迷ったり、よそ見したりは、しないな。

 

これからは、パフォーマーとして、
そしてヴォイストレーナーとしての自分自身を磨き、
たくさんの人の前でお話をする機会をつくりたい。

同時に、もっともっとたくさんの人に、
私の書いたものを読んで欲しい。
物書きとして認められたい。

今はそんなことを叶えるための準備をしています。

 

そしてそして、
キャリアだけじゃなくて、

ゆっくりお散歩したり、
ゆっくりコーヒー飲んだり、
ゆっくりおしゃべりしたり、
のんびりジョギングしたり・・・

放置しっぱなしだった家のことも、
少しずつはじめたい。

旅行もいきたい。

もっともっとカラダをいたわりたいし、
ビューティーにも気を使いたい。。。

 

先日こんな話をしていたら、
弟子に、
「すでに忙しくて目が回りそうなんですけど」
といわれましたが(^^)

 

夢広がる新年度。

やっぱりコーヒーは、
時計を見ないで、
ゆっくり座って飲む時が美味しいなあと思う昼下がり。

おほほ。

なんか、しばらく、優雅に行きますわよ。(イメージ)

*一生に一度徹底的に。【第7期 MTLヴォイス & ヴォーカル レッスン12】お申し込み、まだ間に合います。
第7期は2019年4月6日(土)スタートです。

*受講生の声はこちら

 - Life, My History

  関連記事

「迷い」に耳を貸さない覚悟

「これだ!」と閃いて、 ワクワクはじめたはずなのに、 なぜかうまくいかない、 こ …

数字じゃなく、「ひとりひとりの顔」に想いを馳せる!

ご存じのように、昨年12月から、 「365日毎日メルマガ宣言」をし、 毎朝10時 …

はじめる年齢が若くたって、ダメな人はダメなんです。

「なにかをはじめるのに遅すぎると言うことはない。」 さまざまなところに、そんな言 …

その瞬間、ちゃんと声出してますか?

一昨年の夏。満員電車の車内でのこと。 入口付近に、憔悴したようすのお年寄りが立っ …

「ひどいことを言われた」と感じたときこそがチャンス

20代の前半で、当時10才前後先輩だったプロフェッショナルの先輩たちに、 それは …

「目立ってなんぼ」はさっさと卒業する

テレビは基本洋画一辺倒で、時折ニュースをつけるくらいです。 ワイドショーもドラマ …

生きるって、信じることなんだ。

何年くらい前のことでしょうか。 世界の舞台で活躍した、某有名シンガーとお話をする …

「夢を叶える日記」の勧め

  日記をつけていますか?   実は私、小学校1年生から日記 …

自分の「ウリ」を見つけた女は強い

「MISUMIさんって、ジャニスみたいですね。」 若い頃から、そう言われるたびに …

【自己評価を上げるためのチャレンジ】

「あなた、ホントにきれいよね〜」 「キミって、カッコいいね。」   そ …