大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

人生を変えてくれた、最善と最悪に感謝する

      2015/12/20

最近、自分の人生の棚卸し作業というのをしています。

長年生きているというのもありますが、
この人生、びっくりするほどの数の人たちに、
ひとかたならぬお世話になっていています。

そんな、1人1人の方たちにいただいたご縁のおかげで、
今、自分がこうして、ここにいられるということを確認するほどに、
感謝の念でいっぱいになります。

そうした、ひとり、ひとりの顔を思い浮かべると、
その人たちが、してくれたこと、言ってくれたこと、
出会わせてくれた人たち、
しないでくれたこと、止めさせてくれたこと、などなどが、
人生に与えた大きな影響について、思わずにいられないのです。

かつて、ヒット曲を連発した有名ディレクターさんが言っていました。

「何十万枚売れたとか、そういう数字はひとかたまりの大きな数字じゃない。
地方の小さなCDショップで、1枚のCDを手に取って、
レジに並んでくれた、ひとりひとりの子たちが、何十万人いたんだってことを、
絶対、忘れないでおこうと思うんだ。」

自らの人生を年数ではなく、
出会いのひとつひとつの数で計り直してみる。

音楽に、出会うきっかけをくれた人。

続ける自信をくれた人。

「こんちくしょう。今に見てろよ!」と思わせてくれた人。

一緒に歩んでくれた人。

さまざまな選択を迫って、自分の中の優先順位を確認させてくれた人。

未知なること、素晴らしいことを教えてくれた人。

死んだ方がまし、と思わせてくれた人。

自分自身と向き合うきっかけをくれた人。

勇気や希望をくれた人。

挫折感や絶望や悲しみをくれた人。

一緒に夢見てくれた人。

夢を取り上げようとしてくれた人。

人生の節目節目に、たくさんの人たちがいました。
たくさんの人たちのおかげで、人生に節目ができました。

アメリカの黒人女性歌手、グラディス・ナイトが、
かつてレコードジャケットに、

「人生に起こった素晴らしいことと、最悪なことに感謝します」

というコメントを書いていて、
いつか、こんな風に言えるようになりたいと思ったのを今でも覚えています。

苦しいことや、悔しいことが、自分を強くし、押し上げてくれます。

自己嫌悪が、ガッツや欲望を駆り立ててくれます。

自分がしてもらったことを、後進に返していきたい。
自分が経験した、苦悩を、ひとりでも多くの人が、
経験しないですむよう、手助けをしたい。

ひとりひとりにお返しはできないから、
Payforward。
次の世代に、感謝と愛をもって、お返ししていくことが、
使命なのだ、と感じています。

そんな風に、感謝と愛が、次の世代、そのまた次の世代へと伝わるといいな。。。

18563172_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「できないこと」は「やらないこと」よりも、ずっとずっとマシ

「いつかやりたい」「いつかやろう」と思い続けていること、いくつありますか? &n …

「真っ白な灰」に、なりますか?

リングの上で真っ白な灰になった、『あしたのジョー』。 命を賭けられるほどのものに …

「ケツかっちん」を利用する。

「ライブやりたいなら、とりあえず、小屋から押さえちゃえばいいのよっ!」 &nbs …

「好きだから」っていう動機が一番すごい!

「キミのためなら死ねる」 『愛と誠』という漫画の脇役である岩清水くんの名セリフで …

前進し続ける人に共通のキーワード

「もう」は「まだ」なり。「まだ」は「もう」なり。 私の文章によく登場するので、最 …

とりあえず、「ムカついたら怒る」

音楽のお仕事をしていると、実に数多くの人と接する機会があります。   …

「歌うのが嫌い」という人の本当のわけ

「音楽に興味がない」「興味が持てない」という人は、ときどきいますが、 「音楽が嫌 …

自分の意見を口に出すことを恐れない

最近、若者たちがお互いに対して優しすぎる、と感じています。 バンドのリハーサルを …

200個の骨。600の筋肉。

人間のカラダには、およそ200個の骨があると言われています。 その上に乗っている …

「長期記憶のゴールデンタイム」にあなたは何を記憶しますか?

「受験生といえば、まずは『でる単』」。 『でる単』、すなわち、『試験に出る英単語 …