大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

人生を変えてくれた、最善と最悪に感謝する

      2015/12/20

最近、自分の人生の棚卸し作業というのをしています。

長年生きているというのもありますが、
この人生、びっくりするほどの数の人たちに、
ひとかたならぬお世話になっていています。

そんな、1人1人の方たちにいただいたご縁のおかげで、
今、自分がこうして、ここにいられるということを確認するほどに、
感謝の念でいっぱいになります。

そうした、ひとり、ひとりの顔を思い浮かべると、
その人たちが、してくれたこと、言ってくれたこと、
出会わせてくれた人たち、
しないでくれたこと、止めさせてくれたこと、などなどが、
人生に与えた大きな影響について、思わずにいられないのです。

かつて、ヒット曲を連発した有名ディレクターさんが言っていました。

「何十万枚売れたとか、そういう数字はひとかたまりの大きな数字じゃない。
地方の小さなCDショップで、1枚のCDを手に取って、
レジに並んでくれた、ひとりひとりの子たちが、何十万人いたんだってことを、
絶対、忘れないでおこうと思うんだ。」

自らの人生を年数ではなく、
出会いのひとつひとつの数で計り直してみる。

音楽に、出会うきっかけをくれた人。

続ける自信をくれた人。

「こんちくしょう。今に見てろよ!」と思わせてくれた人。

一緒に歩んでくれた人。

さまざまな選択を迫って、自分の中の優先順位を確認させてくれた人。

未知なること、素晴らしいことを教えてくれた人。

死んだ方がまし、と思わせてくれた人。

自分自身と向き合うきっかけをくれた人。

勇気や希望をくれた人。

挫折感や絶望や悲しみをくれた人。

一緒に夢見てくれた人。

夢を取り上げようとしてくれた人。

人生の節目節目に、たくさんの人たちがいました。
たくさんの人たちのおかげで、人生に節目ができました。

アメリカの黒人女性歌手、グラディス・ナイトが、
かつてレコードジャケットに、

「人生に起こった素晴らしいことと、最悪なことに感謝します」

というコメントを書いていて、
いつか、こんな風に言えるようになりたいと思ったのを今でも覚えています。

苦しいことや、悔しいことが、自分を強くし、押し上げてくれます。

自己嫌悪が、ガッツや欲望を駆り立ててくれます。

自分がしてもらったことを、後進に返していきたい。
自分が経験した、苦悩を、ひとりでも多くの人が、
経験しないですむよう、手助けをしたい。

ひとりひとりにお返しはできないから、
Payforward。
次の世代に、感謝と愛をもって、お返ししていくことが、
使命なのだ、と感じています。

そんな風に、感謝と愛が、次の世代、そのまた次の世代へと伝わるといいな。。。

18563172_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

行動のパターンを変えると思考が変わる

6日ぶりの更新です。 丸2年前、思いを新たにブログに取り組もうと決心して以来、 …

「続けること」のチカラ

今、どうしても叶えたいことがあったとして、 それがこの先10年間、 コツコツ何か …

他の誰かにとっては、 「なんぼのもんじゃい」の人生かもしれない

またひとつ、自分にとっての大きな挑戦が終わり、 静かな気持ちで休日を過ごしていま …

「夢を叶える日記」の勧め

  日記をつけていますか?   実は私、小学校1年生から日記 …

限りない偶然に選ばれてきた「特別な自分」

一瞬の選択で人生は大きく変わります。   もしもあの時、あの瞬間にラジ …

「もっと遊べ!」という謎のワード

「MISUMIちゃんは、もっと遊ばなくっちゃ。」 来る日も来る日も歌のことばかり …

もたもた迷っている暇はない!

「もっと歌詞の意味を考えて歌って!」 そんな風に言われたことのある人は、たくさん …

自分自身のマスターは、 どんなときだって、自分なんだ。

3月は「終わりの季節」。 学生時代に別れを告げ、 社会に出て行くことに不安を感じ …

「モラハラ」に負けない思考法

「ブスが話しかけるんじゃね〜よ!」 さまざまなハラスメントの標的になっていた、か …

大きな波を引き寄せる

音楽の仕事には、大きな波のようなものがあって、 来るときには、ど〜〜っと来て、 …