大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

体重計に乗っていますか?

      2015/12/20

先日亡くなった、お友達であり、ボイストレーナーの小島恵理さん。
ヤマハ音楽院のレッスンでは、毎回レッスンの始まる前に
生徒たちを体重計に乗せたといいます。

ヴォーカリストたるもの、ステージプレゼンスが大切。
容姿に気を配れないようでは、ヴォーカリストはダメ!
そんな、彼女の高い美意識からきた厳しさでしょうか。

確かに、有名アーティストには、中途半端な体型の人はいません。

すらりとしているか、思いきった大きな体型をしているか。
ステージやメディアに出る機会の多い彼らは、
自ずと自意識が高くなります。

「ハイビジョンになってから、以前よりもずっと細くないとダメになった」
とは、ある有名女性シンガーのおことば。

確かに、昔のテレビでも、充分顔が引き延ばされていたのに、
ハイビジョンになると、さらにさらに横にびよ〜んと伸ばされてしまいます。

「あたし、163センチで、43キロなんですけど、後3キロ落とせって言われました。」
とは、ルックス重視で有名なA社の新人アーティストです。

B社の看板アーティストの女性などは、
ただでさえ信じられないくらい細いのに、
「化粧品のCMに向けて、さらに2キロ減量することにした」と言っていて、
一体全体どこを絞るんだろうと思ったものです。

一方で、太っていることが「売り」の、とあるタレントさんが、
体重が減って、
「お前はデブなのが売りなのに、売れなくなるだろう!」と、社長に叱られた、
と話しているのを聴いたことがあります。

映画『ヘアスプレー』ではないですが、
太っている方が存在感がある、とする現場もたくさんあるのです。

ルックスで重視されるのは、体重だけではありません。

イメージが絶対の世界。
自分の宣伝チームができると、髪型さえも勝手に変えられません。

契約社会のアメリカでは、アーティストとの契約の際、
それはそれは分厚い契約書を交わすそうですが、
その中に、細かく、体重や、髪型などの制限が書かれていて、
それを破ると、違約金をたっぷり取られると言われています。

アメリカの某Rockバンドのメンバーは、
「カメラが回っているうちは、どんなに暑くても、
絶対に帽子もサングラスも取れないんだ」と、嘆いていました。

日本でも、髪型を勝手に変えただけで、事務所に呼び出されて、
こっぴどく叱られた、などというのは、とてもよく聞く話です。

芸能人に限らず、一流の人というのは、人の目に触れることが多いもの。

自分の本業だけでなく、服装にも、体型にも、髪型にも、
きちんと気を配れてこそ、
いつまでもその地位を保つことができるのかもしれません。

体重ひとつとっても、アメリカの俳優のように、
体重増減自由自在とは、なかなかいきませんが、
せめて、自分のベストをキープできるだけのノウハウを持っていたいものですね。

9645756_s

 

 - カラダとノドのお話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「カラダが硬い」を放置しちゃダメです!

カラダの柔らかい人は、ストレッチをすると気持ちがいい。 だから、頻繁にストレッチ …

カラダと仲直りする。

“30 Days of yoga”というYoutubeの …

音楽家なら、カラダの不調を「職業病」で片付けない 

演奏や歌唱はカラダをつかうお仕事ですから、 ミュージシャンはいわば肉体労働者。 …

カラダのコンディションに敏感になる

カラダの機能の不具合を感じること、ありますか? カラダが重い、頭の回転が鈍い、 …

ネックの曲がったギター vs. 姿勢の悪いヴォーカリスト

姿勢やフォームが悪いヴォーカリストは、 ネックの曲がったギターに例えるのがもっと …

『ハードスケジュールなときこそ確認したい声のためにできること』

月末から鹿児島でした。 4泊5日の日程で、 ワークショップ、リハーサル5時間、ボ …

声の変化の分岐点を探す

今日のA面ではダイエットの話を書きました。 自分のカラダの変化の分岐点を見つける …

風邪の治りかけ。「ガラガラ声」の原因は?

今年の風邪はいやらしい、とは聞いていましたが、 いやいや。まじで。 いつまでも、 …

いますぐできる!呼吸力アップのための、ホントの「深呼吸」

「一生の呼吸数は決まっている」 というインドの教えがあります。 「短く速い呼吸を …

声帯様、ごめんなさい。

“鉄のノド”、MISUMIです。 いや、”鉄 …