大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

上達しないアマチュアに共通のマインド

      2016/10/27

最短で歌や楽器を上達する方法として、
多くのスーパープロが勧めるのは、完全コピー、完コピです。

著名なシンガーやプレイヤーの名演をお手本として、
それらを本物そっくりに演奏できるようになるまで練習すること。

名演と言われる演奏には、
それぞれのプレイヤーのセンスや叡智が詰まっています。
そうしたエッセンスを吸収し、自分の表現の引き出しに入れることで、
自分自身の演奏の幅がどんどん広がるのです。

「完コピ」は、他人の芸風を、表面的に真似て、
それらしく見せる「モノマネ」とは意味もクオリティも違います。

名プレイヤーの「型」を細部に至るまで研究し、盗み取ることで、
音に対する彼らの反応や、感覚、マインドまでをも追体験する。

そうして、さまざまなプレイヤーのさまざまな名演をコピーするうちに、
自分自身の音への反応や、感覚が呼び覚まされ、
自分なりの表現へと昇華されていくのです。

上達しないアマチュアは、この「コピー」が実に甘い。

学校の授業などでも、「その曲なに?」と聞きたくなるほど、
テキトーに課題を練習してきて、時間をやり過ごそうとする生徒がたくさんいます。

授業で課題に出される教材だから、興味が持てないというのも、
仕方ないかもしれませんが、
ぐんぐん伸びる子は、課題だろうが、なんだろうが、
徹底的に聴き込み、研究し、練習してくるものです。

これでは、差は広がる一方です。

コピーがちゃんとできない、もうひとつの理由に、
他人の真似なんかするのはカッコ悪い、という
「オリジナル崇拝」のようなものがあります。

オリジナリティを大切にするのは大事です。
しかし、頭の中にあるモヤモヤとした概念を、具現化する、音にするためには、
表現力が不可欠なのです。

引き出しの中に白と黒の絵の具しか入っていないのに、
どうやって、刻一刻と移り変わる空の色を描き分けられるでしょうか?

さらには、「できているつもり」という人もいます。

「全然違うよ」と言われて、まるで意味がわからないというように、
「めっちゃ練習しましたけど」と言うのです。

これはつまり、ちゃんと聴けていないから。

お手本をきちんと聴けていない。
自分の演奏をきちんと聴けていない。
当然、違いがわからない。。。

悲劇です。
何時間練習したって、一生うまくなりません。

聞く人誰もが自分の演奏を絶賛してくれるくらい、天賦の才能のある人以外は、
「自分はちゃんと聞こえているか?できているか?」と、
問い続けなければならないのです。

かつてのアマチュアは、レコード針を何度も何度も戻しながら、
カセットテープを巻き戻しながら、
何時間も何時間も時間をかけてコピーしたものです。

そんな昭和の時代と違って、今は何だってある。

よく聞き取れないなら、
SlowPlayerなどのアプリを使って演奏スピードを落としてみればいい。

弾けてるかどうか確認したいなら、GarageBandなどのマルチアプリに、
オリジナルと自分の歌や演奏を録音して、徹底的に聞き比べればいい。

タイミングやピッチが不安なら、
Logicなどを使って、自分の演奏を数値的に分析してみればいいし、

なによりyoutubeを使えば、本物の名演を、何度だって見ることができます。

やらない理由はひとつもないはずです。
ですよね?

16708417_s

19日(金)お昼ごろ発行のメルマガでは、ボーカリスト、アーティスト以外の何者にもなる気のなかった私が、ボイストレーナーになったきっかけをお話ししています。

バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 - イケてないシリーズ

  関連記事

条件が不利な人ほど、熱意がある

優秀なボイストレーナーのレッスンに通い、 思う存分自主練習を積み、めきめき上達す …

そのボイトレで本当にいいんですか?

かつて某大手プロダクションの新人育成を任された時のことです。 レッスンにやってき …

「圧倒的な安心感」をくれるプレイヤーの条件

魅力的なプレイヤーたちとのパフォーマンスはドキドキ感の連続です。 心地よい音色と …

「高い声が出ない」という理由だけでキーを決めてませんか?

どうしてなんでしょうね? どうして、「高い声が出ない」という理由だけで、 みんな …

残念な人

ずいぶん前にちょっとだけ一緒にやったことのある、 かなり腕のいいドラマーがいまし …

誤解だらけの「ロック声」。そのシャウトでは、危険です。

ハスキーで、ひずんだ感じの、 いわゆる「ロック声」には、いろいろな誤解があります …

一所懸命やりがちな、『イケてない練習』

「歌ってどうやって練習しているの?」 レッスンを担当することになったボーカリスト …

「向いてない」って、なんだよ?

つい数日前、はじめて訪れた耳鼻科の先生に、 「この声帯の形からすると、あなた、 …

「イケてないメンタル」を打破する

本番になると、やたらミスばかり犯してしまう。 プレイは悪くないんだけど、いまひと …

「曖昧なこと」「わからないこと」を放置しない

歌や楽器の上達のために必要不可欠なことは、 「曖昧なこと、わからないことを排除し …