大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

人生を変えてくれた、最善と最悪に感謝する

      2015/12/20

最近、自分の人生の棚卸し作業というのをしています。

長年生きているというのもありますが、
この人生、びっくりするほどの数の人たちに、
ひとかたならぬお世話になっていています。

そんな、1人1人の方たちにいただいたご縁のおかげで、
今、自分がこうして、ここにいられるということを確認するほどに、
感謝の念でいっぱいになります。

そうした、ひとり、ひとりの顔を思い浮かべると、
その人たちが、してくれたこと、言ってくれたこと、
出会わせてくれた人たち、
しないでくれたこと、止めさせてくれたこと、などなどが、
人生に与えた大きな影響について、思わずにいられないのです。

かつて、ヒット曲を連発した有名ディレクターさんが言っていました。

「何十万枚売れたとか、そういう数字はひとかたまりの大きな数字じゃない。
地方の小さなCDショップで、1枚のCDを手に取って、
レジに並んでくれた、ひとりひとりの子たちが、何十万人いたんだってことを、
絶対、忘れないでおこうと思うんだ。」

自らの人生を年数ではなく、
出会いのひとつひとつの数で計り直してみる。

音楽に、出会うきっかけをくれた人。

続ける自信をくれた人。

「こんちくしょう。今に見てろよ!」と思わせてくれた人。

一緒に歩んでくれた人。

さまざまな選択を迫って、自分の中の優先順位を確認させてくれた人。

未知なること、素晴らしいことを教えてくれた人。

死んだ方がまし、と思わせてくれた人。

自分自身と向き合うきっかけをくれた人。

勇気や希望をくれた人。

挫折感や絶望や悲しみをくれた人。

一緒に夢見てくれた人。

夢を取り上げようとしてくれた人。

人生の節目節目に、たくさんの人たちがいました。
たくさんの人たちのおかげで、人生に節目ができました。

アメリカの黒人女性歌手、グラディス・ナイトが、
かつてレコードジャケットに、

「人生に起こった素晴らしいことと、最悪なことに感謝します」

というコメントを書いていて、
いつか、こんな風に言えるようになりたいと思ったのを今でも覚えています。

苦しいことや、悔しいことが、自分を強くし、押し上げてくれます。

自己嫌悪が、ガッツや欲望を駆り立ててくれます。

自分がしてもらったことを、後進に返していきたい。
自分が経験した、苦悩を、ひとりでも多くの人が、
経験しないですむよう、手助けをしたい。

ひとりひとりにお返しはできないから、
Payforward。
次の世代に、感謝と愛をもって、お返ししていくことが、
使命なのだ、と感じています。

そんな風に、感謝と愛が、次の世代、そのまた次の世代へと伝わるといいな。。。

18563172_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「まだまだ」と心が騒ぐから・・・

今年も残すところ、後4日。 この時期、大掃除や片付けをしながら、 1年を振り返る …

「ブログ」って、すごいんだなぁ。。。というお話。

「MISUMIさん、ブログ、読んでますよ!」   以前から知っている人 …

テクノロジーってどうやねん?

PCを使いこなせないと、人との情報のやり取りが非常に難しい時代になってきました。 …

「無理」って言うな!

「限界」は自分が設定するもの。   これが、かれこれ、半世紀ほど人間を …

「夢に向かって邁進する」は美徳でもなんでもない。

学生時代、本の取り次ぎ店にバイトしていました。 バイトは朝の9時から夕方5時まで …

音楽をどうやって聴くか?

言いたかないけど、レコードの時代に音楽に目覚めた私。 その後、さまざまな音楽メデ …

旅の準備がさくさく進む「持ち物リスト」

「週末から『びぃた(旅)』なんだよね」 「オレなんか、8月は10日間『出っぱなし …

「変」なのか?才能なのか?

先日、とある会社にお勤めの、 才能あふれる、知的な若者とごはんしていた時のこと。 …

パフォーマーなら「好かれたい」自分を恥じない!

人前で歌う、演奏する、演じる、など、 パフォーマンスをする人は、いわゆる人気商売 …

タイムプレッシャーを逆手に取る

「どんなときに名曲が生まれるんですか?」 というインタビューに、 坂本龍一は、「 …