大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

話す発声と歌う発声?

   

「話す発声と歌う発声って違うんですよね?」

よく耳にする、不思議な疑問文です。

実は、スピーチ系のボイストレーナーの方の本などでも、
しばしば見かけるこのフレーズ。

「歌う発声と話す発声は違う」

・・・本当でしょうか?
結論から言えば、それは「ウソ」です。

人間のカラダには発声器官はひとりにつき、1セットしかついていません。

その発声器官は素晴らしい機能を持ち、その見事な働きによって、
「声」が生まれるのです。

そして、その発声器官のパフォーマンスを最大限に引き出すための、
合理的かつ、正しい発声方法は、たった一つしかありません。

なぜなら、私たちのカラダは精密機械と同じ。
完璧にデザインされているからです。

完璧にデザインされている道具には、完璧な使い方がある。

パソコンを使って行うのが、IT関連の複雑な業務だろうが、
ミュージシャンの作曲作業だろうが、
子どものゲームだろうが、
その根本的な使い方になんの違いもないのと同じです。

完璧な発声の基本は、どんな声を出すときも、同じであるべきなのです。

では、なぜ、「話す発声と歌う発声と違う」と言われることが多いのでしょうか?

ひとつには、歌というと、
クラシックのような声を思い浮かべる人が多いということがあります。

話す声とは、明らかに違って聞こえる、いわゆる「クラシック声」。

日常話すときより、呼吸の圧力を高め、声の通り道の状態を整え、
共鳴の多い、よく響く声をつくっています。

また、歌う時の音域が、
話す時に使われる音域よりも明らかに広いということもあるでしょう。
どんなに表現力のある人でも3オクターブもの音域を使って話すことはありません。

でも、こうした歌の特徴は、
あくまでも、「正しい発声」の延長線上にあるものです。

小学生が走るのと、オリンピック選手が走るのと、
走り方は同じでも、パフォーマンスが大きく違う。

そうした違いであって、根本が違うわけではないのです。

歌うことは、すべての声を使う人のための、スーパートレーニング。
このことに疑いの余地はありません。

10945211_s

 - 未分類

  関連記事

no image
「妥協点」と「落としどころ」は決定的に違う

複数の人とクリエイティブな作業をしていると、 必ず、意見が分かれるときがあります …

no image
反面教師という大切な存在

「こんなピッチの悪い歌をわざわざ持ってきて、人に聴いてくださいって言える神経がわ …

no image
Obsession〜頭にこびりついて離れないもの〜

プロとアマチュアの分岐点はどこにあるんでしょう? 何かが好きで、夢中になることは …

no image
変声期

昨日は12~16才の男の子ばかり、8名のボイトレを担当しました。 17才くらいか …

あなたの呼吸、大丈夫ですか?

最近、息切れがする。 話をしてても、途中で、息苦しくなる。 年かなぁ・・・ そん …

no image
疑問、質問、聞きたい話、ありますか?

脳内にどんどんわき上がってくる、ことばの断捨離の目的で、 ブログを可能な限り毎日 …

no image
「歌う環境」をつくる。

5年ほど前、某レコード会社のディレクターさんに連れられて、 女性R&Bシ …

no image
平均的な舌って、なに?

誰しも、生まれながらの自分のカラダが、 自分にとってのスタンダード=標準規格です …

no image
集中を阻むのは「準備の悪さ」

集中力を瞬時に発揮するためには、何らかのスイッチが必要です。 記録を競うスポーツ …

ぶっ壊すことを恐れない。

CMの作詞のお仕事を依頼されたときのことです。 某大企業のCMの歌詞を書かせてい …