大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ミュージシャンに向いている人って?

   

「ミュージシャンに向いている人ってどんな人ですか?」

そんな質問を時々受けると、私は迷いなく、
「楽天的な人!」と答えます。

人間誰しも、うまくいかないときはあります。

特に、音楽を仕事にしている人で、
「うまくいかないとき」を経験したことがない、などと言う人は、皆無でしょう。

これほど、ダイレクトに、「運気」を体感する職業も少ないのではないでしょうか?

朝から晩までスケジュールがビッチリ。
制作やら、レコーディング、プロモーション、リハーサル、ライブ・・・

休日どころか、寝る暇もない。
そんな時期に限って、
次から次へと新たなスケジュールやプライベートな所用が入って来て、
対応するだけでも激しいストレスを感じる。
「しばらく、そっとしておいて!!」と叫びたくなる時さえある。

ある日、ぱたりとスケジュールがとぎれ、
なんて幸せなんだろうと、休日を謳歌する日々。
当分、こんな平和な日々を過ごしたいなぁ・・・なんて、思っているうち、
気づけば2週間、3週間。
ウンザリするほど飛び込んで来たメールも、
ひっそりと息をひそめて・・・
「みんな、私のアドレスなくしちゃったのかな?」などと、
ひとりごとを言う頃には、不安はMAX。

や〜〜っとぽろっと仕事の電話がくれば、
たまったま、前々から決まっていた、1日限りの仕事とかぶって断らざる終えない。

・・・そんなスーパー浮き沈みの人生を笑って乗り越えられなければ、
ミュージシャン家業は無理です。

収入だって、同世代の初年度の年収を2〜3ヶ月で稼げるかと思えば、
ぱたりと仕事がなくなって、半年間無収入などということもざらです。

「よくそんな生活できるね。絶対耐えられない。」

社会人の友人は、そんな話をするたびに、あきれ顔で言ったものです。

しかし、ミュージシャンとはそういう仕事。
そうした不安定さが耐えられないほど苦痛な人には絶対に向いていないのです。

もちろん、何十年も生き残っている人たちは、単に楽天的なだけではありません。
仕事のないときに何をするか。
何を考え、どんな行動をし、誰に会うか。

時間があるときほど、そんなことに心を配り、
端からはストイックに映るほど、無駄なく時間を過ごしている。

そんな資質があるかどうかは、
しかし、ミュージシャンをはじめてみないとわからないもの。
まずは、なんと言っても・・・

なんとかなるさ。
音楽、楽しいんだよね。
意外とうまくいくんじゃない?

そんな風に脳天気に、楽天的に、考えられるかどうか。

とりあえず、やってみますか?(^^)

 

29689296_s

 - 未分類

  関連記事

no image
プロフェッショナルには「覚悟」がある

高校時代から、たくさんの音楽仲間にめぐまれました。 みんな音楽が大好きで、 寝て …

no image
反面教師という大切な存在

「こんなピッチの悪い歌をわざわざ持ってきて、人に聴いてくださいって言える神経がわ …

no image
先人たちの名演に学ぶ

ボーカリストにとって、いや、ミュージシャンにとって、 最高の教材は先人たちの残し …

無責任なコメントに心乱されない

まだ学生の頃だったでしょうか。 通りがかりの野外ステージでやっていた、公開オーデ …

no image
聴覚 視覚 筋感覚

歌がうまくなりたい、いい声になりたい、と思うなら、 研ぎ澄ましたい感覚が3つあり …

no image
歌の試験の採点基準って?

学校のようなところで教えていると、試験というものがつきものです。 いわゆる前期試 …

no image
声の印象を変える?

声は人の印象を決める上で、とても大切な役割をしています。 ある研究によれば、人は …

no image
言霊。声霊。

忘れられないことばというのがあります。 言った本人は、単なる会話の流れで、何の気 …

本番に強くなるマジックワード!?

「あんなにリハーサルうまく行ったのに・・・」 「どうして本番になると、いつもボロ …

no image
「好き嫌い」と「興味」は別物です。

大学のようなところで教えていると、 生徒たちに学んでほしい歌、教材にふさわしい曲 …