大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「答えは本の中にある」。きっと。

   

「わからないことがあったら本屋へ行け」

父が教えてくれたことです。

「世界中これだけ人間がいれば、自分と同じ悩みや疑問を持つやつが必ずいる。
長い歴史の中で、その答えをみつけたやつが必ずいる。
たいがいの答えは本屋で見つかるよ、MISUMI。」

そして、最後にこう言いました。

「どこを探しても、自分の求めている答えが見つからなかったら、
そんときはお前がその本を書け。
それはひとつの発見だぞ。」

歌い続ける中で、歌に対する疑問や、声に関する疑問がたくさん生まれ、
その度に、本屋の店先に立ちました。

しかし、探索は、けして容易ではありませんでした。

探しても、探してもなかなか答えが見つからず、
ひとつ、またひとつと、さまざまな本の中から見つけたヒントを
自分なりに組み合わせて、試行錯誤して、
ちょっとずつ、前に進んできました。

そして、そのヒントの多くは、ボイトレの本ではなく、
健康の本や、科学関係の本、自己啓発系の本の中で見つけたことでした。

声や歌を教えていこうと決意したきっかけは、
そうやって私が拾い集めてきた答えを、ただ知らないだけでなく、
その答えを探す努力も、いや、そもそもの疑問を持つこともないトレーナーが、
信じられないほど多いと知ったこと。

そうしたトレーナーにつくことで、
時間とお金と若さを無駄にしてしまう不幸な若者が
あまりにも多いと知ったからでもありました。

根性論も、精神論も、感情論も、
「私のマネをすればいいのよ」という経験論や、ある種の洗脳も、
科学や解剖学や物理学という、オタッキーなうんちくも、
クラシックのお行儀のよい発声も、
それぞれ一理ありますが、
それだけでは十分ではありません。

発声のメカニズムは非常にシンプルで、こどもでも理解できることです。

そして、そのメカニズムを正確に、過不足なく学ぶだけで、
発声効率はぐんとアップします。

また、声に関するいくつかの知識を持つだけで、
声感度は高まり、声がいきなり魅力的に変わったりもします。

歌う技術は、そんな、日常の発声の先にあるのです。

だからこそ、声のリテラシーを広めたい。

いつか、声に悩んで、本屋の店先に立つ人のために、
私が答えを用意したい。

そんな思いで、毎日のように、
文章を綴ったり、教材を試行錯誤しながら作ったりしているのです。

 - 未分類

  関連記事

no image
問題意識とスリルが「学び」のカギ

人の話を素直に聞く、言われたことを一所懸命やる、ということは、 人にものを教わる …

no image
1年前の、1年後の自分との距離感。

1年という時間はあきれるほど速く流れて行きます。 その速度は生きた年月に比例して …

本番に強くなるマジックワード!?

「あんなにリハーサルうまく行ったのに・・・」 「どうして本番になると、いつもボロ …

no image
上達のキーワードは「イメージ力」

歌は、誰かに教われば上達するというものではありません。 もし、有能なトレーナーに …

言い訳のない歌を歌う~Singer’s Tips #24~

「今日はちょっと調子悪くて」 「最近ちょっと歌えてなかったから」 「自分、まだま …

no image
変声期後の、いわゆる「音痴」をなおす方法

さて、昨日は変声期とはどういうものかについて書き、 興味深い資料のリンクをご紹介 …

no image
平均的な舌って、なに?

誰しも、生まれながらの自分のカラダが、 自分にとってのスタンダード=標準規格です …

no image
トレーニングの最大の難関は「はじめる」

どんなトレーニングでも、続ければ必ず結果が出ます。 それがトレーニングの本質とい …

no image
自分のチェック機構を磨け!

「ちゃんと練習したんですけどね・・・」 ちっとも上達していないことを指摘されて、 …

no image
話す発声と歌う発声?

「話す発声と歌う発声って違うんですよね?」 よく耳にする、不思議な疑問文です。 …