大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

才能ってなんだ?

      2017/11/08

こどもの頃から、カラダをつかって表現したり、
スポーツで才能を発揮したりしている人に、
異様にあこがれがありました。

バレーボールやテニスはもちろん、
バレエ、体操、フィギュアスケート、
なんなら忍者まで、

全身をつかって、華麗にプレイをする、舞い踊る、
そんなことに心の底から憧れて、
いつか、自分もあんな風に、
カラダを動かせるようになってみたいと、

ひとり、風船を使ってバレーボールの壁打ちの練習や、
鏡の前でバレエのまねごとや、
プールの中で体操や忍者のまねごとをしては、
なんちゃって選手、なんちゃってバレリーナを楽しんでいました。

ならば、さぞかし中学高校時代は、
運動部で鳴らしたでしょうと思われるでしょうが、
結局、私、ただの一度も、
運動部というものに所属したことがありません。

 

何年経っても、いくつになっても、
バレーボールはお昼休みに丸くなって打ち合いをする程度、
バレエは自宅でバレエエクササイズをこっそりやる程度、
体操も、フィギュアスケートも、
テレビを見ては、なんちゃってポーズをマネする程度。。。

ずぅ〜っと
「いつかあんな風にカラダを動かせるようになってみたい」
と、憧れたまま、おそらく死んで行くのでしょう。

 

では、何故はじめようともしなかったのか。

実は、自分でも、不思議で仕方がありません。

 

もしかして、自分には、バレエの才能があったかも。
体操の才能や、フィギュアの才能があったかも。。

でも、はじめなかったから、それが目覚めなかったのかも。
実際の私自身の絶望的な運動神経を持ってすれば、
実に、素敵な空想なわけなのですが。
 
やってみなかったのだから、
本当のところはわかりようがありません。

 

そんなことを考えはじめれば、

世の中には、フィギュアスケートをやらせたら、
実は天才的に才能があったのに、
灼熱の国に生まれたとか、
財政的な事情に恵まれなかったとか、
スケートなんて見たことも聞いたこともなかったとか、
そんな理由で、スケートをはじめなかったがために、
その才能を開花させずに終わってしまった人が、
実は無数にいるのではないか。

と、いうところまで、思いは膨らみます。

ギターを弾かせたら、とんでもなく天才的なプレイヤーになれたはずなのに、ギターというものを知らない環境で生まれ育ったがために、その才能を開花させるチャンスがなかったという人だっていたかも知れません。

 

しかしね。

 

起こらなかったことは、
起こったこととおなじくらいすべて正しい。

 

出会わなかった。
はじめなかった。
環境が整わなかった。

それもすべて含めて、自分の人生。

そこにはきっと必然的な理由があって。

 

だからこそ、

出会ったこと、
はじめたこと、
はじめられる環境にいたことを、
心から一所懸命やるしかないのだなぁと。

 

でもって、来世は絶対、
バレエか体操かフィギュアスケートをやろうと、
心に誓うのです。

 

 

◆コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』。購読はこちらから

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

「モラハラ」に負けない思考法

「ブスが話しかけるんじゃね〜よ!」 さまざまなハラスメントの標的になっていた、か …

他の誰かにとっては、 「なんぼのもんじゃい」の人生かもしれない

またひとつ、自分にとっての大きな挑戦が終わり、 静かな気持ちで休日を過ごしていま …

「弾き語り」は自分の存在感をアピールできる、 最高にクールな飛び道具だ!

カナダはトロントの郊外の、とあるエージェント宅に居候していた時のことです。 週末 …

「 自己評価 x 体感努力量 」vs.「他人の評価 x 仕事の成果」

学生時代、こんな人は回りにいませんでしたか?   試験の朝、 「俺、め …

意味ある「1」を積み重ねる

「小さいことを積み重ねるのが、 とんでもないところへ行くただひとつの道だと思って …

人生のワームホールに飛び込む

大好きな作家、ロバート・A・ハインラインの小説の中でも、 とびきりワクワク読んだ …

出会いの数だけ別れがある

音楽はたくさんの出会いをくれます。 音楽はひとりではできないから。 一緒に演奏す …

予定調和をぶっ壊せ!

どんなにイケててカッコいい人にだって、 だっさい時代やダメダメな瞬間は絶対あった …

「は?マスクって、なに?」

数年前にロンドンにひとり旅をしたときのこと。   そもそも旅の準備は周 …

パフォーマーなら「好かれたい」自分を恥じない!

人前で歌う、演奏する、演じる、など、 パフォーマンスをする人は、いわゆる人気商売 …