大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

変声期

   

昨日は12~16才の男の子ばかり、8名のボイトレを担当しました。

17才くらいから20才にかけて、
主にメンタル面でデリケートな(めんどくさい)お年頃を迎える女の子に対し、
男の子は、実はこの期間が、ボイトレ的に一番デリケートです。

変声期があるからです。

女子が初潮を迎えておとなになるように、男子は変声期を経ておとなになるものと、
あたりまえのように言われていますが、
ではこの変声期、実際、どういうことが起こっているのか、
どう対処すればいいのか、一般的には驚くほど知られていません。

この変声期を経て、男子の声帯の長さは倍近くになります。
つまり、単純に言えば、音域が1オクターブ下がるのです。

ことばで書くとシンプルですが、声帯を唯一の音源とする人間のカラダにとって、
「長さが倍になる」というのはとんでもない変化です。

想像してみてください。

ある朝起きたら、指の長さが突然倍になっていたら?
それまでと同じようにピアノを弾けるでしょうか?

フレットの幅が倍あるギターをいきなり渡されて、
その場で流れるように演奏できますか?

そう。その大きな変化のせいで、
男子の、発声器官の筋感覚は大きく狂ってしまうのです。

男性に自称・音痴が多いのも実はこのせいです。
一度狂った筋感覚を取り戻せないままおとなになる。
声変わり後に人前で歌って笑われた経験がトラウマになってしまう人もいます。

変声期をどう乗り越えるか、
乗り越えた後に、自分の声とどう向かい合っていくか、
ボーカリスト男子たちにとって、大きな課題です。

昨日のお仕事の準備で、再度、変声期について調べていたら、
とても興味深いyoutubeをみつけました。

NHKの制作したレコードをアップしたもののようです。

あまりにも面白く、かつまた勉強になるので、こちらにリンクを貼ります。
興味のある方は是非見てみてくださいね。
(6分割されています)

 - 未分類

  関連記事

no image
「点ではなく面で考える」

最近、心密かに想いを寄せている佐藤オオキさん。 昨年、オオキさんが出演していた …

no image
上達のキーワードは「イメージ力」

歌は、誰かに教われば上達するというものではありません。 もし、有能なトレーナーに …

無責任なコメントに心乱されない

まだ学生の頃だったでしょうか。 通りがかりの野外ステージでやっていた、公開オーデ …

no image
疑問、質問、聞きたい話、ありますか?

脳内にどんどんわき上がってくる、ことばの断捨離の目的で、 ブログを可能な限り毎日 …

no image
発声のためのベスト・バランス

マジカルトレーニングラボの初回カウンセリングでは、 音楽経歴とともに、必ず運動経 …

no image
「話すためのボイトレって、何するんですか?」

「話すためのボイトレって、一体何するんですか?」 一般向けのボイトレセミナーや講 …

うまく行かないときは、自分自身の棚卸しをする

世の中は結構不公平にできています。 必死に必死にがんばっていても、 なかなか認め …

no image
「妥協点」と「落としどころ」は決定的に違う

複数の人とクリエイティブな作業をしていると、 必ず、意見が分かれるときがあります …

no image
Obsession〜頭にこびりついて離れないもの〜

プロとアマチュアの分岐点はどこにあるんでしょう? 何かが好きで、夢中になることは …

ミュージシャンに向いている人って?

「ミュージシャンに向いている人ってどんな人ですか?」 そんな質問を時々受けると、 …